ライトコイン
仮想通貨の金をビットコインと例えるなら、銀の仮想通貨を目指そうと開発されたのがライトコインLTC)です。プログラムはビットコインが元になっているので、仕組みに関しては同じものですが、ビットコインの欠点をカバーした仮想通貨として注目されています。一体どんな仮想通貨なのか、特徴や将来性、購入できる取引所についてご紹介しましょう。

どんな特徴を持つ仮想通貨?

ビットコインのプログラムを元に生み出されたライトコイン(LTC)は2011年10月から発行がスタートした仮想通貨です。開発者はGoogleのエンジニアとして活躍していた経験のある、チャーリー・リー氏になります。

ビットコイン同様に購入やマイニングで通貨が入手でき、使い道もショッピングや送金など一般的な使用方法を目的にしており、ビットコインの弱点をカバーした「第二のビットコイン」と注目されているのです。

ライトコイン(LTC)はどんな特徴があるのかご紹介します。

ブロック生成が早い

ビットコインはマイニングでブロックがつくられ、取引が認証される仕組みとなっており、ライトコイン(LTC)も同様の仕組みです。

そのブロック生成の時間はビットコインが10分が平均なところ、2.5分で承認可能となっており、よりたくさんの取引が、安い手数料で行えます。

承認時間が短縮されることで、二重送金を起こすリスクも回避されます。

発行数は8,400万枚

仮想通貨は管理する中央機関が存在しないため、発行上限数をあらかじめプログラミングされている仕組みであり、ライトコイン(LTC)は8,400万枚が発行上限です。ビットコインは2,100万枚が上限なので、約4倍の発行上限となります。

先駆けてSegwitを導入

ブロックチェーンを使う仮想通貨は取引の量が増加すると処理がより遅くなる欠点があり、取引履歴を圧縮することでデータ容量を少なくできるSegwitが2017年5月からアクティベートされています。

ブロック容量の不足を指摘されたビットコインよりも先駆けて導入することに注目を浴びる一方、Segwit対応のコンピュータで75%のマイナー装備が必要なため、コストや手数料の安さなどマイナーへのデメリットも指摘されました。

しかし、導入確定から導入完了までの3週間は価格変動が4倍にも高騰し、多くの人に期待された導入だったと言えます。

どんな将来性があるのか

同じ仕組みなら仮想通貨を代表するビットコインには及ばないイメージがありますが、ビットコインにトラブルが生じた時に回避先になると考えられています。

将来のブロック容量を考えてSegwitを導入し、承認スピードの速さ、発行上限の多さから、実用性の優位性から移行するユーザーも増えてくるでしょう。

ビットコイン同様にマイニングが可能ですが、ビットコインの採掘はコストがかかり、高い処理能力が必要なので特定のマイニングでしか行えません。

しかし、ライトコイン(LTC)はGPU基盤のマイニングを認めることで、コストを抑えてマイニングが可能です。

それにより、マイナー集団が市場を独占する状態はほぼ不可能なので、均等に成功報酬を得られる安定性もユーザーが増える理由につながると考えられます。

ただ、まだ使用できる場所が少なく、本格的な実用性に関しては低い位置に立っている状態なので、今後の使用範囲がどう拡大するか注目されます。

開発者のチャーリー・リー氏は今後も開発に専念すると公言しているので、性能がますます良くなれば認知度も上がり、使用できる範囲や価格の上昇にもつながる将来性を期待できる仮想通貨です。

リアルタイムチャート

取り扱っている取引所はどこ?

ライトコイン(LTC)はマイニングだけではなく、取引所で気軽に購入することが可能で、日本国内ではいくつか購入できる取引所がありますが、買うならビットフライヤーがおすすめです。

2014年に設立されて比較的に新しい取引所ですが、複数の大手企業からの出資を受け、取引量の活発さから安全性信頼性の高さが多くのユーザーに支持されています。

仮想通貨はサイバー攻撃を受けるリスクがありますが、ビットフライヤーでは二段階認証を設定し、さらにそれでも不正ログインによる日本円の出金が合った場合、最大500万円の補償制度があるのも安心して利用できるポイントでしょう。

5種類の仮想通貨取引に対応しており、ライトコイン(LTC)は販売所の扱いで購入が可能です。

販売所での取引なのでビットフライヤーが提示する価格での購入となりますが、購入した通貨は「アルトコイン販売所」から売却することが可能です。

仮想通貨の購入には入金が必要ですが、入金が完了するまで時間がかかり、場合によっては当日に処理されない場合があります。

ビットフライヤーでは、日本円での銀行振込とペイジーによるクイック入金での入金が可能で、クイック入金を活用すれば即時に入金できるシステムを導入しています。

324円の手数料と9,999,675円の入金上限がありますが、24時間いつでも入金できるので、すぐに購入したい場合や銀行が営業時間外の時も気軽に購入できる取引所です。

第二のビットコインとしてライトコイン(LTC)は注目されているので、今後の動きに注目してみましょう。

トークン名 LTC
上場時期 2013年4月28日
上場価格 480.7円
発行上限 8400億
承認方法 Proof of Work