SBIバーチャルカレンシーズ取引所
証券会社やネット銀行などで知られる大手企業、SBIホールディングスが2016年11月1日に立ち上げた仮想通貨取引所がSBIバーチャルカレンシーズです。まだ一般の口座開設サービスが開始していないため(2018年2月15日時点)、これといった評判もなく、詳しい特徴を知らない人も多いでしょう。そこで、気になる手数料取扱い通貨などの特徴について解説していきます。

SBIバーチャルカレンシーズの特徴とは?

「ストレスフリーな仮想取引」をスローガンに掲げており、アジア地域で仮想通貨事業を展開しているHuobiグループとも資本・業務提携を行っています。

サービス開始時期については公式ホームページで2018年1月30日に最終確認をしているとリリースされ、同年2018年2月中に一般のユーザーに向けて口座開設の申込の開始時期などについてお知らせすると発表しました。詳しい特徴について解説していきましょう。

入金が無料

仮想通貨取引所では、ほぼ住信SBIネット銀行が入金口座となっているので、ユーザーは同銀行を利用することで振込手数料が無料になることが発表されています。普段使いにも便利な銀行なのであらかじめ開設しておくと良いでしょう。

取り扱い通貨は3種類

売買可能な取り扱い通貨は、信頼性が高く将来性もある通貨を選び、「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」「リップル」の3種類が予定されています。少ないと感じる人もいるでしょうが、今後さらに増えることが予想されます。

メリットやデメリットはある?

仮想通貨での取引を行う場合には、メリットだけではなくデメリットを知っておくことが大切となるので、それぞれ解説していきましょう。

メリット

安心度が高い

証券や銀行、住宅ローンや保険など、大手企業が設立したこともあり、やはり安心度が高いことが最大のメリットです。資金力もあり、サービスやセキュリティ面、サポート力についても充実していることが予想できるので安心して取引を行えます。

ネット銀行のサービスも受けられる

手数料無料の特典を受けるためにはネット銀行の開設が必須です。開設が面倒と感じる人もいるでしょうが、手続きには時間もかからないので手間がありません。また、全国に提携しているATMが複数あるので安心です。

ほかの銀行へ振込みする際には手数料が月に最大で15回まで無料となっている点も魅力となっています。

デメリット

取扱い通貨が少ない

上記に記載したように、取扱い通貨は3種類発表されています。ザイフやビットフライヤーなどではイーサリアムやネムなど、様々なアルトコインの取引もできるため、物足りなさを感じる人も少なくないでしょう。

ですが、まだ取引がスタートしていないので今後増えることも予想されるので、動向に注目していきましょう。

Sコインを発行することを発表

まだ取引は始まっていませんが、SBIバーチャルカレンシーズでは独自の仮想通貨「Sコイン」を発行することを発表しました。

企業間の決済や小売店舗と消費者の決済手段として使用することを目指しており、まずは社員向けに配布をして試験した後、全世界での配布を予定しています。

取引所で購入することができ、価格も変動することが考えられますが、仮想通貨なので24時間取引、利用することが可能です。決済コストを減らすことも期待できるので、ストレスなく資金を運用できることが考えられるでしょう。

将来性はあるの?

資金を運用するので将来性が重要です。まだ取引がスタートしていないので特徴についても公開されていないことが多く、口座開設に関しても延期されているので不安な面もあります。

ですが、延期をした理由は「口座開設申込受入体制強化」のためと発表しています。強固なセキュリティシステムの構築を進めているとも伝えられているので、安心して利用することができるでしょう。

また、同グループは金融ビジネスをこれまで進めてきた実績があるので、様々な取引所で起こっていたサーバーのシャットダウンや突然起こるルール変更などの課題を解決できる能力を持っていることが考えられます。

登録方法について

サービスは始まっていませんが、事前に予約登録を行った人は口座開設の手続きの案内がメールで届いています。メールに記載されているURLから口座開設を行いましょう。

一般口座開設は、まだ日時が発表されていませんが本人確認書類の提出を求められる可能性があるので、あらかじめ用意しておくと便利です。

使用できる確認書類は、以下です。

  • 免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証

また、優先口座開設の際に申し込みには所定の審査があることがホームページにも記載されているので、審査の結果によっては登録できない可能性もあるので注意しましょう。

SBIバーチャルカレンシーズは大手企業が設立したとあり、安心して取引することが予想できると評判です。取引開始が延期しているので、不安な点もありますが充実したサービスを受けるためにも今後の動向に注目していきましょう。