CTIAとは

CTIA
CTIAはブロックチェーン暗号資産専門の投資アドバイザリーです。
CryptoTokenInvestmentAdvisoryの略してCTIAです。
トークン暗号通貨を利用し投資をする人たちの安心な世界をつくるための活動をしています。
主なサービスはTGEマーケティングTGEコンサルティングです。

TGEとは

調査し審査に通ってからICOを行うことをTGE(TokenGeneratingEvent)といいます。
通常のICOと異なるのは信頼性です。

ICOって調査されていないの?

ここで気になるのがICOは何も調査や審査を通していないのかということです。
その通り、何もしていないです。
ノーチェックです。
ホームページをつくりはじめますと宣言するだけなので誰でもできます。
もっと雑だと口だけでいう人もいます。

典型的な投資詐欺

2017年の仮想通貨元年といわれる年から多くの人がビットコインを投機目的で購入しました。
そしてその値上がりに満足できず100倍、1000倍を狙い知名度の低いアルトコインに手を出す人も多かったでしょう。
さらには第2のビットコインを狙い、我こそが第2のロジャー・バーウィンクルボス兄弟になるとICO案件に投資する人も続出しました。
甘い謳い文句で楽して億万長者になれるとお金を集めそのまま持ち逃げするパターンです。
ホームページやSNSがしっかりしてても突然閉鎖となるということもあります。
こういったことが起きているのはICOを直接規制した法律がなく金融庁も注意喚起していますが、イタチごっこなので法規制が整っても完全になくなるということはないでしょう。

どういった調査をするのか

仮想通貨発行者はプロジェクトの内容やロードマップをまとめたホワイトペーパーを公表します。
TGEではそういったものから仮想通貨の利用目的やコンプライアンスなどを精査します。
ICO案件は一般の投資家でも判断するのが難しい部分があるのでこういった機関のチェックがあるというだけでも安心できます。

企業の場合

ちなみに企業が証券取引所に上場することを新規公開株IPO(InitialPublicOffering)といいます。
企業の場合は株主数や事業継続年数、監査意見などの形式基準に企業経営の健全性や事業計画の合理性などの実質基準をクリアする必要があります。
株式会社は世界では400年以上、150年近くの歴史があり、その長い歴史の中で制度が確立したのです。
そう考えると仮想通貨の歴史はまだ10年も満たない創世記なのです。

CTIAのTGEは信用できるか

ここで気になるのが、その機関が信用できるということになります。
CTIAについて調べてみました。
CTIAではスイスの大手弁護士事務所と査定機関であるBlockhausとパートナーシップを結んでいます。
大まかなな流れとしてはBlockhausがTGEを選定しCTIAへ情報提供しています。
調査はBCP(暗号資産分類)という審査基準を用いて評価、分類をしTGEランクの指標を設けています。

企業情報

手塚満
参照:CTIA
本社はブロックチェーン事業の先進国であるスイスです。
日本は子会社となり親会社からの業務委託を受ける立場となっています。
代表の手塚満氏は一般社団法人トークンエコノミー協会(TEA)の代表理事も務めています。

社名 CTIA AG Co., Ltd.(Switzerland)
CTIA JP Co., Ltd.(Japan)
代表取締役 手塚満
住所 [スイス]Zollstrasse 58, 8005 Zurich, Switzerland
[日本]大阪府大阪市中央区西心斎橋1-15-7心斎橋アサノビル6F

まとめ

CTIAのTGEは信用できるかということも現状では判断が難しいです。
CTIAのWEBサイトはMozillaのObservatoryというセキュリティ分析ツールで最低評価のFでした。


また連絡先なども記載されていない。
SNS上での情報発信もほとんどなく、とくにスイスのスタッフは確認できず大阪のスタッフが数名ほどでした。
スイスの住所はパートナーシップのBlockhausでした。
スタートアップでBlockhausの下請けくらいの立ち位置かもしれません。
そのためCTIAだから安心ということにはなさそうです。

絶対安心なんてない

今回調べた中ではCTIAが信用するに足るところではなかったですが、もっと調べていくうちに信用できるようになるかもしれません。
またCTIAだけでなくこういった機関が今後は次々と増えていくでしょう。
ICOでの詐欺が次々と増え、騙された人たちがICOは危ないという認識が広まれば、次はTGEだから安全ですと同じような手口でまだ騙すという詐欺が増えるからです。
大丈夫と思っている人こそ詐欺師のカモになるのです。
まだまだ黎明期成長期あたりの仮想通貨市場、良いことも悪いこともあらゆることが起きます。
どんなことにでも共通しますが自己責任で行うことが重要です。
100人のうち100人が信用している人の意見でも、あらゆるリスクを想定しし合理的な判断となるようにするべきです。
私たちも正確な情報のご提供を努めていますが、何らかの保証をするものではありませんので、あくまで情報のひとつとしてご一読ください。