ビットコインゴールド
ビットコインゴールドBTG)は、日本時間の2017年11月13日にリリースされた仮想通貨です。ビットコインの分裂によって誕生し、仮想通貨業界で注目されていますが、気になる特徴やビットコインとの違いについて解説していきましょう。

ビットコインゴールド(BTG)って何?作られた目的とは

ビットコインから分裂したことによってビットコインゴールドという新たな仮想通貨が誕生しました。分裂を繰り返し行っているビットコインですが、そもそも分裂とはどういった意味なのでしょうか?

仮想通貨の分裂は、ビットコインの利用率が上がり送金および処理のスピードが遅れる問題を解決するためのものです。

ビットコインの取引を記録していく台帳を大きくしていくと、取引記録がそのまま引き継げないためビットコインをもとに新しい仮想通貨が生まれる仕組みになっています。

これをビットコインの分裂と言い、新しく作られたものがビットコインゴールドということになる訳です。

過去の分裂と違う点は?

ここ最近ニュースになるビットコインの分裂についての記事は、基本的にはビットコインの将来性を考えて性能をアップさせていこうという開発者側と運用者側との対立構造になっている場合が多いです。

ビットコインのシステム運用者は、取引の記録をとることによって利益を得ています。マイニングがしやすくなるためにビットコインを分裂させ、特定の誰かが権力を持ちすぎないような仕組みになることを重要視しています。

しかし、2017年10月に誕生したビットコインゴールドについては、単純な分裂によって新たな仮想通貨が作られたと言われています。

ビットコインとの違いは何?

現在のビットコインはASICというビットコイン専用の機械を利用してマイニングを行っています。どれだけマイニングで資金を稼げるかは、このASICをどれだけ用意して安い電気代で稼働していくかが重要になっているようです。

大きなマイニング組織になればなるほどたくさん資金をかけることができることに繋がっていきます。ビットコインゴールドは、このASICを利用することを禁止しているので、一般的に利用できるGPUを使ったマイニング方法をとっています。

これによってマイニングで起こる利益の集中化を回避する世界観を見い出すことに成功している訳です。また、「UAHF」という技術を採用していることで運営者側は自由にブロックサイズを選択することが可能です。

以上の2つの機能で本来あるべき姿へと改善させているのですが、取引を行う前から開発者が多くのコインを保有していることが発覚してしまい、ただのお金儲けの方法だと見られてしまったので、あまり運営に参加する人がいなかったとも言われています。

開発者と運営者の対立があっても人気

利益目的のために作られたと言われているビットコインゴールドですが、仮想トレーダーからは動向を注目されています。その理由は、ビットコインを持つユーザーに対し、同量のコインが貰えるからです。

立ち上げ時にトラブルが発生し、予定していたコイン配布が遅れてしまいました。マイニングルールを変更し、リプレイアタックプロテクションの実装を修正したことが理由です。

しかし、こうした不信感がつのっても自分が持っている資産が無条件に増えていくというイメージがあることで、気になる人が多いというのも現状です。

仮想通貨のマーケティング手法では、このようにビットコインを配布するのは珍しく多くの人が市場に参加する可能性が増えていきます。

ビットコインゴールド(BTG)の問題点について

仮想通貨の配布を待つ人にとっては、導入に関して不安な点がないか気にあなるとろです。懸念点がすでに解決しているものもありますが、どのような問題点を抱えているのでしょうか?

技術

  • ブロックチェーンが予定通り正しく機能するか
  • システムに欠けている部分はないか

運用

  • 取引情報を記録してくれる運営者が集まってくれるのか
  • コインが公開する前に開発者が不当なコインを儲けてしまわないか心配

この他に、元のビットコインの取引情報がコピー・悪用されていないかという問題点もありましたが、これについては解決したと発表されています。

ビットコインゴールド(BTG)が購入できる取引所

残念ながら国内の取引所ではまだ扱っているところがありません。しかし、海外では主要な取引所であればどこでも購入することができます。以下は購入できる取引所なので参考にしてください。

Bittrex

アメリカで運営されている世界最大級の取引所です。
約200種類のアルトコインが用意され、手数料が0.25%と少し割高になっているのでサブとして利用している人が多いです。

Poloniex

アメリカの取引所で売買可能なアルトコインの種類は100種類前後に及んでいます。
世界トップクラスの売買量で、手数料は0.10~0.15%です。

HitBTC

ヨーロッパ系列の取引所です。
00種類以上のアルトコインで売買することができ、手数料は0.09~0.10%です。

海外取引所でBCGの取引を検討している人は、大手取引所であるビットフライヤーで口座開設して送金するのがセキュリティ的にも望ましいです。

リアルタイムチャート






トークン名 BTG
上場時期 2017年10月23日
上場価格 54,828円
発行上限 2100万
承認方法 PoW