モナコイン
仮想通貨は今や世界に1000以上もの種類が存在しています。資産の運用ににも使われている仮想通貨の中でも「モナコインMONA)」の特徴や将来性について解説していきましょう。

モナコイン(MONA)とは

2014年1月1日から発行が開始されたモナコイン(MONA)は、巨大掲示板の「2チャンネル」のソフトウエア板から誕生しました。

アスキーアートで有名な猫のキャラクター「モナー」がモチーフの仮想通貨で注目されているその理由を追及していきましょう。

世界発のSegwitを導入

ライトコインを土台として開発されたモナコイン(MONA)は、強みとして取引のスピードが速いことが挙げられます。Segwitと呼ばれる送金が早くなるアップデートを世界でも初めて採用したのです。

それによって、およそ90秒ほどでブロックが作られています。速度が速いことから発行総数も多く、1億512万枚も発行されビットコインは2100万枚となるので約5倍も多く発行されています。

投げ銭をすることが可能

Tipmona」というアプリを使用することでtwitter上でコインを送ることが可能になります。

誰でも使用できるサービスで「@tipmona deposit」とツイートを行うことでチャージ用のアドレスを教えてくれます。

そして、誰かにコインを送りたい時には「@tipmona tip (ユーザー名)(数量)」とツイートすることで、コインを送る投げ銭と呼ばれる行為をするができるのです。

コインを送る理由としては、誰かに何かを教えてもらった時や、面白いツイートを見た時、描いている絵が気に入った時など様々です。コインを送りたいと思った時にすぐにできるのです。

コインを使用できるオンラインショップがある

様々なコンテンツが集まったポータルサイトの「Monappy」では、ウォレットとしてモナコイン(MONA)を使用することができます。

MonappyStreamViewerでは、配信サイトと連携しているのでゲーム配信を行うことができ、視聴者から支持されることで投げ銭をもらうことができます。

MonappyPicturePlacesでは、ユーザーたちが描いた絵や写真などが投稿されているので、お気に入りの1枚に投げ銭をすることができるほか、イベント時には賞金が出ることもあります。

また、MonappyPaymentsでは、オンラインショップとして様々な商品を購入することが可能です。投げ銭で集めたモナコイン(MONA)を使用して購入することもでき、出品することも可能です。

モナコイン(MONA)の将来性とは

コミュニティが強いモナコイン(MONA)は、国内でも普及活動が盛んです。

2017年10月には、秋葉原において大きなキャンペーンが開催され、秋葉原ラジオ会館や秋葉原UDXにある大型ディスプレイにプロモーション動画が放映されたのです。

その他にも、パソコンショップのArkで支払いが可能になったり、オンライン麻雀の天鳳では大会に勝つことで景品としてコインをもらうこともできるようになりました。

このように普及活動がさらに盛んになることで、仮想通貨を使用して決済できるお店が増えていくことが予想できるので、価格が上昇する要因にもなるでしょう。

また、海外での知名度はほとんどないので、海外取引所へ上場することで外国人の投資家からも注目されることとなります。まだまだ発展途上の仮想通貨なので、今後の動向に注目していきましょう。

リアルタイムチャート

モナコイン(MONA)を取り扱っている取引所と購入方法

モナコインを取り扱っている取引所は以下です。

  • ザイフ
  • ビットフライヤー
  • Fisco
  • ビットトレード
  • ビットバンク

次に気になる手数料を確認していきましょう。

  • ザイフ
    メイカー手数料:0%
    テイカー手数料:0%
  • ビットフライヤー
    メイカー手数料:無料
    テイカー手数料:無料
  • Fisco
    メイカー手数料:無料
    テイカー手数料:無料
  • ビットトレード
    メイカー手数料:0.30%
    テイカー手数料:0.70%
  • ビットバンク
    メイカー手数料:無料
    テイカー手数料:無料

上記の取引所の中でもザイフは購入する人が多く、2018年頭のcoincheck問題の後はさらに利用者が増えています。取扱い通貨も多く、セキュリティ対策の強化にも力を入れているためおすすめです。

ザイフでの購入の仕方を解説していきましょう。

  1. 登録
    ザイフのアカウントが必要になるので登録をしましょう。
    そのときには本人確認書類の提出が必要です。
  2. 入金
    コインを購入するためには日本円で入金をしなければいけないので、アカウントにログインをした後に「日本円入出金」を選択して「日本円入金」をクリックします。
    入金金額の欄に入金する金額を入力し、「入金開始」をクリックします。
    その後、入力したお金を振り込みましょう。
  3. 購入
    「簡単売買」をクリックして販売所へ行きます。
    終了の部分に欲しい分だけ入力し、「買う」をクリックすれば完了です。

取引に慣れていない初心者でも簡単売買であれば手軽に購入できる点がザイフのメリットです。

誰もが気軽にtwitter上で投げ銭できるなど、サービスのさらなる発展やコミュニティの成長が楽しみでもあるモナコイン(MONA)は、将来性の高い仮想通貨としてアルトコインの中でも人気があります。注目度も上昇しているので、今後の動きに注目していきましょう。

通貨単位 モナーコイン(MONA)
リリース日 2014年1月1日
発行上限 1億512万
主な利用目的 送金、決済、投資
ブロックチェーンの形式 パブリック型