BTCとETHのハイブリッド仮想通貨としてICOで注目を浴びていた「クオンタム(Qtum)」とは?

高い技術をもつ将来有望な草コインであるクオンタム(Qtum)の特徴や将来性、取り扱いのある取引所など徹底的に解説します。

クオンタム(Qtum)の特徴

クオンタム(Qtum)は、2016年12月にシンガポールのプロジェクトによって発行されています。

ブロックチェーンのセキュリティを維持しつつ、イーサリアムの送金の早さももつ草コインなのです。

データ自体も軽く互換性があり、ビットコインのライトウォレットも利用することができます。

以下でさらに詳しく解説します。

上場前から注目度大

そんな高い性能で将来性のある銘柄だと言われており、上場する前から話題になっていました。

通貨単位はQTUMで、1億QAUまでの上限となっています。

時価総額もアルトコインの中では上位にランクインしています。

BTCとETHのハイブリッド通貨

また、仮想通貨は銘柄ごとに様々な特徴を持っていますが、クオンタム(Qtum)は安定性のあるオープンソースのブロックチェーンであるビットコインや、イーサリアムのスマートコントラクトなどの特徴の良いところを両方持っているという特徴があります。

シンガポールのプロジェクトは、ビットコインのブロックチェーンシステムとイーサリアムのスマートコントラクトを動かす仕組みの開発に成功し、スマートコントラクトでありながら速度も安定しており安全なコインを生みだすことができたのです。

結果的に、ビットコインのように安定性を維持しながら、スマートコントラクトにおけるより安全な取引を実現しています。

BTCとETH双方のウォレットを利用できる

また、イーサリアムのスマートコントラクトを利用しているため、イーサリアムのプラットフォームとも互換性がありつつ、ビットコインのゲートウェイとも互換性があります。

それぞれの良いところを採用したことで、双方のウォレットで利用することができるのです。

クオンタム(Qtum)のメリットは?

クオンタム(Qtum)の特徴から、実際に利用した場合のメリットをご紹介します。

データ量も軽く、さらに送金ミスのリスクも低い

クオンタム(Qtum)は、UTXOモデルを利用しているのがまず特徴の1つです。

これは、取引の際とウォレットで残高を示すときに利用されるシステムであり、取引時の価格やコインの量をまとめて1つの小切手のように扱うことができ、二重送金リスクを軽減し、データを軽くするのです。

小切手へとまとめてしまうと、金額や価格を変更できませんが、途中で一部が行方不明となったり盗まれていまう心配がなくセキュリティの高い送金方法と言えます。

クオンタム(Qtum)はデータ量も軽く、さらに送金ミスのリスクを大幅に下げたアルトコインと言えるでしょう。

自由な条件を添えて取引することができる

また、クオンタム(Qtum)はアカウント抽象化レイヤーを導入しており、ブロックチェーンシステムと取引システムをそれぞれ階層で分けることで仲立ちを行っています。

イーサリアムのスマートコントラクトを利用していることからも、より自由な条件を添えて取引することができるのも特徴です。

マイナーの独占化も起こりにくい

クオンタム(Qtum)のマイニングのシステムには「PoS」を採用しています。

その結果、ウォレットにあるコインの保有量で決まる報酬を受け取ることができ、マイナーの独占化も起こりにくいのもメリットとなっています。

不正を行うよりも、きちんと承認作業をすることで得られる報酬システムなので、アルトコインに多く導入されるようになっているのも特徴です。

クオンタム(Qtum)にはデメリットもある

しかし、クオンタム(Qtum)には問題もあります。

このスマートコントラクトを利用することで、UTXOモデルのメリットが十分でなくなってしまうという問題です。

だからこそ、アカウント抽象化レイヤーを導入し、BTCとETH双方のメリットを十分に取り入れることができるようにしているのです。

しかし、BTCとETH双方のメリットを取り入れているということは価格推移も影響を受けやすいということです。

クオンタム(Qtum)を購入する場合にはその点も考慮しておく必要があります。

クオンタム(Qtum)の将来性・チャート推移

2017年末の仮想通貨バブルの際、クオンタム(Qtum)の価格は急騰しました。12月10日に1,200円代だった価格は上昇し続け、直近最高値で11,000円に達しました。その時点で仮想通貨の時価総額ランキングでも12位となっています。

その後は他の草コイン同様に価格は下落傾向ですが、将来的にまた大きな価格上昇が起こる可能性はあります。例えば、2018年5月24に韓国の有名取引所であるコインワンに上場した際にも価格上昇が見られます。

また、クオンタム(Qtum)は中国系の仮想通貨なので、中国の動向に影響を受けやすい面がありますが、逆から見れば、もし今後中国政府が乗り出して来た時に強烈に推される可能性もある仮想通貨です。

そうなれば爆上げは確定でしょう。これまで前述してきた通り、クオンタム(Qtum)の技術力は非常に高いです。注目しておいて損はありません。

<2017年クオンタム(Qtum)のイベントまとめ>
2016年03月 プロジェクト開始
2017年10月 プロトタイプ完成
2017年11月 Qtum財団設立
2017年03月 QtumのICO開始
2017年06月 テストネット完成
2017年10月 メインネットローンチ
コインネストQtum保有時、Energo支給
Coinone メインネット・スワップ・エアドロップ
コインネスト Qtum開発者 Dappミートアップ
ロッティングコリア Qtum開発者ミートアップ

取り扱いのある取引所は海外のみ

クオンタム(Qtum)は今後が期待される銘柄ではあるものの、日本国内ではまだ取り扱っている取引所がありません。

そのため、購入するためには海外の取引所を利用する必要があるでしょう。

では、海外の取引所でオススメをご紹介します。

バイナンス(Binance)取引所

バイナンスはアジアを拠点にしており、多くの銘柄のコインの取り扱いがある安全な取引所です。
現在はアフリカにも進出しており、世界最大の取引所と言えるでしょう。

↓バイナンス(BINANCE)についての詳しい記事はこちら↓

ビットレックス(BITTREX)取引所

ビットレックスはアメリカの取引所です。
マニアックな銘柄まで取り扱っているのが特徴です。

↓ビットレックス(BITTREX)についての詳しい記事はこちら↓

海外の取引所は、日本円を使って購入することができませんので、ビットコイン建てまたは基軸通貨で購入することになるでしょう。

クオンタム(Qtum)をビットコイン建てで購入するには、国内の取引所でビットコインを購入し、海外の取引所のに開設した口座へと送金することで購入可能となります。

クオンタム(Qtum)のまとめ

クオンタム(Qtum)は現時点では国内取引所での取り扱いはありませんが、だからこそ将来性についても期待ができる銘柄であると言えるでしょう。