ビットフライヤー


仮想通貨の中で人気の高いビットコインはもちろん、その他のアルトコインなども多数取り扱っている「ビットフライヤー」は、国内最大手の取引所となっています。

国内最大手となる仮想通貨取引所の特徴についてご紹介していきましょう。

ビットフライヤーはレバレッジを活かしたFX取引も可能

外国為替証拠金取引の略称でもある「FX」は、外貨と円の差益を利用して儲けを生む投資方法です。

一般的にレバレッジを多く掛けられることから人気があり、投資方法の一つとして選ばれることの多いものです。

通常は円を使って取引を行うのですが、実はビットフライヤーでは円ではなくビットコインを利用して取引を行うことが可能となっています。
しかも、円では時間などに制限がありますが、ビットコインであれば毎日24時間取引することができます。

レバレッジが多く掛けられるということは、自己資金が少なくても大きい額を動かせるということになります。

例えば、500万円分の取引を行うのにレバレッジ最大15倍を掛けて取引したとします。レバレッジがなければ自己資金500万円を用意しなくてはいけませんが、レバレッジを掛けているので500万円の1/15となる33.3万円分の自己資金があれば運用可能となるのです。

ビットコインは1BTC=約111万円であるため、1BTCあればかなりの運用資金になり、FXでBTCを増やすこともできるでしょう。(2月1日現在)

ビットフライヤーでFXを行うためには、「bitflyer Lightning」のトレードクラスを利用する必要があります。

こちらは口座開設のためのメールアドレス本人確認書類、本人情報の入力や取引目的を登録するだけで簡単にトレードクラスになることができるので、手続きもスムーズに済ませられ、FXを行うことができるでしょう。

ビットフライヤーでかかる手数料はどれくらい?

ビットフライヤーでは基本的に仮想通貨のスプレッド、そして入出金や送付において取引所へ支払う料金である手数料かかってきます。

スプレッド

販売所へ支払わなくてはいけない金額のことを指します。

スプレッドが大きければ大きいほど金額も高くなるため、なるべくスプレッドの低い取引所を利用した方が損をせずに済みます。
現在、ビットコインのスプレッドは販売所では無料となっていますが、取引所では0.01~0.15%アルトコインだと0.20%が差し引かれます。

入金時

ビットコインを購入する場合、まずは日本円を入金しなくてはなりません。

入金する方法は銀行振込、もしくはクイック入金によって行うことができるのですが、この時発生する金額を入金手数料と呼びます。

銀行振込の場合は無料となっており、コンビニ決済及びPayPalを利用した決済であるクイック入金になると324円がかかってしまいます。

しかし、銀行振込の場合でも、銀行側から発生してしまいます。銀行の手数料は400円程度なので入金の時にかかる金額だけを見ればクイック入金の方が安く済ませることができるでしょう。

出金時

出金手数料とは、仮想通貨を売ったことで得た日本円を銀行口座に移す時に発生する金額を指します。

こちらは三井住友銀行であれば3万円未満の出金で216円、3万円以上で432円となっていますが、それ以外の銀行口座へ出金する場合、3万円未満だと540円、3万円以上だと756円と、非常に割高となってしまいます。

ビットフライヤーを利用するのであれば、三井住友銀行の銀行口座を用意しておくと良いでしょう。

送付時

ビットコインを他の人へ送金する場合、0.0005BTCかかります。1BTC=約111万円(2月1日現在)の場合、送付手数料は約555円となります。

ビットフライヤーの入金は簡単?それとも面倒?

入金方法は比較的簡単に行うことができ、先程紹介したようにアカウントを作成した後にトレードクラスにする必要があります。

トレードクラスではない状態でも入金することは可能ですが、売買することができないので初めからトレードクラスにしておくと便利です。

入金方法

  1. まずホームページにログイン後、画面左にある「入出金」を選択します。
  2. その後日本円ご入金という表示が出てくるので、銀行口座名などの入金先をチェックしておきましょう。
  3. 銀行口座情報があれば設定は全て終わりです。

入金する際は、三井住友銀行の他に、住信SBIネット銀行も選択することができるので、どちらかの口座を作っておくと良いでしょう。

入金したい銀行口座情報が画面下部に記載されていなかった場合は、「銀行口座情報を追加する」から、入金したい口座情報を入力して登録してください。

注意点としては、日本円を振り込む際には必ず5桁の番号+名義人にしなくてはなりません。

この番号を忘れてしまうと入金することができないので、5桁の番号は忘れないよにしましょう。

ビットコインでのFX取引などが行えるビットフライヤーでは、手数料が高い部分もありますが、様々な仮想通貨を扱っているというメリットもあります。

国内最大手という信頼感も持つ取引所です。

運営会社 株式会社bitFlyer
代表取締役 加納裕三
設立年月日 2014年1月9日
加入協会 日本仮想通貨事業者協会など
金融庁登録番号 関東財務局長 第00003号