世界には1500種類以上もの様々な仮想通貨があります。有名なビットコインやイーサリアムだけではなく、まだ世間では認知度の低い仮想通貨も多くあります。

そんな認知度の低い仮想通貨の中でも、革新的な通貨として注目されたのが、エイチキャッシュ:Hcash(HSR/Hshare)です。

2018年を目途にHshareからHcashに変わる予定ですが、そのプロジェクトとはどのようなものなのか?

HSRの特徴や将来性、購入方法について解説していきます。

Hcash(HSR/Hshare)の特徴

2018年HshareからHcashに名称変更?

Hcash(HSR/Hshare)は、エイチシェアと呼ばれる仮想通貨で2017年に公開された、比較的新しい仮想通貨です。

Hshareは、2018年を目途にHcash(エイチキャッシュ)に変わることが決定しています。
※2018年7月時点ではまだ名称変更していません。

なぜ名称が変わるのかというと、現在は目指している機能を実装できていないためHshareと名乗り、目指す機能を実装した後にHcashへ名称を変更する予定なのです。

ICOによって発行されたHSRトークンの最大発行枚数は8,400万HSRに設定されています。

Hcash(HSR/Hshare)の最大の魅力は互換性

現在発行されている多くの仮想通貨は、それぞれのブロックチェーン上でしか取引が行えない場合も多いですが、Hcash(HSR/Hshare)は異なるブロックチェーンの橋渡しの役割を担うべく、サイドチェーン技術を採用しています。

多くの仮想通貨は、取引情報をブロックチェーンなど1本のチェーン上に記録しますが、サイドチェーン技術では親チェーンに加えて、もう1本チェーンを設けます。

これによって、複数の異なるブロックチェーン間での価値や情報交換が可能になるのです。

サイドチェーンが親チェーンの機能を拡張する役割を持つことにより、処理時間の短縮や新しい機能の追加など、様々な利点が見込めます。

Hcash(HSR/Hshare)が目指す実装機能

Hcash(HSR/Hshare)が目指す実装予定の技術はサイドチェーンだけではありません。実装が予定されている機能の中でも特に注目すべき技術には以下が挙げられます。

  • 情報の処理能力を拡張する「DAG有向非循環グラフシステム」
  • 暗号技術の中で最も匿名性が高い「ZKPゼロ知識証明」
  • 保有者がHcash(HSR/Hshare)動向について投票できる「DAC/DAO(非中央集権・自律稼働システム)」

DAG有向非循環グラフシステムについて解説すると、DAGとはDirected Acyclic Graphの略で有向非巡回グラフと訳されます。

IOTAやByteballに使われているシステムで、ブロックチェーンでは通常、ブロックの前後に1つづつのブロックが繋がれているのですが、DAGシステムではブロックの前後に1つではなく、2つや3つのブロックを繋げることが可能となります。

そのため、情報の処理能力に長けているという利点がHcash(HSR/Hshare)にはあるのです。

Hcash(HSR/Hshare)のセキュリティ

セキュリティがしっかりしていないと仮想通貨の取引を行うにも躊躇してしまいますが、Hcash(HSR/Hshare)は「ZKPゼロ知識証明」が実装されることで、セキュリティ面に安心度を増すことができます。

ゼロ知識証明とは、真実であることを内容を告げずに証明する技術で英語ではZKP(Zero Knowledge Proof)と呼ばれ、匿名性のあるZcashやZcoinが採用している技術です。

また、セキュリティに不具合を発生させないためにも、量子コンピュータの実用化を見越して設計してあるので安心できます。

Hcashへ進化した際の交換期間

現在エイチシェアとして公開されていますが、様々な先進的技術を取り入れているので実装に時間が掛かっています。

なので、Hcashに変更になるまではまだ時間が掛かることが予想できますが、実装された際には約10ヶ月間が交換する期間として定められています。

交換期間が終了した時点でエイチシェアは使用できなくなるので、忘れずに交換することが大切です。

また、1:1の比率で交換される予定となっているので、1HSR保管している場合には1Hcashに交換される予定です。

プロジェクト遅延のリスク

当初2018年2月にHcashはリリースされHshareからHcashへの交換期間がスタートする予定でしたが、2018年7月現在未だリリースされていません。

詐欺コインであると非難されていますが、機能の実装がいつになるか未だ未定となっています。この状況がひとつHcash(HSR/Hshare)の懸念点と言えそうです。

しかし支払いサービス「Hyper Pay」でHcash(HSR/Hshare)が対応通貨になるなど、利用に向けての環境づくりは積極的に進んでいます。

<Hcashプロジェクトの予定に対する遅延状況>

  • 2018年2月:Hshare(HSR、エイチシェア)とHcashの交換開始
          →2018年7月時点で未だスタートせず
  • 2018年Q2:Hcashベータ版の完成。ゼロ知識証明ベースの顧客暗号化通信の使用開始。
  • 2018年Q3:Hcash顧客とByteballとの間の暗号化通信の実装完了。
  • 2018年Q3:Hshare(HSR、エイチシェア)の破棄完了
          →2018年7月時点で未だスタートせず
  • 2018年Q4-:ブロックチェーンインフラプラットフォームへのアクセス継続。
  • その後:反復改善、新機能開発、エコロジカルシステムの構築

チャート・将来性

直近では2018年5月3日に韓国最大手の取引所であるBithumbへの上場を果たした際に大きな高騰が見られます。

HSR/ETHでのチャートでは、その後価格が下降していますが、イーサリアム(ETH)の価値が上昇しているため、相対的にHSRが下がって見えることも要因でしょう。

TwitterのHcash(HSR/Hshare)についての反応

Hcash(HSR/Hshare)の将来性についてのTwitter上の評判をまとめました。

Hshare(HSR)はどの取引所で購入できる?

エイチシェアは、現在注目を集めている仮想通貨のひとつなのですが、購入できる取引所にはまだ限りがあります。

日本の仮想通貨取引所では取り扱っているところがなく、海外の取引所だけで取り扱いがされています

  • CHBTC
  • ACX
  • BINANCE

上記3ヶ所の取引所で購入することができます。上記の中で一番有名な取引所はBINANCEです。

どの取引所も日本語表記のない海外取引所ですので、初心者であれば、しっかりと取引所について調べてから登録をすることをオススメします。

Hcash(HSR/Hshare)の購入はBINANCEがオススメ

取り扱いのある取引所の中でもBINANCEは、世界でも最大と言われている仮想通貨取引所として有名です。

取り扱う仮想通貨の種類も100種類以上と多く、Hcash(HSR/Hshare)以外のコインを取引することもできるので、様々なコインの取引を行いたいと考えている人にも向いている取引所です。

また、海外の仮想通貨取引所のデメリットとして日本語に対応していないことが挙げられます。

BINANCEも英語と中国語のみにしか対応していませんが、操作性が高いので英語を少ししか理解していなくても使いやすいことがメリットとなっています。

スマートフォン用のアプリもあり、気になる時にいつでも確認できるだけではなく、操作がしやすいので便利でしょう。

↓BINANCEについての詳しい記事はこちら↓

まとめ

Hcash(HSR/Hshare)は、今後様々なシステムが実装されれば、大幅な成長を期待できる仮想通貨のひとつです。

今はまだ価格が上昇していなくても、将来的に上昇することも期待できるので、今後のプロジェクトの動向に注目していきましょう。