イーサリアム
1000以上もの種類のある仮想通貨の一つ「イーサリアムETH)」は、時価総額がビットコインに続く第2位の仮想通貨でシェア数も多いです。しかし、なぜビットコインに次ぐシェア数を誇っているのでしょうか?多くの投資家に注目されているイーサリアムの特徴から派生された仮想通貨、そして今後の将来性について解説していきましょう。

イーサリアムとは

2013年に当時19歳のロシア人で若き天才技術者として知られていた、ヴィタリック・ブテリンによって設計が始められました。

2014年にはクラウドファンディングによって16億円を集めて販売が始まり、2015年頃から日本の仮想通貨取引所でも取引が始まりました。
中央管理を行う団体がいないため、ビットコインと同じくブロックチェーンを利用しています。

ブロックチェーンとは、情報をブロック単位で保存して鎖のように保存するシステムのことで、改ざんがしにくい技術のことを言います。

ブロックチェーンを利用して幅広いアプリケーションを開発することが可能となっています。開発されたアプリケーションを稼働する際には「ETH(イーサ)」と呼ばれる仮想単位が利用されます。

イーサは通貨としての機能も備えており、ブロックチェーン上に作成されるアプリケーションが増え需要が高まることで、イーサの価格も上昇する仕組みとなっています。

また、ビットコインの弱点をなくすために、「スマートコントラクト」という機能を追加しているのです。

直訳すると「賢い契約」という意味になるスマートコントラクトは、契約が自動化されることを言います。

ブロックチェーン状にスマートコントラクトを作成することで、誰がどの程度の契約をしたのか内容を残しておくことができるのです。

ブロックチェーン上なので契約を改ざんすることは難しく、確かな取引を行うことが可能になりトラブルを防ぐことにも繋がるので安全性も高いのです。

派生した仮想通貨・イーサリアムクラシックとは

ETHから分裂して誕生した暗号通貨が「イーサリアムクラシック」と言います。分裂するキッカケは2016年に起こったハッキング被害となります。

ブロックチェーン上に開発されたベンチャー企業への投資サービスプロジェクトの「The DAO」のバグを狙ってハッキングされたことが原因で、不正取得されてしまう事件が起きてしまいました。

こういった事態を解決するため、旧タイプの仮想通貨を使用できなくするハードウォークと呼ばれるアップデートを行い、不正取得された通貨を使用できなくしたのです。

しかし、このハードウォークを反対する人たちもいたことから、強い反発も起きていました。

今後もシステムルールを勝手に変更する可能性があると危惧した、反対派の人たちが新たな仮想通貨・イーサリアムクラシックを開発したのです。

旧タイプをクラシックとして使うことができ、ハッキングが起きたことにより「安全性」に重点を置いた開発と運用がされています。

違いはほとんどありませんが、スマートコントラクトも備えており、素早く安全に処理することもできます。

ただし、スマートコントラクトを実行する際に用いられる手数料はクラシックの方が価格が安いため、そういった部分で比較することができます。

イーサリアムに将来性はあるのか?

仮想通貨に興味があっても将来性がなければ安心して始めることもできないでしょう。将来性はきちんとあるのか、解説していきます。

元々、通貨自体に高い技術性があり、実用性も高いことが特徴として挙げられます。そのため、アプリケーションが多く誕生してきているのです。大企業もETHを利用してプロジェクトの開発をするなど、注目を集めています。

スマートコントラクトの技術を活用するために「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス」という団体も作られました。

日本でも参画する企業が増えてきています。そういったことから投資家たちにも注目されているので、今後価格上昇することも予想できます。

ただし、過去にハッキングをされたこともあるのでリスクとして残っていることは事実です。現在、4段階のハードウォークアップデートを行うことを計画し開発が進められています。

2017年10月16日にメトロポリスと呼ばれる3段階目のアップデートが行われましたが、4段階目のアップデートは未定です。

4段階目では多くの人がより安全に使用できるよう完成を目指していますが、今後の開発や運用によって脆弱性をなくしていけるかが将来性の高さにも影響するポイントとなるでしょう。

まだまだ実験段階で未完成な部分もあるため、今後さらに発展していくことも予想できます。

リスクを持ちながらも参画する企業が後を絶たないので、さらに多くの資金を集める勢いのある仮想通貨とも言えます。

取引量が多ければ、その分盛り上がる可能性は高いです。日本でも今後さらにシェアされることが予想できるので、イーサリアムクラシックと合わせて注目していきましょう。

リアルタイムチャート






トークン名 ETH
上場時期 2015年8月7日
上場価格 306,900円
発行上限 未定
承認方法 PoW→PoS