仮想通貨のコモド(Komodo/KMD)とは、どのような仮想通貨なのでしょうか?

特徴・価格・チャートなど様々な面から、コモド(Komodo/KMD)を解説していこうと思います。

コモド(Komodo/KMD)の基本情報

コモド(Komodo/KMD)は、ビットコインダーク(BTCD)という仮想通貨から派生し、ソフトウェアはZcash(ジーキャッシュ)からのフォークとなっています。

分かりやすく言い直すと、コイン自体はビットコインダーク(BTCD)という仮想通貨から分裂して別れたもので、内部の仕組みやセキュリティをZcash(ジーキャッシュ)からもらってきた、というようなイメージです。

2016年の9月から発行が始まり、通貨の単位は「KMD」で、発行上限は2億KMDとなっています。

ブロックの生成時間は約1分とビットコインなどに比べればそれなりの速さであり、承認方法はDelayed Proof of Workです。

非中央集権的かつオープンソースの仮想通貨でもあり、特徴で詳しく解説しますが、アトミックスワップという技術を成功させていることから注目を集めている仮想通貨と言えます。

↓Zcash(ジーキャッシュ)についての詳しい記事はこちら↓

コモド(Komodo/KMD)の特徴

アトミックスワップ

注目の要因になっていると言われている「アトミックスワップ」とは、取引所などを介さなくても通貨の交換が行える技術のことです。

例えば友人同士で直接お金を渡して交換するような感じで、仮想通貨の交換を2人でやりとりするということができます。

今までのアトミックスワップを使えない仮想通貨で同じ様なことをしようとすると、悪意を持った片方が渡そうとしたお金と渡された方のお金を握りしめて逃走するようなことができ、その危険性から取引所を介してのやり取りをする人がほとんどでした。

もちろん信頼している相手同士や、自分で別のアドレスに送金する時は直接送ることもできますが、やはり安全面を考えると微妙なラインでもあります。

それを解決できるアトミックスワップは、画期的な機能と言えるのです。

選べる送金方法

また他にも、コモド(Komodo/KMD)には高い匿名性を持った送金方法か、オープンな送金方法かを選んで使うことができます。

匿名性が低く、送金や決済のデータが第三者からみられる状態であることは、アドレスが個人とつながっていなければそこまで気にすることはありませんが、万が一つながってしまった場合いくら仮想通貨を持っているのか、いつどのような取引をしたのかが見えてしまいます。

しかしマネーロンダリングなど、裏金などで得た資金の出どころを消すためには使えず、汚い手口に使われる可能性は低くなるのです。高い匿名性を持つ場合、これと逆のことが言えます。

そのどちらが良いかという論争が未だに起きていますが、コモド(Komodo/KMD)ではどちらの方法でも使えるため、用途によって使い分けをすることができ、便利です。

高い匿名性とリスクの軽減対策

高い匿名性を保つ方式として、イーサリアム(ETH)やZcash(ジーキャッシュ)などが活用しているゼロ知識証明技術を使っており、匿名性を担保しつつ取引の証明が行えます。

他にもDelayed Proof of Work(DPoW、遅延作業証明)を使ってマイナーが集まらなかった場合の対策やセキュリティが低くなりにくくなるようにしていたり、DEXという中央管理者がいなくても動く技術を使って会社倒産などによって仮想通貨そのものが消えるリスクを軽減しています。

コモド(Komodo/KMD)の価格・チャート

コモド(Komodo/KMD)は、2017年の7月と2017年の9月、2018年の1月に暴騰したものの、そのあとは低下し、安定に入ったと言う状態です。

7月や9月は仮想通貨そのものに大きな注目が集まった故に大きく伸びたものの、その後暴落したりしているようです。

1月も、12月からの仮想通貨市場全体の盛り上がりから高くなり、緩やかに価格がさがったことが要因であり、コモド(Komodo/KMD)がより注目を浴びればこれ以上の伸びがあるかもしれません。

コモド(Komodo/KMD)の将来性

コモド(Komodo/KMD)の課題は、流動性があまりないというものが挙げられます。

取引量が少ないため盛りあがりを見せるには難しい状況があり、取引を成立させるにはやはり活発に使うユーザーやユーザー数の引き上げが課題となるかもしれません。

中国の仮想通貨各付けランキングでビットコインやリップルを押さえて上位5位に入ったり、開発状況や更新頻度の高さなどをランク付けしているCryptoMiso(クリプトミソ)の発表によれば、1位になったこともあります。

開発が現在非常に活発になっていることと、中国のユーザーが注目していることを考えると、今後流通量が増える可能性はあります。

また公式サイトのロードマップでも今後のアップデート内容が記載されているため、気になる方はチェックすると良いでしょう。

コモド(Komodo/KMD)が扱える取引所

コモド(Komodo/KMD)は現在日本の取扱所では取り扱われていないため、購入するなら海外の取引所を使うことになります。

取引高が多いのは、BINANCE(バイナンス)BITTREX(ビットレックス)などです。

↓BINANCE(バイナンス)についての詳しい記事はこちら↓

↓BITTREX(ビットレックス)についての詳しい記事はこちら↓

現在流動性が低いという課題はあるものの、その中でも取引高が多いということは現在も今後も取引成立がされやすい可能性が高く、コモド(Komodo/KMD)を持ちたい方はぜひこちらの取引所に登録しましょう。

今後の開発次第でかなり大きく伸びる可能性を見せているコモド(Komodo/KMD)の、さらなる飛躍を期待したいところです。