海外の仮想通貨取引所では日本国内では取り扱っていない銘柄が豊富なので、国内での売買に物足りなさを感じるユーザーに人気があります。

たくさんの海外取引所がありますが、その中でも人気なのがPOLONIEX(ポロニエックス)です。

取り扱い通貨の種類が豊富で手数料の安さから取引量は世界トップクラスを誇るとされていますが、どのような取引所なのでしょうか?

今回は、取引所の特徴や登録方法についてご紹介します。

POLONIEX(ポロニエックス)の特徴・メリット

POLONIEX(ポロニエックス)は2014年1月に設立されたアメリカを拠点にする海外取引所です。

国内の取引所より豊富な種類の仮想通貨取引が可能であり、手数料も安いと評判なので多くのユーザーが利用しています。

取引がアクティブということは、大きな利益を得られるチャンスにも恵まれています。

サービスも充実しているので、まずは取引所の特徴からご紹介しましょう。

取り扱い通貨は約70種類

取り扱っている通貨はビットコインやリップル、イーサリアム、モネロなど約70種類になります。

これよりも種類が多い海外の取引所もありますが、国内に比べるとかなり多い数です。

他の海外取引所と比べてやや少ない理由は、POLONIEX(ポロニエックス)では安全なコインの取引を重視しているので、安全性やニーズが認められたコインだけが取り扱われています。

コインの安全性や信頼性を重視したい人には、安心して利用できる取引所と言えるでしょう。

取引手数料が安い

気になる取引手数料ですが、30日間の取引量に応じて異なりますが、メーカー手数料は0.00%~0.15%、テイカー手数料は0.05%~0.25%となっています。

取引量が多いほど安くなるため、月の取引が多い人にとっては大きなメリットです。

レバレッジをかけてマージン取引

最大25倍までレバレッジをかけてマージン取引をすることが可能です。

上級者向けの取引になりますが、成功すれば大きな利益を獲得できるでしょう。

レンディングで利子が貰える

マージン取引を行うユーザーに通貨を貸し、その間は利子が貰えるシステムがレンディングです。

全ての通貨に対応しており、他のユーザーへ最大2日間融資することができます。

仮想通貨同士での取引が可能

海外の取引所なので日本円には対応しておらず、基本的に仮想通貨での取引となります。

法定通貨は米ドルに対応していますが、約10種類しか取引できないので注意しましょう。

日本語対応は?

2018年6月時点ではまだ日本語対応はしていません。

今の時点では日本語化の予定は特に発表されていませんが、これから日本の仮想通貨市場がより盛り上がれば、POLONIEX(ポロニエックス)が日本語化ページを用意して、本格的に日本人向け仮想通貨市場に参戦することも予想できます。

セキュリティは安全?

仮想通貨は現物が存在しないため、各取引所のセキュリティは重視されるポイントです。

POLONIEX(ポロニエックス)は世界最大規模を誇るためハッカーに狙われやすく、実際にハッキング被害を受けています。

そうなると安全性に疑問を持たれるかと思いますが、現在はセキュリティが強化されているので心配はありません。

預かった通貨はインターネットを遮断したコールドウォレットで管理しているので、ハッキング被害にあうリスクが少ないです。

他にも二段階認証に加え、マルチシグネチャを採用しています。

マルチスグネチャとは、取引の承認時に複数のキーによる承認が求められるセキュリティシステムで、不正な取引や送金が行われないようになっているのです。

万全なセキュリティなので安心して利用できますが、仮想通貨取引所のハッキングは世界で相次いでいるため、再び狙われる危険性があることは理解しておきましょう。

POLONIEX(ポロニエックス)の登録方法

ポロニエックス
POLONIEX(ポロニエックス)の口座は本人証明のないUnverified Account、本人証明ありのVerified Accountがあります。

Unverified Accountの場合、入金や送金は可能ですが出金が不可能なので注意しましょう。

ここでは本人証明ありのUnverified Accountの登録方法をご紹介します。

  1. 公式ホームページで仮アカウントを作成
    公式サイトにアクセスしたら「Create Your Account」と表示されたボタンをクリックしましょう。
    ページを移動したらお住まいの国、メールアドレス、パスワード、確認パスワードを入力し、チェックボックスにチェックを入れて「Register」をクリックしてください。
  2. メールを確認してログイン
    登録したメールアドレスに確認メールが届いたらURLをクリックすると、仮アカウントの登録完了です。
    アドレスと設定したパスワードを入力してログインし、Verifiedのグレードアップに移ります。
  3. プロフィールの作成
    右側のアイコンにカーソルを合わせると「MY PROFILE」が表示されるのでクリックしましょう。
    ページに移動したら、名前、名字、番地、市町村区、郵便番号、携帯番号の順に英語で入力してください。
    チェックを入れて「Begin Verification」をクリックすると、「Start ID verification」と書かれたボタンがあるページに飛びます。
  4. パスポートで身分証明
    「Start ID verification」というボタンをクリックすると、パスポートの画像があるページに移動します。
    WEBカメラを使える状態にしてからパスポートの画像をクリックし、パスポートの顔写真が載っているページをWEBカメラで撮影しましょう。
    写真は「Take image」というボタンで撮影でき、文字がしっかり読み取れる写真が取れたら「Continue」をクリックします。
    さらに同じ手順で自分の顔を正面から撮影し、「Confirm」を押して確認審査を待ちましょう。
    メールでの通知はないため、1日~3日以降にMy profileから「$25,000 USD」と書かれているか確認できれば承認完了です。

POLONIEX(ポロニエックス)は以前は運転免許証での登録も受付していましたが、2018年6月現在は日本人の認証はパスポートでの身分証明のみとなりましたのでご注意ください。

アカウントの個人認証には、手続きに時間と手間が少しかかるりますが、POLONIEX(ポロニエックス)は2017年末に個人認証をしていないアカウントを停止すると発表し、実行したこともあります。

ですので、極力アカウントの承認をした状態で取引を始めた方がその点は安心でしょう。

公式サポートではアカウントの個人認証に数日かかると記載がありますが、管理人が解説した時は1日もかからず審査完了しました。

まとめ

日本語未対応なので慣れるまで時間がかかりますが、POLONIEX(ポロニエックス)は操作性が良く見やすいと評判があるので、慣れれば安全で使い勝手の良い取引所です。

気になる方はPOLONIEX(ポロニエックス)に登録して、仮想通貨取引を楽しみましょう。