アイオータ(IOTA)は2016年7月に発行され、ブロックチェーンを使っていない新しい仮想通貨として注目されています。通貨単位はMIOTAです。

独自技術で誕生した仮想通貨としてだけではなく、電化製品や自動車など様々なものに用いられているIoTと関わりを持つことでも注目を得ています。

アイオータ(IOTA)がどのような仮想通貨なのか、特徴や独自技術、購入できる取引所についてご紹介します。

IoTに特化した仮想通貨アイオータ(IOTA)

IOTA
IoTは「Internet of Thing」の略で直訳すると「ものとインターネット」となります。

ものとインターネットを接続する技術であり、スマートフォンやパソコンをはじめ、電子レンジや冷蔵庫といった電化製品や自動車にも用いられており、これからもますます進化が進む技術と期待されているのです。

ものがインターネットを通じてIoTデバイス同士で送信を行う際、かなり大きなコストがかかり、送信プロセスも複雑という欠点がありました。

そこで、IoTデバイス間の取引のデータ容量を少なくし、さらにその取引にかかる手数料をなくすために「タングル(Tangle)」という技術を用いて、アイオータ(IOTA)が誕生しました。

仮想通貨の取引ではマイニングによって承認作業が行われますが、タングル(Tangle)はマイニングを必要とせずに分散型の台帳に取引を記録できるため、手数料無料・高速送金の実現に成功したのです。

タングル(Tangle)の評価はかなり高く、マイクロソフトや富士通といった大企業ともすでに提携しており、時価総額は2017年12月から一気に上昇。

上場後は50円前後だったところ、2017年の11月から少しずつ上昇し、12月に入ったあたりで100円前後、そして6日には550円にまで上昇したのです。

2018年1月には時価総額ランキング10位にランクインし、市場規模は1兆円を上回ります。

独自技術タングル(Tangle)の仕組み

アイオータ(IOTA)の最大の特徴は、ブロックチェーンを一切使っていない点でしょう。アイオータ(IOTA)はブロックチェーンを使用しない世界初の仮想通貨です。

タングル(Tangle)はブロックチェーンと同じく分散型のシステムですが、取引するもの同士が他人のトランザクションの承認作業を行うため、マイナーに頼る必要がないので手数料を無料にして台帳へ記録することが可能です。

ブロックチェーンはブロックの中に取引データを格納し、そのブロックを直線でつなげた台帳ですが、「もつれ」の意味を持つタングル(Tangle)はメッシュ構造となっています。

タングル(Tangle)の承認は、過去の取引から現在進行中の取引が正しいかどうかを間接的に判断しています。

網目に広がるメッシュ構造なのでトランザクションが増加しても重くなる心配はなく、むしろ取引が多いほど承認作業がスムーズになるのです。

なので、作業容量を減らすことができ、計算処理能力が低いデバイスでも決済ができるようになります。

アイオータ(IOTA)公式ウォレット

アイオータ(IOTA)には公式のウォレットがあり、もともと「IOTA wallet」という名前でしたが、現在は「Trinityウォレット(β版)」として新しいものがリリースしています。

iOSとAndroid用がリリースされており、日本語の解説も数多くあるので使い勝手も問題ないかと思います。

気になるのは、出入金ができないなどの口コミが数件見受けられる点です。

β版なので今後の改善に期待しましょう。

アイオータ(IOTA)のメリットは?

独自技術で大量かつ迅速にトランザクション処理ができるアイオータ(IOTA)ですが、どんなメリットがあるか挙げてみました。

メリット
  • 送金手数料がかからない
  • セキュリティ性が優れている
  • 量子コンピューターに強い

以下で詳しく解説します。

送金手数料がかからない

一般的な仮想通貨は送金手数料が必ず発生しますが、アイオータ(IOTA)はシステムの性質から送金手数料がかかりません。

この点に関してはビットコインよりも優位性のある決済方法でしょう。

セキュリティが頑丈

タングル(Tangle)によってIoTデバイスでネットワークが構築され、そうなると様々なデバイスに秘密鍵が渡ります。

アイオータ(IOTA)はアドレスや秘密鍵が1回ずつ違うものに変わっていくため、セキュリティ性に優れているのです。

量子コンピューターに強い

次世代コンピューターとして高速計算に有効な量子コンピューターが登場していますが、ブロックチェーンの技術を突破する可能性があると危惧されています。
アイオータ(IOTA)の場合は承認でチェックするノンスの数がブロックチェーンより少ないオーダーなので、計算速度が上がりにくく量子コンピューターによる突破に対して耐性があると言われているのです。

アイオータ(IOTA)のリスクは?

次に考えられるリスクを挙げてみました。

リスク
  • ハッキング・バグの可能性
  • 対応ウォレットが少ない
  • 実用化に遅れが出る可能性もある

以下で詳しく解説します。

ハッキング・バグの可能性

アイオータ(IOTA)の仕組みであるタングル(Tangle)は独自のハッシュ関数というものを使用しています。

実例は今のところありませんが、独自のハッシュ関数によるバグやハッキングの危険性は未知数です。

対応ウォレットが少ない

2018年7月現在のアイオータ(IOTA)対応ウォレットは取引所のものと公式の「Trinityウォレット(β版)」のみです。

セキュリティ面を考えれば公式のものを利用したいところですが、β版であることを踏まえて使う必要があります。

実用化に遅れが出る可能性もある

大手企業との提携からもわかるように実用化への期待は高いものの、アイオータ(IOTA)自体はまだまだ発展途上です。実用化の遅れなどの可能性も考慮しておくのが良いでしょう。

また、IOTAの実用化がうまくいかなかった場合には、価格も大幅に下落してしまう可能性があるので注意しましょう。

アイオータ(IOTA)の価格・リアルタイムチャート

IOTAの価格推移で注目すべきイベントは、Bitfinexに上場した2017年6月18日に500倍まで価格が高騰した点でしょう。上場初日に時価総額が6位となり、「ライトコインを抜いた」と話題になりました。

その後しばらく価格は下降傾向が続きますが、2018年4月以降大企業や国連などとの提携情報により上昇も見られます。

2018年4月の上昇は仮想通貨全体の価格上昇によるものだと思われますが、2018年5月の上昇は以下のイベントが材料となったと考察されます。

  • 国連のプロジェクト機関(UNOPS)と提携(2018年5月22日)
  • Trinityモバイルウォレットの発表(2018年5月29日)
  • ノルウェーDNBグループとのタイアップ(2018年5月31日)

上記の中でも注目すべきは国連のプロジェクト機関(UNOPS)と提携が決まり、国連が業務改善のためにアイオータ(IOTA)を標準プラットフォームとすることを発表したことです。

アイオータ(IOTA)の今後・将来性は?

IoTは今後さらに発達することが見込まれているため、需要の拡大に比例して、アイオータ(IOTA)は様々な分野の大企業が提携したがる注目の仮想通貨です。すでに台北市フォルクスワーゲン富士通などとも提携しています。

2018年7月現在でアイオータ(IOTA)の時価総額は9位につけています。すでに時価総額ランキングでアイオータ(IOTA)より上にはメジャーコインしかありません。

時価総額がすでに高いため今後は以前のような急激な高騰は難しいかもしれません。

しかし、大企業との提携情報などが材料となって短期的な価格上昇が起こることも十分考えられます。

さらに長期的に見てもアイオータ(IOTA)が活用されるシーンは増え、需要も高まることが予測できます。

アイオータ(IOTA)が購入できる取引所

残念ながら日本の取引所では取り扱っておらず、次の海外取引所でのみ購入することが可能です。

  • BINANCE
  • BITFINEX
  • CoinFalcon
  • Gate.io
  • Coinone
  • OKEx
  • Exrates

上場した当時よりも取引できる場所は増えていますが、中国、韓国、香港で盛んに取引が行われているようです。

海外の取引所は英語や拠点がある国の言葉を使うため、登録や利用が難しいと感じる方も少なくないでしょう。

BINANCEは以前日本語に対応していましたが、現在は日本語表記はされていません。

BINANCEやBITFINEXが特に海外取引所の中では使いやすく、取引量が多いので活発な取引に期待できるでしょう。

取り扱っている銘柄も日本国内に比べて多く、アイオータ(IOTA)以外の仮想通貨も手に入れることが可能です。

取引所では独自のトークンを発行しており、それを使うことで手数料が安くなる特徴もあります。

それぞれの仮想通貨の特徴や取引量は異なるため、自分に合った取引所でアイオータ(IOTA)を購入しましょう。

↓BINANCEの登録方法など詳しい記事はこちら↓

↓BITFINEXの登録方法など詳しい記事はこちら↓

アイオータ(IOTA)のまとめ

アイオータ(IOTA)はIoTの普及と共にますます注目される仮想通貨となるでしょう。

将来使用するであろうIoTデバイスの接続として、アイオータ(IOTA)が活用される可能性もあります。

日本の大手IT企業も注目しているシステムなので、IoTの普及がより加速化するきっかけになるかもしれません。

注目度の高さから価格も上昇する可能性を秘めているので、気になる方は入手してみてはいかがでしょうか?