2017年に他にはない特別な機能を持つバイトム(bytom/BTM)が誕生しました。

仮想通貨と現物資産のあり方を変えてしまう可能性があるバイトム(bytom/BTM)について解説していきます。

バイトム(bytom/BTM)の基本情報

バイトム(bytom/BTM)は、中国で発表された仮想通貨です。

通貨単位  BTM
発行日 2017年6月20日
発行上限数 1,407,000,000 BTM

バイトム(bytom/BTM)は、デジタル資産と現物資産をつなげることができるというメリットがあり、いずれはブロックチェーンだけで証券や予測情報の売買が可能になるかもしれません。

そのため、ビットコインなどに懐疑的になっている人であっても、バイトム(bytom/BTM)であれば気軽に利用できるようになっていくことでしょう。

バイトム(bytom/BTM)の特徴

安全性の高さ

BTMという通貨の表記で、ホワイトペーパーや公式サイトが公開されていることから安全性は高いと言われています。

世界的に注目されているバイトム(bytom/BTM)は、ブロックチェーンによって様々な媒体で取引ができるようになるとも言われているため、利便性もかなり向上する可能性があります。

管理手法「BUTXO」

またバイトム(bytom/BTM)では、「BUTXO」という他にはない特別な管理方法を採用しています。

この方法は、スムーズな取引を実現するだけではなく、自動契約を実行できるスマートコントラクトも搭載しているため、イーサリアムよりも便利なプラットフォームになる可能性を秘めているのです。

「UTXO」との互換性

また、ビットコインで利用されている「UTXO」と互換性もあるため、デジタル資産の取引もしやすくなっています。

その他にもバイトム(bytom/BTM)は、伝送、契約、資産相互作用の3つで構成されているため、匿名性が高いという特徴もあります。

匿名性の高さはユーザーにとって大きなメリットになるでしょう。

バイトム(bytom/BTM)のチャート・価格推移

バイトムチャート

2017年に発表されたバイトム(bytom/BTM)は当初1BTM=15円程度を推移していましたが、2017年後半には50円になり、2018年1月には80円を超えることもありました。

その後価格の変動はありましたが、2018年4月には1BTM=108円前後を推移し、今後また上昇していく可能性も秘めています。

年内に大きく跳ね上がる可能性もあるバイトム(bytom/BTM)のチャートはチェックしておいて損はないでしょう。

またバイトム(bytom/BTM)の時価総額は2018年4月の時点で31位となっています。

人気の高いネム(XEM)やICONと同じような位置にあるので、今後認知度が高まっていくことでさらに高い順位を狙うことは不可能ではありません。

↓ネム(XEM)やICONの解説記事はこちら↓


バイトム(bytom/BTM)の将来性

バイトム(bytom/BTM)の最も大きな魅力は、仮想通貨とそれ以外の通貨やサービスなどを結び付けるという点にあります。

バイトム(bytom/BTM)が普及することによって、デジタル資産と現物資産の境界がなくなり、ほとんどの取引がブロックチェーンでできるようになる可能性もあるということです。

また、既存のデジタル資産のシステムをより使いやすくすることにもつながるため、柔軟なトレードも可能になるでしょう。

今までの資産運用が億劫だと感じていた人でも、トレードの幅が広がり、柔軟になることで運用がしやすくなる可能性もあります。

そんなバイトム(bytom/BTM)は、スピーディな取引高い匿名性を大きなメリットとして打ち出しているため、これからデジタル資産を利用したいと考えている方にとってもおすすめできます。

他の通貨にはない柔軟なトレードに期待することができるバイトム(bytom/BTM)は、イーサリアムよりも世界に浸透していく可能性があるのではないでしょうか。

バイトム(bytom/BTM)を取り扱う取引所

バイトム(bytom/BTM)は2018年4月の時点で、日本の取引所では売買することはできません。

海外の取引所のみで購入することができるため、購入を考えている方はここでご紹介する取引所に登録し、送金する必要があります。

  • Huobi(フオビ)
    バイトム(bytom/BTM)など80種類以上の取扱通貨を持つ取引所です。
    日本のSBIホールディングスと提携していたこともある取引所なので、もしかしたら知っている人もいるかもしれません。
    大手の取引所であるHuobi(フオビ)は、使い方も分かりやすいためバイトム(bytom/BTM)の売買も比較的簡単に行うことができるはずです。
  • OKEx(オーケーイーエックス)
    取引量が豊富という特徴を持っている取引所です。
    海外の取引所ですが、自分のタイミングで取引を行いたいという方におすすめな取引所となっています。
  • Gate.io(ゲート)
    100種類以上の通貨が取引されているGate.ioでは、無名のコインも上場しやすくなっています。
    そのため、バイトム(bytom/BTM)などに投資をしておくことで大きな利益を得ることができる可能性があるのです。
  • Bibox(ビボックス)
    2018年に入ってから注目を浴びている取引所です。
    中国大手の取引所であるBinance(バイナンス)に追いつくのではないかとも言われています。
    そんなBiboxでもバイトム(bytom/BTM)の取引は可能になっています。