仮想通貨のゼロエックス(ZRX/0x)とは、どのようなものなのでしょうか。

特徴やチャート・過去の価格推移からゼロエックス(ZRX/0x)の将来性を詳しく解説していきます。

ゼロエックス(ZRX/0x)とは?

ゼロエックス(ZRX/0x)とは、主にイーサリアム関係のトークンを自由に取引できる、非中央集権型の取引所を作成するプロジェクト、アルトコインです。

基本情報

通貨単位 ZRX
公開日 2017年8月11日
発行上限 10億ZRX

既にこのゼロエックス(ZRX/0x)プロトコルを採用しているプロジェクトもあり、今後がかなり期待できるコインでもあります。

イーサリアムのプラットフォームを使っている

ゼロエックス(ZRX/0x)はイーサリアムのブロックチェーンを使って発行されています。

イーサリアムのプラットフォームを使う仮想通貨は様々ありますが(オーガ(Augur/REP)やゴーレム(GNT)など)取引には手数料がかかるのがネックになっていました。

そんな中、発行された新しい仮想通貨トークンを、手数料がほとんどかからないようにして交換できるといった機能を備えているのが、このゼロエックス(ZRX/0x)です。

新しい仮想通貨トークンを交換する時の手数料が少なくなると、ICOへの参加が簡単になり、新しい仮想通貨トークンの広まりが早くなって、仮想通貨をより大きく盛り上げられる可能性が高くなります。

ゼロエックス(ZRX/0x)が広まるようになれば、より簡単に仮想通貨の交換ができるようになり、その分取引の流動性も高まるのです。

 

ゼロエックス(ZRX/0x)は手数料が安く送金も早い

ゼロエックス(ZRX/0x)は非常に手数料が安く、そして送金スピードが速いのも特徴の一つです。

取引の際には、ゼロエックス(ZRX/0x)をブロックチェーン上で取引するのではなく、オフチェーンで取引が実行されます。

オフチェーン取引とは、手数料削減と素早い取引、スケーラビリティ問題にも対応している方法です。

オフチェーン取引を採用

また、分散型取引所には、取引をする速度が中央集権型取引所よりも遅いといった弱点がありました。

しかしゼロエックス(ZRX/0x)では、オフチェーン取引をすることで素早い取引を行えるようにしているので、その弱点を補って使いやすくしています。

分散型取引所を作るプロジェクトとして、ゼロエックス(ZRX/0x)でのオフチェーン取引採用は良い選択だと言えるでしょう。

リレイヤー(仲介者)への報酬

さらにゼロエックス(ZRX/0x)はリレイヤーという仲介者が入ることで取引が行われます。

取引を行う人はほとんど手数料をかけず、リレイヤーには報酬が支払われるので、リレイヤーをする人にとっては取引する人が増えるほど報酬が支払われるのも魅力となっています。

リレイヤーは誰でもなることができるので、ゼロエックス(ZRX/0x)の人気はますます高まるかもしれません。

カウンターパーティのリスクが少ない

既存の中央集権型の取引所では、ハッキングやサーバーダウン、取引所そのものの破算などの危険がつきものです。

特にハッキングが行われた場合、自分の保有コインをすべて持っていかれてしまう可能性が高く、取引所のウォレットなどにコインを入れっぱなしにしておくのは大変リスクがありました。

分散型取引所を目指すゼロエックス(ZRX/0x)の場合は、イーサリアムのもつ分散型ネットワーク上にゼロエックス(ZRX/0x)があるため、取引の失敗やサーバーダウンの可能性がありません

最大のメリットは高セキュリティであること

さらに資産は分散型ネットワークにあるので、盗まれる可能性も低くなるのです。

オープンソースで広く使われているという点も、改ざんを防ぎセキュリティを上げる一因でしょう。

自己管理をしっかり行えば、仮想通貨ゼロエックス(ZRX/0x)は非常にセキュリティの高い仮想通貨と言えます。

ゼロエックス(ZRX/0x)のチャート・価格推移

2017年の始まりから、ほとんど変動のなかったゼロエックス(ZRX/0x)でしたが、2017年12月で価格が倍に高騰し、翌月の2018年1月には10倍の値段となる大高騰を記録しました。

その後下落していきましたが、2018年4月にはまた少し価格が上昇し、最初の値段から6倍程度の値段で推移を見せています。

ゼロエックス(ZRX/0x)の将来性は?

価格が安定してきているものの、また再び高騰する可能性は十分にあると言えるでしょう。

しかし、今現在目立った新規プロジェクトを行っている訳ではないので、見方を変えるとこのままプロジェクトがなければ下火になってしまう可能性もあります。

イーサリアムの新規トークンでも簡単に交換できるようにするというのがこのプロジェクトでもあります。

そのため、イーサリアム系の仮想通貨から将来性が期待できるものが出ればまた高騰するかもしれません

さらに言えば、ゼロエックス(ZRX/0x)自体からまた新規プロジェクトが立ち上がればさらなる盛り上がりを見せてくれることも考えられます。

ゼロエックス(ZRX/0x)を取り扱う取引所は?

ゼロエックス(ZRX/0x)は残念ながら日本で購入することはできません。

ですから、海外の取引所を経由しなければ購入できないのです。

ゼロエックス(ZRX/0x)が購入できる取引所は、BINANCEやPOLONIEXなどがあります。

海外取引所で仮想通貨を購入するには、まず日本の取引所に登録し、そこで日本円をイーサリアムやビットコインなどに交換して、別途登録した海外取引所に送金してから購入するという手続きを踏んでください。

↓BINANCEについての詳しい記事はこちら↓

↓POLONIEXについての詳しい記事はこちら↓

まとめ

イーサリアム系の仮想通貨は、ゼロエックス(ZRX/0x)でさらに盛り上がりを見せる可能性が秘められています。
今後の動向にも注目していきましょう。