ライデンネットワーク(Raiden Network、RDN)とはどのようなプロジェクトなのでしょうか?

このプロジェクトの概要とシステムの仕組みについてわかりやすく解説します。

ライデンネットワーク(RDN)とは

ライデンネットワーク(Raiden Network)は、イーサリアムに付随しているプロジェクトの一つです。

イーサリアムで取引をする際の手数料や時間を少なくして、より高速に取引ができるようにと現在開発段階の仮想通貨とも言えます。

以下がその基本情報です。

通貨正式名称 ライデンネットワークトークン
通貨単位 RDN
発行上限 1億RDN
公開日 2017年11月8日

高速で取引ができ、手数料も少額で、そして取引が多数行われても詰まりにくく、複数人との取引を同時に行うことができるので、決済などに向いているシステムです。

ビットコインのライトニングネットワークから着想を得た

これによく似たシステムとして、ビットコインが導入を目指しているライトニングネットワークというシステムがあり、ライデンネットワークはビットコインのライトニングネットワークから着想を得ているとも言われています。

ただ、ビットコインは非中央集権型であり、仮に先にライトニングネットワークが完成しても、それを実装するには参加ノードたちの承認が必要なので、実装へは政治面での壁もあるのです。

実装はいつ?

イーサリアムに付随するライトニングネットワークは、中央集権型であることから、中央の開発者が許可を出せば残りは技術面での壁のみなので、実装は早いでしょう。

早ければ2018年内に完全実装とも噂されています。

ライデンネットワーク(RDN)取引の仕組み

オフチェーンチャネルで取引高速化

ライデンネットワークが高速の取引を行える理由としては、オフチェーンチャネルという仕組みが大きく関係しています。

オフチェーンチャネルとは、ブロックチェーンに取引の計算を都度記載するのではなく、ブロックチェーンの外側で取引内容を別口で計算した後、最終的な結果のみをブロックチェーンに乗せる技術です。

ブロックチェーン上での取引を、大きな市場の様々な店で売り買いされる、すべての取引を記録している台帳に例えるとしたら、オフチェーンチャネルは店ごとに小さな台帳を作り、店ごとに取引を記載して、商品の売り買いが終わった記録のみを市場全体の台帳に記録するようなやり方に近い感覚になります。

半熟女子半熟女子

どうしてすべての取引を記録しておく方法じゃダメなの??


godgod

どうしてそのようなことが必要なのかと言うと、ブロックチェーンを記録する速度などに関係があるのじゃよ。

台帳に記録を書くスピードにはある程度限界があるんじゃ。それゆえ、ブロックチェーンへ記録する取引が増えると記録が滞る場合があるんじゃ。

半熟女子半熟女子

うーん。もっとわかりやすくヨロシク

仮想通貨レンジャーRED仮想通貨レンジャーRED

例えば、一人の客が、一つのお店でいくつもの商品を購入してもらった記録を、商品ごとにいちいち全体台帳に記録していたら時間がかかってしまうよね。そうすると記録が滞って高速の取引が行えない。

そこで、店ごとの台帳をつくり、一人の客がした買い物の最終的な支払金額のみブロックチェーンの全体台帳に記録すれば、サクサクと素早く取引を済ませることができるんだ。これがオフチェーンチャネルだ。

半熟女子半熟女子

はは~ん!

オフチェーンチャネルは利用する人がチャネルを作り、その内部で取引をし、それが終わり次第チャネルを閉じて終了します。

手数料も安くなる

ブロックチェーン上では取引を行うたびに手数料がとられていましたが、オフチェーンチャネル内は最初のチャネル開設と最後のチャネルを閉じる段階のみ手数料がいるだけなので、チャネル内で何度取引をしても取引自体には手数料が発生せず、何度でも取引をすることができるのです。

少額の決済や、何度も決済をする際などに良く、他にもチャネル同士を複数リンクさせて複数人での取引をすることができるのもポイントになります。

ライデンネットワーク(RDN)のチャート・価格推移

ライデンネットワーク(RDN)の価格推移を見てみると、2017年11月以前に一気に高騰、2018年1月9日に1RDN=$8.65の最高値を更新し、その後は価格が下がり続けています。

ライデンネットワーク(RDN)の将来性

ライデンネットワークは、オープンソースで開発されているため誰でも開発に参加でき、それにより全世界からプログラマーが開発に参加し、日々改良を重ねています。

早ければ2018年内に完成するかもしれないものであり、もし完成すればイーサリアムと共にライデンネットワーク(RDN)の価値はぐんとアップする可能性があるのです。

イーサリアムやオミセゴーの動向にも要注意

しかし、実はイーサリアムでは同じような高速処理技術のプラズマというプログラムの開発も進んでいます。

このプラズマもライデンネットワークと同じような機能であるにもかかわらず、同時進行で開発が進んでおり、さらにイーサリアム系の人気銘柄仮想通貨であるオミセゴーではプラズマの実装が予定されているのです。

もし仮にプラズマの方が先に実装され、オミセゴーなどで普及が進めば、その後ライデンネットワーク(RDN)が完成しても存在意義が薄れてしまい、価値は下がってしまうでしょう。

↓イーサリアムの解説記事はこちら↓

↓オミセゴーの解説記事はこちら↓

購入できる取引所は?

日本にはまだ参入していないので、海外の取引所で購入することになります。

購入できる取引所は、主にBINANCEです。

まず日本の取引所で日本円をイーサリアムなどに交換し、登録した海外取引所に送金、そこからライデンネットワーク(RDN)を購入しましょう。

今後の開発が順調に進み、他のシステムよりも先に完成すれば非常に価値の上がる仮想通貨として予想がされています。

今後の発展に期待しておきましょう。

↓BINANCEの解説記事はこちら↓