2015年に公開された仮想通貨のテザー:Tether(USDT)は、仮想通貨でありながら、アメリカドル(USD)などの法定通貨と連動した価値があり、安定性がある通貨として知られています。

テザー:Tether(USDT)の特徴やメリット・デメリット、将来性について詳しく解説します。

テザー(USDT)の特徴とは?

テザー(USDT)の特徴は次の3つです。

    • 法的通貨と同じ価値をもつ
    • プルーフ・オブ・リザーブ(POR)で価値を保つ
    • 中央管理者がいる

ひとつずつ詳しく解説します。

法的通貨と同じ価値をもつ

テザー(USDT)とは、アメリカドル(USD)など法的通貨と連動して価格が固定されている仮想通貨であり、テザーは通貨記号でUSDTと表記されます。

そのため、1USDTは1USD(米ドル)となり、他にも複数の法的通貨と同じ価値になります。

これはペッグ通貨とも呼ばれ、他の通貨に価値を連動させていることをいい、法的通貨によって価値の安定が約束されている通貨とも言えるでしょう。

仮想通貨の取引所では、基軸通貨のひとつとしてテザー(USDT)を扱うこともあります。

半熟女子半熟女子

同じような通貨でzenていうの聞いたことある!どう違うの??


仮想通貨レンジャーRED仮想通貨レンジャーRED

zenはテザー(USDT)の日本円(JPY)版だよ!1JPYZ=1円でテザー(USDT)より後につくられた仮想通貨なんだ!

プルーフ・オブ・リザーブ(POR)で価値を保つ

香港を拠点にしたTether Limitedが発行や管理を行っており、プルーフ・オブ・リザーブ(POR)というシステムによってその価値を保っています。

新規発行の場合、運営母体となるTether Limitedが保有している銀行口座に入金後、それに応じた仮想通貨が発行されます。

またTether Limitedが保有している銀行口座から法的通貨を引き出すことで、その分の仮想通貨はなくなる仕組みとなります。

つまり、プルーフ・オブ・リザーブ(POR)によって発行と入金の法的通貨の額は等しくなるということです。

中央管理者がいる

またこの通貨に関しては、明確な中央管理者としてTether Limitedを置いています

仮想通貨の新規発行や法的通貨の管理などをTether Limitedが行っているため、その部分にリスクを感じる方もいるかもしれません。

しかし、既存のネットワーク上でのやりとりでは、金融機関を経由することでATMの利用時間や手数料などがかかっていましたが、テザー(USDT)のプラットフォームでは、ビットコインブロックチェーン上に記録されるトークンとして発行されるため、取引手数料も少なく済みます

メリットやデメリットは?

テザー(USDT)には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット

  • 価格の安定
    テザーは、ペッグ通貨の仮想通貨版であるので、他の通貨と価値が連動しているため、仮想通貨でありながら法的通貨同様の価値の安定が約束されています。
    どうしても仮想通貨は不安定な部分が目についてしまいますが、USDTなら法的通貨の価値を持ちながら利便性のある通貨となっています。
  • 通貨の管理者が明確
    Tether Limitedという明確な管理者が存在しているため、他の仮想通貨と比較すると珍しいシステムとなります。
  • 取引手数料の安さ
    ビットコインブロックチェーン上に記録されるトークンを発行しているため、早い送金や手数料の安さがあります。

デメリット

  • カウンターパーティリスク
    デメリットの中でも最も恐れられているのが「カウンターパーティリスク」です。
    カウンターパーティリスクとは、管理者であるTether Limitedが経営難や破たんしてしまった場合など、契約した上で決められた支払いができないリスクのことをいいます。そのため損失を出してしまう可能性もあります。
  • 発行枚数の上限がない
    仮想通貨は発行枚数の上限を持っているものが多いのですが、この通貨に関しては価格は固定されているものの、発行上限はありません。
    これによって、1USDTが1USD(米ドル)として発行されているのか疑問視される声もあり、透明性に欠ける部分もあります。

将来性はある?

以下のテザー(USDT)のチャートを見てもわかる通り、には法定通貨と連動した価値があり、常に価格は安定しているという特徴があるため、他の仮想通貨と比べると投資などの対象にはなりにくい傾向はあります。

テザー(USDT)の価格・チャート

また、今後は様々な発展によって今よりも期待できる仮想通貨になる可能性を秘めていますが、運営の透明性という点でテザー(USDT)は大きな問題を抱えています。

それが「テザー疑惑」です。

信頼性を揺るがした「テザー疑惑」

2017年から2018年にかけて運営元であるTether Limitedの問題・疑惑が大きく話題になりました。

テザー疑惑の経緯まとめ

2017年4月:台湾の銀行との関係解消・テザーの発行量が急増
同年9月:第三者による監査が行われず、代わりに社内文書を公開
同年11月:ハッカーによって約35億円分のテザーが盗まれる
2018年1月:9月から1月までの5か月間でテザーの発行量が10倍に増加・監査法人との関係解消
同年6月:Bloombergはアメリカの取引所クラーケンにおけるテザー(USDT)について価格操作の疑いあるという記事を公開

これらの状況から、テザー(USDT)の価格操作の疑惑が挙がっています。
テザーの将来性については「テザー疑惑」の動向に引き続き注意しておくことをおすすめします。

購入できる国内取引所は?

2018年7月現在、テザー(USDT)を購入できる国内取引所はありません。

購入できる海外取引所は?

テザー(USDT)の取り扱いがある海外取引所は以下です。

海外の取引所では日本円を使っての購入ができないので、国内の取引所からビットコインを購入して、海外の取引所に送金する必要があります。
また、現在日本居住者向けサービスを停止している取引所もありますのでご注意ください。

↓日本居住者向けサービス停止中の海外取引所についての記事はこちら↓

テザー(USDT)のまとめ

知名度はまだまだですが、価格の安定性など魅力的な部分も多くある仮想通貨です。
この先、仮想通貨の浸透によっては今以上に利便性が高くなる通貨に変わっていく可能性もあります。
仮想通貨市場の基軸通貨であるテザー(USDT)入手を検討されてはいかがでしょうか?