インターネットを通じて支払いや送金が行え、資産運用にも活用できることから仮想通貨の普及が進んでいますが、注目されている仮想通貨の一つがリップルXRP)です。仮想通貨は資産運用での活用に期待されていますが、どんな特徴を持つ仮想通貨なのかご紹介しましょう。

リップルコインとは

XRP
リップルは仮想通貨の括りになっていますが、それ自体が通貨というわけではなく、アメリカの企業で開発された金融商品の決済・送金システムを指します。

では、どんな仕組みの仮想通貨なのか見ていきましょう。

システムの仕組み

アメリカ企業の「Ripple Inc」で開発され、金融機関で使われる従来の送金システムよりも効率低コストを実現しています。

世界最大手のIT企業であるグーグルが出資したことでも有名であり、将来性があると期待されているのです。

どのような送金システムなのか簡単に説明すると、コインを利用して、様々な通貨との取引をスムーズに行います。

例えば、日本からアメリカへ送金する場合、日本円を米ドルに両替してから送金する必要があり、この作業は金融機関の内部で処理されます。

米ドルのような有名な通貨なら両替に長い時間はかかりませんが、マイナーな通貨の場合は両替に時間がかかりやすい欠点があるのです。

そこで世界中の通貨として利用できる通貨に両替すれば、手間をかけることなくスムーズに送金できます。

ビットコインのようなブロックチェーンを使用せず独自のシステムで承認作業が行われるので、1回の取引はわずか数秒で行える点は強みと言えるでしょう。

海外送金に特化

上記で紹介した通貨は、正式名称を「XRP」と呼びます。

送金システムについて説明しましたが、送金をスムーズにさせるための仲介通貨として開発されたため、海外送金に特化しています。

送金の仲介がメインですが、購入によって保有することができ、取引所ではIOU取引でやり取りされています。

IOU取引とはXRPを管理する取引所が顧客に借用証書を発行する意味の取引で、取引先の信用がコインの価値につながる取引です。

保有している通貨を信頼できる取引所で運用すれば資産運用の効果は高いですが、信用がなくなれば価値が下がるので長期的な保有にはリスクを伴う可能性があります。

リップル社のプロダクト

リップル社
リップル社は価値のあるインターネットを実現するというビジョンのもと設立されました。XRPはリップルというシステムで使用されるブリッジ通貨で通貨以外にも様々な取り組みをしています。

現在公表しているのが「ripplenet」「xCurrent」「xVia」「xRapid」です。リップル社は他国間決済の問題である速さと確実さ、流動性の管理、接続の標準化を上記のような取り組みで解決しようとしています。

大手クレジットカード会社アメリカン・エキスプレスがリップルを使用した支払システムを実装したりスペイン最大のサンタンデール銀行グループがリップル技術を採用するなど世界中でその需要が拡大しています。

  • xCurrent:新旧送金ルートを統合し送金ネットワークRippleNetを形成
  • xVia:請求書などの送金情報を送信することが可能になる
  • xRapid:オンデマンドな流動性を提供する送金業者向けの製品

1.0.0を発表

2018年5月31日にリップルの公式サイトよりバージョン1.0.0の発表がありました。

バージョン表記を簡単に説明すると3桁目(メンテナンス)はバグなどの不具合修正のたびに更新される箇所で2桁目(マイナー)は試作版、追加機能などがある場合、1桁目(メジャー)は見た目や操作性が変わるなど一新される場合になります。

つまり1.0.0を発表するということは製品として本格的に稼働するということになります。

リップルを購入する方法

XRPを取り扱う仮想通貨取引所で購入することができますが、どのように購入するのか知らない方に購入方法をご紹介します。

取引所の口座を開設

購入には取引所の口座が必要となるので、取引所を選んだら口座開設から始めます。

仮想通貨の場合はインターネット上でやり取りを行うため、インターネットから口座開設ができるので、短時間で口座の開設が可能です。

開設方法は取引先によって異なりますが、メールとパスワードを登録し、送信されたメールに記載されたURLへアクセス後、必要事項を入力と同意書などの確認をしながら開設手続きを行います。

リップルの購入には本人確認が必要であり、開設では写真や身分証明が必要なので、事前に何が必要か各取引所で確認しておきましょう。

日本円かビットコインを入金

無事に口座が開設できたらパソコンやアプリから購入できる状態になります。購入にはお金が必要なので、購入前に日本円を口座に入金しておきましょう。

ビットコインで購入できる取引所もあるので、ビットコインを保有していてリップルにあてたい方は活用してみてください。

リップルを選んで購入

購入資金の入金が反映されれば購入できるようになるので、コイン購入から選択し、数量交換通貨を指定して購入ボタンを押して完了です。

リップルは今後価格が上昇するのか

2018年6月に1XRPが60円前後ですが、これが6000円近くまで上昇するのではないかという噂がされています。
これは現在多くの金融機関が利用している送金システムの1日あたり送金額が600兆円近くで、これがリップルに切り替わったときにその価格になるだろうという話です。
XRPの総発行枚数は上限が決まっており増えることはありません。
半数以上をリップル社が保有しており2017年12月に550億XRPをロックアップするとは発表しています。

あきみやあきみや

ロックアップ?


えなこ

凍結、つまり売らないってことね


2018年6月で約390億枚のXRPが流通しており、毎月10億枚のXRPのロックアップを解除して市場価格が安定化するようにしています。
リップル社がコントロールしているので爆発的な上昇は見込めませんが世界中の金融機関が評価、導入していることからも長期の銘柄としては価値があるでしょう。

リップルを扱う取引所の選び方

リップルを扱う取引所は複数あり、取引所によって特徴が異なるので自分に適した取引所を選ぶことが大切です。

それでは、取引所を選ぶポイントをご紹介していきましょう。

手数料

仮想通貨の取引では手数料がかかり、XRPにも売買手数料が存在します。売買手数料は一律ではなく、各取引所によって異なるので比較して選びましょう。

手数料は取引額に比べれば少額ですが、年間を通せば大きな金額となるので、頻繁に取引を行うのであれば負担になる可能性があります。

手数料の安さばかりが選びポイントではありませんが、損を抑えたいのであれば手数料の安さにも注目しましょう。

安全性

仮想通貨も資産なので、安全性に信頼できる取引所を選ぶことが重要です。

ネットワーク上でやり取りと管理を行うため、取引所がハッキングされたり、システムのトラブルで出金・消失してしまうリスクは十分にあります。

どのようなセキュリティ対策なのか安全性は必ず確認してください。

取引量

取引量が盛んになるほど価値が上がりますが、取引量が少ないとわずかな注文でも損失につながる恐れがあります。

どんなに手数料が安くても、取引量が少ないと利益を得られないので取引量にも注意しましょう。

使いやすさ

取引所はパソコンやスマホから利用できますが、XRPの取引や購入の際、ツールが使いやすいかどうかもポイントです。

スマホの普及により各取引所ではアプリをリリースしており、活用方法は幾多もあるので、自分が使いやすいツールが提供されるかどうかも選びポイントと言えます。

アプリだけではなく、他の仮想通貨の取引や購入ができると利便性が高く使いやすいです。

上記で紹介してきたように海外送金に優れた仮想通貨ですが、高速性と安定性が魅力なのでうまく取引できれば資産運用の活用に将来性があると期待できます。

日本国内の仮想通貨取引所でも取り扱いが増えているので、自分に合った取引所を選んで購入してみましょう。

トークン名 XRP
上場時期 2013年8月4日
上場価格 0.646円
発行上限 1000億
承認方法 PoC

リップル(XRP)を購入できる取引所・販売所

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

リップル(XRP)をウォレットで保管するなら

資産の管理は基本的に自己責任です。
盗られてしまってからではどうしようもありません。
それぞれメリットデメリットを理解して選びましょう。

ウェブウォレット

Gatehub

gatehub

ハードウォレット

LedgerNanoS(レジャーナノS)

LedgerNanoS