ビーティーシーボックス
BTCBOXは、2014年からサービスを提供している取引所で、BTCボックス株式会社によって運営されています。国内の取引所ですが、代表取締役は中国出身のDavid Zhang氏で日本人ではありません。流動性があり取引スピードを改善させることに成功しているため、投資家の間で高い評判を得ています。ここでは、BTCBOXの特徴登録方法などについてご紹介していきましょう。

BTCBOXの取り扱い通貨

取り扱い通貨は、国内向けと海外向けの取引所によって異なります。

日本向け

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • イーサリアム

海外向け

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ゲームクレジット

日本向けは、もともとビットコインしか取り扱っていませんでしたが、2017年11月からライトコインとイーサリアムが仲間入りしたことで国内での評判も少しずつ高まってきています。

BTCBOXの3つの特徴

2年以上サーバーダウンゼロという実績を残していることが売りです。セキュリティが手厚く、流動性も高い状態で安定していることが注目されていますが、他にはどのような特徴が見られるのでしょうか?

独自機能の「仮想通貨融資」がある

実質的には信用取引と一緒で特定の価格でビットコインを買い建てしたり、売り建てしたりすることができます。ビットコインの値段が下がった時売り建てて、実際に価格が下がったタイミングで決済するとその差額分が自分の利益になる仕組みです。

買い建ての場合は、上記と逆の状況で利用すると利益になります。ただし、手数料が高めなので安易に利用することはオススメしません。

貸し出しを利用した場合、1日あたり0.1%の手数料が発生するので、もしも1BTCを10日間借りたら8,000~9,000円にもなります。1BTCと同じ金額の株式を信用で持っていた場合、10日間利用しても1,000円未満ですから、普通に取引した方が格段に手数料が安いです。

セキュリティが高い

Googleの二段階認証や携帯認証を取り入れているので、セキュリティが非常に高いです。コールドウォレットも採用しているため、オフライン上で管理してもハッカーから攻撃される心配がありません。ログイン時は、SSL認証で情報を暗号化送信するので安心して使用することができます。

システムが安定している

ビットコインを取り扱っているとサーバーの不具合が発生することがあるのですが、内部にプロのエンジニアがいるためサーバーダウンの心配がありません。システム体制がきちんと整っているので外部にサーバー管理を委託する必要もなく、全て自社で対応することが可能です。

そのため対応も素早く、ユーザーにとってサーバーダウンしないことで高く評価されています。システム機能テストを1000回以上行うことで、リスクが起きる確率を回避しているのも魅力です。

BTCBOXの手数料は?

口座開設や維持費

無料

入金手数料

  • 日本円…無料
  • ビットコイン…無料
  • ビットコインキャッシュ…無料
  • ライトコイン…無料
  • イーサリアム…無料

※銀行振込や送金にかかる手数料は自己負担。

出金手数料

  • 日本円…出金額の0.5%(最低400円)
  • ビットコイン…0.001BTC/回
  • ビットコインキャッシュ…0.001BCH/回
  • ライトコイン…0.002LTC/回
  • イーサリアム…0.01ETH/回

※銀行振込手数料や相手先への送付手数料はBTCBOXが負担。

デメリットはある?

アービトラージに使えたり、ビットコインの取引手数料が無料で利用できる利点を持っていますが、反対にデメリットはないのでしょうか?

ビットコインの売買量が少ない

利用者がまだ少ないので、取引量があまりありません。板に並んでいる価格がまちまちで、購入したい希望価格で買ったり、売りたい価格で売ることは難しいです。アービトラージに利用できる面もあるので一概にデメリットとは言えませんが、板がかなり薄いことは確かです。

銀行振込でしか使用できない

クレジットカードでの入金やクイック入金を利用して取引することができず、銀行振込でしか使用することができません。入金してから反映されるまでに時間がかかてしまう状況も考えられます。待機している間にベストなタイミングを逃してしまうかもしれません。

取引画面が使いにくい

日本語版の公式サイトを利用することができますが、普段使わないような表現になっていたり、売りと買いの注文情報がわかりにくいので少し扱いづらいです。個人情報を入力する画面で、勤務先情報を入れなければいけない項目もあります。

手数料が高い

ビットコインの取引手数料は無料で安くなっていますが、ライトコインやイーサリアムの出金手数料は高めに設定されているので送金する場合は注意が必要です。

BTCBOXで取引を行う際は、それぞれメリット・デメリットがありますが、全体的に見て高く評価されています。アルトコインに関しては続々と増えている状況なので今後も期待できそうです。

ビットコインの流動性が国内で高くなっているため、指値注文をしてもスムーズな売買が期待できるのではないでしょうか。