仮想通貨には様々な種類がありますが、仮想通貨ブームのきっかけとなったのがビットコインBTC)の存在です。日常的に使うお金と同じ価値のある仮想通貨とはどんな特徴があるのでしょうか?仮想通貨の1種であるビットコインの仕組み購入方法取引所の選び方についてご紹介します。

注目の仮想通貨・ビットコインとは

ビットコイン
代表的な仮想通貨の一つであるビットコインは、インターネットで使用可能な通貨です。

お金としての価値が存在するものなので、日本国内でも決算可能なお店も増え始め、海外でも使いやすいことから多くの世代の人々に注目されているのです。

まずは仕組みやメリットをご紹介します。

仕組み

仮想通貨はブロックチェーンと呼ばれる仕組みからできており、現物の紙幣や硬貨のない通貨であり、中央銀行などの発行主体が存在しません。

管理の仕組みとしては、「P2Pネットワーク」と呼ばれる分散型ネットワークで取引データを共有して管理されています。

ブロックチェーンは今までの仮想通貨取引の台帳のようなデータであり、一つのサーバーで管理されているのではなく、世界中のコンピューターに分散されているため、発行主体の拠点がありません。

取引履歴が世界に分散されていることから実質破壊することは難しく、金融機関のような拠点があるシステムに比べて強固と言えます。

発行主体が存在しないので供給量のコントロールはできませんが、供給量の増え方はプログラミングされているので、上限以上の発行ができない点も特徴の一つと言えるでしょう。

電子マネーとの違いは?

インターネットを通じて使えることから、電子マネーと同類と思われる方も多いでしょうが、電子マネーの場合はその地域で使用する紙幣や通貨を発行会社にチャージという形で預け、電子的に振り出しが行われます。

しかしビットコインをはじめとする仮想通貨は、どこか発行会社に預けるのではなく、手持ちのお金を両替することで、支払いができるようになる通貨であり、電子マネーとは似ているようで異なるお金なのです。

  • メリット①【決済や海外送金に便利】
    紙幣や通貨と同じ価値があるので、決済に対応したお店ならスマホやタブレットのウォレットアプリを使用し、送金という形で決済が可能です。世界中の通貨に対応しているので、海外で飲食やショッピングをする際は通貨を所持していなくても支払うことができる利便性は大きなメリットです。さらに、送金までの時間がかかり、手数料が高くなりがちな海外への送金もスムーズに行えます。日本円を米ドルへ両替して送金する場合、手数料の目安が4000円から7000円程かかってしまい、先進国より発展途上国への送金はもっと割高になることが多いです。その点、管理主体がないので人的コストの負担が少ないため手数料が割安、国によっては1週間かかる送金も10分程で完了させられます。
  • メリット②【資産運用に活用できる】
    各国の貨幣と同様に需要と供給に応じて値動きするため、資産運用ができることでも注目が集まっています。リーマンショックの影響で不況だった2009年に登場しましたが、普及が進んで利用が拡大すると貨幣価値が上昇し、どんどん値上がりしました。FXや株式のような取引可能時間に制限がなく、少額から取引できるので、気軽に取引できる点もメリットです。

ビットコインはどうやって購入する?

利用するためには通貨自体を購入する必要があり、主に取引所・販売所、OTC取引、ビットコインATMから購入できます。

取引所、販売所

ポピュラーな購入方法は、取引所や販売所での購入です。国内から海外まで、仮想通貨を取り扱う取引所や販売所のアカウントを作成することで購入できるようになります。

電子マネーだと1ポイントあたり1円が多いですが、値が変動するため1BTCが高額になることもあり、0.01BTCから最低金額での購入が可能となっています。

1BTCあたり50万円なら、0.01BTCは5000円で購入することができるというわけです。

OTC取引

仲介所を介さず、ユーザー同士で売買する取引のことで、手数料がなく、合意で値段を決められる、市場に影響のないメリットがあります。

私的な売買となるため、信頼できる相手を探さなくてはならないことがデメリットです。

ビットコインATM

銀行にATMと同じく市場価格に応じて現金としての引き出しや、現金を両替してウォレットに入金できるシステムです。

利便性がありますが導入台数が少ないので、利用できる機械が今のところまだ少ないというデメリットがあります。

ビットコインを扱う取引所の選び方

取引所では売りたい人、購入したい人をマッチングする場所とイメージすると分かりやすいでしょう。現物の会場に出向くことはなく、ネット証券のようにインターネット上で取引が行われます。

日本国内にはほとんどの取引所で取り扱いが可能となっているので、どこにするか悩む方も多いかと思われるので、取引所の選び方をご紹介します。

活発な取引であるか

取引量が少ない取引所だと、小さな注文でも相場が変動しやすいので、取引量が活発な取引所が好ましいです。

入金方法の確認

取引所によって入金方法が異なり、銀行振り込み、ネットバンキング、コンビニ支払い、ビットコインATMなどで入金が行われます。

金融機関の都合で入金に時間がかかる、なかなか入金する時間がないなど入金に関する問題は多いので、入金方法に選択肢がある取引所だと便利です。

手数料を確認

資産運用目的に取引を行うなら、株式やFXと同じく売買手数料に注目しましょう。取引所によって売買手数料が異なり、わずかな差でも損につながるリスクがあるので、手数料の安さも確認してください。

セキュリティが万全か

取引では交換所が管理するため、消失のリスクを伴います。

実際、マウントゴックスの消失案件コインチェック騒動などもあり、セキュリティ強化を図った取引所が増えているので、どのような対策がされているか調べて選びましょう。

他の仮想通貨も購入できるか

仮想通貨はアルトコインなど、様々な銘柄が存在しているので、他の仮想通貨にも興味がある場合は、取扱う仮想通貨の種類が多い取引所の利用がおすすめです。

取引所によってサービスや特徴は異なり、一概にどの取引所が良いというものは個人差があります。

それぞれの特徴や選びメリット、デメリットを理解した上で、自分にあった取引所を選びましょう。

トークン名 BTC
上場時期 2013年4月28日
上場価格 14,788円
発行上限 2100万枚
承認方法 Proof of Work