ライブロックス
ビットコインは仮想通貨のなかでも様々な場所で使うことができ、有名かつ便利ですが、支払い手数料がかかるため少額での送金には不向きでした。そしてブロックチェーンの仕様上、どうしても送金に時間がかかってしまう欠点もあります。2017年末には取引手数料が高騰したり、送金詰まりが起こったりと、様々な問題が発生したのも記憶に新しいことと思います。それを解決できるかもしれないコインが、このライブロックスXRB)です。現在ではブランド刷新してナノ(Nano)に改名しています。

ライブロックス(XRB/NANO)とは

ライブロックスの特徴を簡単に書き出すと、手数料がかからないこと、そして取引が非常に高速で行えるということが挙げられます。その特徴を一つずつ見ていきましょう。

手数料がかからない

まず、ライブロックス(XRB/NANO)は手数料がかかりません。それを可能としたのがDAG(ダグ)という新技術です。手数料がかからないという特徴から、少額での送金に向いていると言えます。

たとえばビットコインで同じ額を支払おうとしたときに手数料の方が高くて困ったり、まとまった金額になってから支払おうと考えるケースもあるかと思います。

2017年末にはビットコインの送金が滞ったことから、手数料が高騰し、余計にお金がかかったという状態になってしまいました。

ライブロックス(XRB/NANO)ではそもそも手数料がかからないので、10円などの安い金額でも気兼ねなく送金することができます。

高速での取引が可能

ビットコインでは、1ブロック形成に10分程度の時間がかかり、その分送金にも時間がかかります。

そして、ブロック形成の際にはデータ量の最大も決まっており、そこからはみ出した分は次のブロック形成に持ち越されるのです。

ここがブロックチェーンの不得意な部分で、取引数があまりに増えてしまうと送金詰まりを起こし、さらに送金に時間がかかってしまうケースが出てしまいます。

しかし、ライブロックス(XRB/NANO)ではブロックチェーンのようなブロック生成が不要なため、高速での取引が可能です。
ブロック生成をせずに取引を可能とした理由も、DAGという新技術を採用したためなのです。

ライブロックス(XRB/NANO)はDAGという技術のおかげで手数料なしかつ高速の取引が行えるようになっています。

DAG(ダグ)とはどんな技術?

では、DAGという技術はどのようなものなのでしょう?

DAG(ダグ)とは、日本語に翻訳すると有向非巡回グラフであり、取引一つひとつが網目のようにたくさん連なっていくような形で取引を承認していく方法です。

DAG技術を採用している仮想通貨では、例えば自分自身の取引を行いたいと思った場合、自分より先に取引を行おうとしている人2人分の取引を承認しなければなりません。

そして自分より後から取引をしようとする人から取引の承認を行ってもらい、それによって取引が完了していく仕組みです。

この「取引を行うためには前の取引2つ以上を承認し、後から来る取引を行う人から承認を得る」という仕組みにより、高速かつ取引量が増えたとしても問題なく動くような柔軟性を得ることができています。

また、取引をしたい人同士で承認していく仕組みのため、ライブロックス(XRB/NANO)は手数料がかからない仮想通貨になったのです。

このDAG技術は、この他にもIOTA(アイオータ)やByteball(バイトボール)などで採用されています。

ライブロックス(XRB/NANO)の買い方は?どこで買えるのか?

ライブロックス(XRB/NANO)を購入するのであれば、世界最大級の取引所で信頼性も高いBinanceか、将来性のある通貨を多く取引しながらも日本語対応をしているKucoinがおすすめです。

ただしBinanceから購入する場合は、まずBinanceの新規登録ができるかどうかを確認しましょう。

Binanceは利用者が爆発的に増えたことによる対応のため一時的に新規登録を停止したことがあり、場合によっては新規登録ができない場合があるかもしれません。

既にアカウントを持っているか、新規登録ができる状況であれば、Binanceが一番信頼性があるのでおすすめします。Binanceが利用不可能な場合は、Kucoinへの登録を行いましょう。

登録が済んだら口座を開設し、口座に使われているアドレスなどをしっかりとメモしたりコピーしておくようにしてください。

無事口座開設ができたなら、一旦ビットフライヤーなどの国内取引所から日本円でビットコインを購入し、そこからBinanceやKucoinなどで開設した口座へ送ります。

ライブロックス(XRB/NANO)は直接日本円で購入することができないので、日本円を一度別のコインに変える必要があります。

初めての人は難しそうだと感じたり、面倒に思うかもしれませんが、ライブロックス(XRB)を購入するのであればこの手順をきちんと辿り、間違えないように気をつけましょう。

現在Binanceに上場し、NANO(ナノ)という名前でリブランディングを行っているライブロックス(XRB)ですが、Binance上場のニュースからこれから高騰すると言われています。


リアルタイムチャート




今後の発展が期待できる銘柄でもあるため、ビットコイン以外の銘柄購入を検討されている方は、その一つとしてライブロックス(XRB/NANO)を候補に挙げてみてはいかがでしょうか?

トークン名 XRB
上場時期 2017年3月7日
上場価格 0.954円
発行上限 3億4000万
承認方法 dPoS