アイコン(ICON/ICX)とは、どのような仮想通貨なのでしょうか?
韓国版イーサリアムとも呼ばれるアイコン(ICON/ICX)の特徴、将来性、購入可能な取引所について解説します。

アイコン(ICON/ICX)の基本概要

アイコン(ICON/ICX)は、2017年8月24日に公開され、発行直後に1日で発行分のコインが完売してしまったと言われている、韓国版イーサリアムと呼べるであろう仮想通貨です。
以下が基本情報となります。

通貨単位 ICX
発行上限 上限なし
アルゴリズム LFT(Loop Fault Tolerance)
公開日 2017年8月24日

まだ開発段階ではあるものの、ブロックチェーン技術をより身近で使いやすくするために、大学や銀行、証券、保険などのコミュニティとの接続を目指し、一部は実際につながるようになっています。

異なるブロックチェーン同士をつなげて、互いに違ったブロックチェーンを使うコミュニティ同士の橋渡し役となる存在が、このアイコン(ICON/ICX)です。

相互接続が可能になるプラットフォームとなり、それぞれのブロックチェーンを利用しあってコインやトークン、データの受け渡し処理を行うことで、異なるコミュニティ同士でも円滑に相互のやり取りが行えるようになり、より便利に通貨やデータを扱えるようにするというのが目標となります。

アイコン(ICON/ICX)の仕組みや特徴

アイコン(ICON/ICX)は、スマートコントラクトを採用しています。このスマートコントラクトはイーサリアム(ETH)やネオ(NEO)のような技術に近いですが、ICONで採用しているのは独自のスマートコントラクト「Score(スコア)」と呼ばれるものです。

Scoreはブロック承認などの基本的なプロセスとは別環境で動作するように作られており、もしもスマートコントラクト機能がエラーなどで止まっても、通常のブロック承認などは正常に動くようになっているので、安全性が非常に高いと言われています。

またアルゴリズムとして使用されているLFT(Loop Fault Tolerance)システムは、信頼できるノード(端末)間でグループを作成することができ、コンセンサスの促進、そして取引の高速化が可能となっているのです。

また、同時にブロックチェーンが分岐してしまうフォークを防ぐこともでき、アイコン(ICON/ICX)が無数にバラけてしまうことを防いでいます。

アイコン(ICON/ICX)ネットワークのプラットフォームでは、それぞれのコミュニティを繋ぐことができます。

コミュニティは一定のノードが運営しており、投票によって選ばれた代表と、投票権を持たない一般参加者が集まってコミュニティが形成されているのです。

この代表者となっているノードが新規発行されるコインに関する取り決めをしたり、不正取引がないように確認作業を行っています。

代表者決定はノードから選ばれ、投票もノード同士による多数決の投票なので中央集権になりにくいと言われているのです

↓イーサリアム(ETH)やネオ(NEO)についての詳しい記事はこちら↓


ハードウォレット「ICONex」って?

近年注目が集まるウォレット機能ですが、アイコン(ICON/ICX)にはウォレットがあるのです。

ネットワーク上で保管していたら流出したという事件につながりやすい昨今ですから、ハードウォレットで保管できるのは非常に良いメリットとなります。

アイコン(ICON/ICX)を保管できるウォレットは、現在ICON開発チームが提供しているICONexで、現段階ではパソコンで管理するデスクトップ型と、スマホではAndroid版アプリのみです。

そしてこのICONexは今後iOS対応のウォレットもリリース予定となっています。

1つのウォレットにつき1つのアドレスを使うことができるのですが、アイコン(ICON/ICX)のアドレスはICONickといい、独自IDであるこれを1年間自由に使うことができて、そしてこのIDをほかの利用者に販売することもできるのです。

人気の高いIDであれば、活発に取引できるかもしれません。

アイコン(ICON/ICX)の将来性

アイコンはいずれ世界中のブロックチェーンをつなぐプラットフォームを目指しており、開発段階であるにも関わらずすでにいくつかの提携先が出ています。

日本でも、ICOファンドであるB Cryptosと業務提携を組んでおり、日本国内や世界各国のブロックチェーンコミュニティの成長支援を行うとしているのです。

LINEの子会社であるLINE PLUS社と合弁し、unchainという合弁会社を設立し、ブロックチェーンサービス開発を行っていくという発表も出ています。

ただ良くも悪くも韓国で生まれた仮想通貨なので、規制の厳しい韓国での影響をかなり受けやすい通貨でもあります。

韓国内での提携先が非常に豊富で、事業が始まっている場所があるものの、今後韓国の規制に引っ掛かったりすることで大きく価格が下落する可能性もあるでしょう。

しかし実用化が始まっているという点では今後価格が上がっていく可能性も高いので、今から持っておいても良いかもしれません。

アイコン(ICON/ICX)の価格・チャート

アイコン(ICON/ICX)の価格は2018年1月に高騰した後、現在は緩やかに下落傾向にあります。

アイコン(ICON/ICX)を取り扱う取引所

アイコン(ICON/ICX)は国内の取引所ではまだ取り扱っていません。

海外取引所でアイコン(ICON/ICX)の取り扱いがあるのは以下取引所です。

BINANCEやOKEX、HitBTCなどの海外取引所で入手するしかなく、入手難度は高い方と言えるでしょう。

また比較的新しい取引所としてHuobiも取扱いを始めており、ここから購入しても良いと思います。

購入後はしっかりハードウォレットに入れておき、しっかりと管理するようにしましょう。