コムサ
仮想通貨の中でも「トークン」は通貨でありつつ株式のようにも使えるものです。そんなトークンの中でも、特に最近注目されているのがコムサCMS)になります。今回はコムサCMS)の特徴や基本情報、取り扱っている取引所なども一緒にご紹介していきます。

コムサ(CMS)の基本情報や特徴とは

まずは基本的な情報や特徴をご紹介していきます。コムサ(CMS)とは日本で作られたICOプラットフォームのトークンです。

そもそもICOというのは、Initial Coin Offeringの略称で、資金調達を行いたい会社やプロジェクトなどが、独自で仮想通貨を発行し販売することによって資金を得る手段のことを指します。仮想通貨を用いたICOによって企業・プロジェクトを手助けするという形になります。

コムサは国内大手取引所の一つ、ザイフを運営しているテックビューロ社が発表したもので、ネムやイーサリアム、ビットコインといった様々な仮想通貨と、mijinのプライベートブロックチェーンをつなげるために必要なトークンです。

2017年10月からトークンセールが始まり、12月にはザイフでコムサ(CMS)の売買が始まりました。この時のセールは1ヶ月限定で行われたにも関わらず、およそ109億円の調達に成功しており、これは世界のICOプラットフォームの中でも歴代6位となるものでした。

これほどまでの資金調達に成功した結果、コムサ(CMS)に注目する人はさらに増えています。

コムサ(CMS)ができること

基本的にブロックチェーン同士をつなげるための間に入るプラットフォームの役割を果たしています。

例えば、ICOを利用して仮想通貨を発行しプロジェクト資金を集めたいと考えていても、ホワイトペーパーの整備を行ったり、発行しようと考えている仮想通貨・トークンの宣伝活動、ブロックチェーンを取り入れるためのプラン作成、セールの際のツール開発など、様々な課題が待ち受けています。

初めてICOを利用しようと考えた時に、これらはどうやって行えば良いのか悩んでしまうケースも少なくないでしょう。そんな時に活躍するのがコムサ。資金調達をサポートし、ビジネスにブロックチェーン技術を取り入れられるようサポートしてくれます。

他にも、トークンの売買を活発的にするために、テックビューロ社が運営しているザイフでの取り扱いを可能にしています。既にたくさんの人が取引所の市場に集まっているので売買がより行われやすくなるのです。

また、テックビューロ社なら先程も紹介したプレイベートブロックチェーンの「mijin」も活用し、トークンをまとめて管理できる環境を作り上げます。

今はまだ面倒でビジネスに使いにくい仮想通貨を、法定通貨建ての商取引がブロックチェーン上で行えるようにして、第三者が仲介しなくても取引・契約が取りやすくなるようにしてくれるのもコムサとなります。このように、コムサによってできることが色々と増えてくると言えます。

ロックアップについて

ロックアップとは、発行した総数の内未配布となった一部のトークンを売却したり、譲ったりすることができないよう、凍結させてしまう方法を指します。つまり上場した後で主催側がトークンを投げ打ったりしないようにする仕組みとなります。

これは投資家を守るための姿勢であり、良い情報材料になり得ます。また、トークン自体だけではなく企業ICOでも同じように仕組みが適用されることとなるため、突然投げ売りされて市場価格が一気に落ち込むということを防止する形になっているのです。

今回、10~11月に行われたセールにて発行されたものは、ロックアップが2018年12月末日までと設定されています。ロックアップの期間が1年以上あるということで運営する側に対する信用性も見えてきます。

ロックアップによる安心感があることは、ユーザーにとっても利用しやすいことになりますから、安定した動きになるかと思います。ですが、ロックアップがあくまでも2018年12月末日までであるため、それまでに売りに走る動きが見られる可能性も考えられるでしょう。

現在の購入方法と将来性

コムサ(CMS)を購入するには、まず公式ホームページにて事前登録を済ませておく必要があります。あとはトークンセールが行われた時に購入することができます。また、セール以外にもザイフを利用して購入することは可能です。

ただし、現在はトークンセールは実施されていないため購入することはできません。その代わりトークンの取引はザイフにて可能となっています。

今後2018年末までには仮想通貨市場の時価総額は全体で1兆ドル以上となり、ICOにおける資金調達に関しても年間50億ドルに及ぶようになると、開発チームが予測しています。

そのため、20件以上のICO案件を取り扱い、1億ドル以上の調達を目標に掲げています。このように、コムサ(CMS)を利用した様々な企業のICOは広がりを見せているのです。将来的にもコムサ(CMS)を利用したICOは増えていく可能性は高いと言えるでしょう。

通貨単位 CMS
リリース日 2017年11月
主な利用目的 送金、決済、投資、ICO支援
ブロックチェーンの形式 パブリック型
運営団体 テックビューロ株式会社