仮想通貨市場は、近年飛躍的にユーザーが拡大しており、その動向は多くの方に注目されています。
そんな中で、今回は中国産の仮想通貨ネオ(NEO)について特徴や将来性についてご紹介していきましょう。

中国で誕生した銘柄

ネオ
ネオは、2016年10月に中国で誕生した仮想通貨の1つです。
イーサリアムのスマートコントラクトを搭載しており、中国版イーサリアムとも呼ばれています。
通貨単位はNEOで、発行枚数は1億NEOです。
元々はアントシェアーズ(ANS)という名称の通貨でしたが、2017年6月にリプランディングされています。
また、現在は日本国内の取引所では取り扱いがない海外銘柄でもあります。
そのため、海外取引所のバイナンスやビットレックス、ビットフィネックスなどであれば購入可能です。

特徴とメリットは?

それでは、ネオ(NEO)の特徴を見ていきましょう。
スマートコントラクトを採用しているNEOは、プラットフォームとして使用されることが多いため、イーサリアムとの比較対象になることが多いです。
しかし、イーサリアムとは異なる点も多く、その違いがNEOのメリットでもあると言えます。
その違いは以下の通りです。

ブロック認証システム・DBFTを採用

ブロック認証システムであるDBFTという独自のアルゴリズムを取っているのが特徴です。
ブロックチェーンがたくさんの「ノード(コンピューター)」で支え合っており、お互いを監視し合ってP2Pネットワーク取引を構築しているのです。
ネットワークの管理では、ある特定のノードが裏切ったり、バグを起こしたり、不正を働いたりした場合システムに異常を起こすリスクがあります。
このようなシステムの問題点をピザンチン問題と言い、DBFTはそうした問題に耐障害性を持つという特徴があるのです。

幅広いプログラミング言語の採用

そもそも仮想通貨は特殊なプログラミング言語を使っているものが多いため、限られたエンジニアのみが開発に携わるという特徴があります。
一方、NEOはJavaScript、Python、.NET、C、C#、C++などの多くの開発プログラミング言語を採用しています。
このため、システムエンジニアのほとんどがNEOの開発に取り組むことができるのです。

処理速度

ビットコインは1秒間に約7件の取引処理が可能であるのに対し、ネオは1秒間に1000件もの取引が可能となっています。
この処理速度の速さは現在最速の処理スピードを誇るXRPと同等です。
また、将来的にシステムの最適化を施すことで現在の10倍の取引スピードも可能にすると言われています。

NEO・GASの発行

NEOはNEOをネットワーク上で使用するため、「NEO・GAS」というトークンを発行しています。
イーサリアムの手数料で使用されているGASとは異なるもので、ブロック生成時に同時に生成されることでマイニング報酬のほかにネットワーク上でNEOを使用する際などに使われています。
NEOが本体で、そのNEOを動かすためにNEO・GASというサブ的なトークンが発行されていると考えると良いのではないでしょうか?

今後や将来性は?

ネオは現在日本はもちろん、世界中から成長が注目されています。
ネオのプラットフォームをベースにした多くの数のICOが今後予定されており、将来性のある銘柄であることは間違いないでしょう。
今後NEOをベースにしたICOが登場していくことで、ICOに参加するためにNEOを購入する必要が出てくるでしょう。
また、ICOのプラットフォームだけでなく、高性能な機能を活かして幅広い活用方法も模索されているというのも特徴です。
元々中国の銘柄コインとしていますが、中国はそんな様々な銘柄の詐欺行為や不正行為に懐疑的な反面、ブロックチェーン技術にも注目しています。
今後、ブロックチェーン技術を使った何らかのプロジェクトが発足する際には、高性能なNEOが使用される可能性が高いでしょう。

購入する取引所はバイナンスがオススメ

バイナンス


前述したように、現在は国内の取引所でこの銘柄のコインを購入することはできません。
NEOを購入するには、海外取引所を利用する必要がありますが、その中でもオススメはバイナンスです。
バイナンスの管理画面は日本語にも対応しており、英語が苦手な方でも口座開設や取引が簡単にできるのが特徴です。
また、取引量も世界一を誇っているので、安心して取引をしたいならバイナンスを利用しましょう。
NEOは日本国内の取引所に上場していませんが、今後上場する可能性はゼロではありません。
現在はバイナンスなどの海外取引所を通じてコインの送金やBTC建てでNEOを購入するという流れとなりますが、今後さらなる進化を遂げれば、上場も夢ではないでしょう。

ネオの特徴や将来性などを紹介してきましたが、いかがでしたか?
銘柄もたくさんある中で、ネオはその性能の良さや将来性が注目されています。
日本国内では取り扱いのある取引所はありませんが、海外の取引所で安心なバイナンスを通じて、NEOを購入して取引をスタートしてみてはいかがでしょうか?