現在多くの仮想通貨がある中で2017年6月に取引が開始され、すでに時価総額が10億ドルにまで達しているのがオミセゴー(omisego)です。
話題を呼び、今後が期待されている仮想通貨だけに、世界的にも注目されています。
今回は、そんなオミセゴー(omisego)の特徴や将来性をご紹介しましょう。

そもそもどんな仮想通貨?特徴は?

OmiseGO
オミセゴーの最大の特徴は、決済サービスに特化した仮想通貨であることです。
日本人が起業した「Omise」という東南アジアに拠点を持つオンライン決済の会社が持つ仮想通貨トークンで、国境や金融機関を介せずに低コストで手軽に決済することができます。
日本では、ほとんどの人々が銀行口座を所有していますが、東南アジアでは金融機関を利用できない人が現在も多いと言われています。
その一方で、スマートフォンの普及は進んでおり、そのスマートフォンを活用してより簡単な決済方法として誕生したのがオミセゴー(omisego)なのです。
また、タイのマクドナルドとのタイアップやSBIホールディングスや三井住友グループから出資を受けているなど、多くの有名企業と提携しているのも特徴です。
様々な企業からも注目され、今後が期待されている仮想通貨と言えるでしょう。
従来の決済を含む金融サービスは、金融機関や企業によって独自のサービスを展開しており、その提携店舗ではある通貨が使えないという現象が発生しています。
オミセゴー独自のウォレット「SDK」は、Omisegoネットワークと多様な支払い方法を可能にし、様々な業界や市場向けに支払いを強化・追加することができるのです。
このようにSDKを経由した取引は、全てネットワークによって法定通貨と同様に自由に取引することができ、日本、中国、アメリカなど、どこでもスマートフォンを使って決済ができるようになります。
今後は、スマートフォンを持っていない人々への対処をどのようにしていくかが課題となっています。

将来性は?

オミセゴーは上場当初、1OME約40円程度でしたが、現在は約2000円程度を推移しています。
上場後、大きく価値を上げている銘柄であり、時価総額においてもランキング上位に君臨していルのも特徴です。
また、イーサリアム創設者の「VitalikButerin」をはじめとする豪華なメンバーがアドバイザーとして関わっているとされています。
彼らは、法定通貨と仮想通貨だけでなく、様々なブロックチェーンにおいても価値を交換可能にするというコンセプトを掲げており、今後も大きな可能性を感じさせます。
将来的には、東南アジアを中心に近隣諸国へ着実に進出していくことが予想されており、大いに期待できる仮想通貨と言えるでしょう。
タイのマクドナルドに採用されているように、今後はほかの企業でも採用される可能性が高いです。
残念ながら日本の取引所では取り扱いがありませんが、上場すれば認知度や期待もさらに上がっていくことでしょう。

海外取引所で購入できる

この銘柄のコインは、前述したように現時点では日本の仮想通貨取引所での取り扱いがありません。
購入するには、海外の取引所において口座開設する必要があります。
海外で取り扱いがあるのは、バイナンス・ビットレックス・ビットフィネックスなどです。
海外では有名な取引所が扱っていることもあり、海外取引所の口座開設が初めてという方でも安心できるのもポイントではないでしょうか?
この中でも、日本語対応しているバイナンスは取引手数料も少なく世界で最も利用者の多い取引所なので非常にオススメです。
バイナンスであれば、安心してコインを購入して取引をスタートすることができるでしょう。

どんな人に向いている?

東南アジアで特に注目されてきている仮想通貨ですが、どのような人と相性が良いのでしょうか?

安くて購入しやすい仮想通貨が良い方

時価総額でもかなりの上位にランクインしている仮想通貨ですが、それでも現在1OMGあたり2000円程度なので、ビットコインやイーサリアムなどの単価の高い仮想通貨と比べると、今のうちに購入するというのも方法の1つと言えます。

将来性のある仮想通貨が良い方

そもそもターゲットは、金融機関を利用できない東南アジアの人々です。
それだけでなく、すでにタイの金融庁やマクドナルドにも採用されており、新たにタイの政府機関であるETDTとの提携し、ブロックチェーンを利用して国民IDの開発へも取り組むことが発表されています。
今後も、様々な店舗で使用可能になることが予測されており、将来性が高い仮想通貨と言えるでしょう。
今後が注目されている仮想通貨だけに、そういった銘柄をお探しの方にも向いていると言えるのではないでしょうか?

数多くの仮想通貨がある中で、オミセゴーは非常に注目を浴びている銘柄の1つです。
タイの政府機関ETDTとの提携で、さらに将来性が期待されている仮想通貨であり、今後の動向にも目が離せません。
ぜひ今後もチェックしてみましょう。