ビットコインキャッシュ
仮想通貨の中でも人気や注目度の高い「ビットコイン」ですが、このビットコインと名前が似ている仮想通貨があります。それは、「ビットコインキャッシュBCH)」です。なぜ、ビットコインと名前が似ているのかなど、ビットコインとは異なる特徴や将来性についてご紹介します。

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュは、2017年8月より発行が開始された総発行枚数2100万枚の仮想通貨です。通貨単位はBCH、もしくはBCCと呼ばれています。

似ている名前である理由は、ビットコインからハードフォークされて生まれた仮想通貨なので、似ている名前が付けられたと考えられます。ハードフォークというのは、今までの仮想通貨に適用されていたルールが全て一新され、旧ルールが使えなくなってしまうことを指します。

ブロックチェーンの仕様を変更する場合は、仕様を変更しつつも前に使っていた仕様をそのまま使えるようにする方法と、新しい仕様を取り入れて元々あった仕様は無視してしまう方法の2種類がありますが、後者がハードフォークです。

ビットコインは人気でユーザーや取引量が増えていった結果、ブロックサイズの制限から処理能力が低下するというスケーラビリティが問題視されていました。

送金に時間がかかってしまい、高額な手数料を支払わないと時間通りに着金してくれない状況になってしまっていたのです。このような問題を解決するため、ビットコインのマイナーによって誕生したのが「ビットコインキャッシュ」となります。

こうした背景からビットコインに似ている名前となりました。実際、同じ部分もありますが、違う点もいくつか存在しています。

ビットコインとの違い・特徴

ブロックサイズが違う

ビットコインとの一番の違いは、ブロックサイズが違うという点です。先程問題に挙げられていたビットコインのブロックサイズは、1つのブロックで1MB(1秒間で6~7の取引ができるサイズ)となっています。

しかし、ビットコインが多くの人に利用されていることで取引量が多くなり、時間がかかってしまうようになりました。

その問題を根本的に解決するためにブロックサイズを8MBに設定し、ハードフォークを利用しなくても32MBへ拡張できるようにしたのが、ビットコインキャッシュです。

これによってたくさんの人が取引しても送金詰まりを起こさないようにしたのです。

Segwitの有無

Segwitとは、取引データへの署名は全てまとめてブロックに格納されていたのですが、それを署名部分のみ別の領域で格納することによって、ブロックには取引データのみの格納となり、署名データがない分多くの取引データを格納することができるというシステムです。

ビットコインにはSegwitの機能が備わっていますが、ビットコインキャッシュにはSegwitは導入されていません。

なぜ、Segwitを導入しなかったのかというと、実はSegwitは署名部分を別領域に保存することによって、マイニングの際に攻撃を受けてしまう可能性があると言われているためです。

また、攻撃を受けるリスクが高まる以外にも、Segwitによって取引処理能力が上がったとしても、それには限界があり、大きく向上するわけではありません。

それならブロックサイズを大きくしてしまった方が良いという考えから、採用されなかったと考えられます。

マイニング報酬の違い

BCHでもビットコインと同様にマイニングが行われます。マイナーが得られる報酬というのは、各仮想通貨によっても異なるのですが、ビットコインと比べた場合、かなりBCHの方が安くなっています。

総発行枚数は先程紹介したように2100万枚が限度になっているので、同じ労力を用いてマイニングを行うならビットコインを選ぶという人の方が多くなるのです。

このように、ビットコインとは様々な違いがみられることがわかりました。ビットコインキャッシュを今後利用することを考えている方は、ぜひビットコインとはどのような違いがあるのかをチェックしてみてください。

将来性はあるのか?

ビットコインの機能を上位互換している特徴を含め、今後アルトコインではなく、主軸の仮想通貨として認識されていく可能性は非常に高いと言えます。

仮想通貨ごとの時価総額を見てみると、2018年1月時点では1位がビットコインとなっていますが、BCHはリップルやイーサリアムに続き4位に入っています。

マイナーの数が増えればさらに価値が高まる可能性もあるでしょう。ただし、あくまでも予想に過ぎないので、今後何らかのトラブルが起きてしまえば下落する可能性も高いですし、逆に一気に高騰する可能性も十分に考えられます。

それでも機能面を見るとビットコインより高い性能であることはかなりプラス面になります。ここからビットコイン以上の仮想通貨になることは、決して無きにしもあらずなのです。

今後ビットコインキャッシュでどのような値動きが見られるのか、ぜひ注目してみましょう。

リアルタイムチャート






トークン名 BCH
上場時期 2017年7月23日
上場価格 45,383円
発行上限 2100万
承認方法 Proof of Work