ダッシュ
仮想通貨の中でポテンシャルの高い銘柄を見つけることが利益を上げるポイントでもあります。ポテンシャルの高さというのは、他の銘柄には見られないようなオリジナリティ性の高い魅力を持っているかどうかが重要です。今回は、そんな他の銘柄ではなかなか見られないような特徴を持つ、「DASHダッシュ)」という銘柄についてご紹介していきましょう。

DASH(ダッシュ)とは

ダッシュは2015年に公開された銘柄です。ただ、実は2014年から公開されていた「ダークコイン」が改名した仮想通貨です。元々の特徴はダークコインと変わりありません。

ただ、ダークコインという名前だとユーザーからの信用性に欠けてしまうということで2015年から新たな名前で公開されることとなりました。ダッシュには大きな特徴が2つあります。

高い匿名性を持つ

ビットコインや他のアルトコインの場合、匿名性が低いことで送金・受取の流れが第三者にまで知られてしまったり、利用しているアドレスが間違えて公開されている状態になってしまったりと、様々な問題点が発覚しています。

しかし、匿名性の高いコインが登場したことで誰から送られたのか、また誰が購入したのかが分からないようになりました。ダッシュの場合、「ダークセンド(コインミキシング)」という仕組みを使って匿名性を高くしています。

これは、取引される中で売却した人からコインが一旦管理ノードという場所に移り、シャッフルされてから購入側が受け取る仕組みになっています。これなら誰がどれくらいのコインを持っていたのか判別できない状態になるのです。

取引にかかる時間がほとんどかからない

通貨取引において、ビットコインではブロック生成に時間がかかってしまうことから、1回の送金で約10分程度時間がかかってしまうことがデメリットだと言われてきました。しかし、ダッシュの場合送金されるスピードはおよそ4秒と格段に速いことが分かります。

これは2015年から取り入れられた「InstantX」という機能によってスピードがアップしました。管理ノードはいくつかのコンピュータが分散された形で存在しているのですが、その中から一つ承認用のコンピュータを作り、承認に特化させることで素早いスピードを生み出しています。

これらの特徴は数あるアルトコインの中でも非常に魅力的な特徴と言えるでしょう。

リスクと将来性が存在する

魅力的な特徴をご紹介してきましたが、その一方でリスクも存在します。それは匿名性の高さからマネーロンダリングに利用されてしまう可能性があるということです。

マネーロンダリングに利用されていることが発覚されれば、各国政府から何らかの対策が講じられる可能性もあり、価格の暴落につながってしまう恐れもあります。

ネムの流出事件が話題になっていますが、ネムを奪った犯人が資金洗浄に利用するためにダッシュへ交換する可能性が高いと示唆されていました。(2018年2月8日現在)

確実に資金洗浄に利用されたかどうかはまだ判明していませんが、もし本当にそうだったとしたら今後の動向に注目していく必要があります。

リスクがある一方で将来性も存在しています。昨年7月にアップル社が取引対象の通貨として認定したのです。Apple Store内にある公式ウォレットアプリにもリリースされ価格が上がりました。

さらに、ビットコインなどのATMサービスを取り扱うLamassu社と提携したことも分かっています。Lamassu社のATMは都内にも設置されており、海外はもちろん日本でも利用しやすい環境が整備されてきているのです。

利用環境が整備されてきていますから、価格も上がりやすい状況と言えるでしょう。今後、さらにこういった動きが広がれば、価格高騰につながる可能性は高いです。

購入方法

ダッシュを購入する方法として、現在国内取引所には取り扱っているところがないため、海外取引所を利用する必要があります。中でもバイナンスでは、手数料が国内取引所に比べるとかなり安いため、取引しやすい海外取引所と言えます。

日本円では購入できないという部分が少しネックになってしまうものの、取引可能な通貨は100種類以上にも及ぶため、口座を持っていたとしても問題はないでしょう。

買い方としては、まず日本円では購入することができないため、ビットコインを入金してから取引開始となります。

資産タブから預金の引き出しを選択し、銘柄がたくさん出てくるので、その中から送金したいコイン、今回ならビットコイン列の預金をクリックして受取アドレスを出します。

次に、受取アドレスに国内取引所から送金を行います。送金されたコインを使い、購入しましょう。国内取引所を経由しなくてはなりませんが、そこまで難しくはないのでぜひこの方法を利用し、購入してみましょう。

今後どのようになっていくのか、非常に注目度の高い銘柄でもあります。購入する・しないは別としても、政府や運営会社の動き含め注目してみることをおすすめします。

リアルタイムチャート






トークン名 DASH
上場時期 2014年2月14日
上場価格 36円
発行上限 1890万
承認方法 PoW