モネロ
数多くの仮想通貨の中から、将来価値が上がるであろう仮想通貨を選び購入するのは難しいです。そのため、どんな仮想通貨があるのかは知っておいた方が良いでしょう。今回は、仮想通貨の中でも匿名性が高く注目されているモネロXMR)」についてご紹介していきます。

モネロの特徴

モネロは2014年から公開されている仮想通貨です。仮想通貨のブロックチェーン技術はユーザーが送金の流れを追跡できるほどの透明性を誇っていますが、こちらは逆に匿名性の高いことから人気が高まっている仮想通貨となります。

そのためビットコインなどでも利用されているソースコードは使っておらず、「クリプトノート」というプロトコルに基づいたプルーフオブワーク(PoW)を利用しています。

このクリプトノートというプロトコルはリング署名を実装していることにより誰が署名して送金したのかを追跡することが困難な点が特徴です。このように、誰が送金したのか分からない状態になるということで匿名性の高い仮想通貨として知られるようになりました。

他にも、大きな特徴として送金が完了するまでの時間が2分程度とビットコインに比べて非常に速い取引を可能としています。ビットコインは10分程度時間がかかってしまうため、この点はモネロのメリットと言えるでしょう。

さらに言えばブロックチェーン技術を用いていないことからブロックサイズの制限を受けないため、スケーラビリティによるトラブルも起きにくくなっています。

モネロでは、閲覧・送金それぞれを2つのシークレットキーから構成されていて、とても長いアドレスになっているということも特徴に挙げられます。そのためアドレスがマスターキーのような働きをしてくれるのです。

このアドレスは送金されるたびにランダムに生成されるので、ワンタイムアドレスということになります。同じく匿名性の高いダッシュで行われている仕組みとは違い、ワンタイムアドレスによって第三者へ経由しなくても匿名で送金することができるようになっているのです。

モネロが持つデメリットも理解する

メリットにもつながる特徴がいくつか見られましたが、その一方でデメリットも存在しています。一つ目に、使用用途が限定されてしまっているという点です。

匿名性の高さを特徴として挙げましたが、この匿名性の高さを維持するために拡張が難しい状態になっています。つまり通貨として商品決済やサービスなどに利用することが難しくなってしまっているのです。

また、匿名性の高さによるリスクも考えられます。例えば、流通量がそこまで多いというわけではないため、ある特定の企業や組織が独占してしまうという可能性は否定できません。

企業側は独占することにより、マネーロンダリングに利用することも可能となってしまいます。さらに、流出が発覚してしまったとしても取引情報が記録されていないため、保有していたことを証明することができないのです。

このようなデメリットやリスクがあることを理解しておくことも重要です。

マイニングが行える

モネロでは、ビットコインと同様にマイニングを行うことが可能です。ビットコインでマイニングするにはスパコンをいくつも所有しなくてはならず、どちらかと言うと一般ユーザーよりも法人が行っているイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、モネロの場合はスパコンを利用しなくても家庭用パソコンで十分マイニングを行うことは可能です。マイニングによってコインを獲得することができるので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

マイニングする方法としては、パソコンにマイニングソフトをインストールし、取引所の口座を用意しておきます。あとはマイニングソフトへ登録・ログインを行い、マイニングしたいコインを選んでしまえば完了です。

購入する方法は?

マイニングではなく取引がしたい場合は、海外取引所を利用しましょう。現在国内取引所でモネロを取り扱っているところはありません。海外取引所なら、Poloniex・Bittrex・HitBTC、krakenなどが取り扱っています。

中でもBittrexHitBTCはアルトコインの取り扱いが200種類を超えており、Poloniexでも多くのアルトコインを取り扱っているのでおすすめです。

また、海外取引所の場合スプレッドなどの手数料が安いというメリットがあります。国内取引所の1/10程度も低い手数料に設定しているところもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

モネロ以外にもマイナーな仮想通貨を購入したいという場合は、こういった海外取引所で購入してみてはいかがでしょうか。

購入する方法ですが、まず海外取引所の口座にビットコインを着金する必要があります。そのため、まずはビットコインを国内取引所で購入し、海外取引所へ送金させなくてはなりません。

送金が完了し、着金が確認できたらあとはビットコインを使ってモネロの価格と数量を指定すれば完了です。今後も引き続き注目される銘柄の一つと言えますが、購入にあたりメリットだけではなくデメリット部分もしっかり把握し、購入を検討してみましょう。

リアルタイムチャート






トークン名 XMR
上場時期 2014年5月21日
上場価格 174.9円
発行上限
承認方法 PoW