2016年4月に公開されたウェーブス(WAVES)は、分散型の金融取引プラットフォームであり、CAT(Custom Application Token)と呼ばれる機能が注目されている仮想通貨です。

WAVESプラットフォームのブロックチェーン上で独自に仮想通貨を発行できるため、安全性の高さも確保されていますが、購入するためにはどの取引所が良いのでしょうか?

仮想通貨購入の方法や、おすすめの取引所などをご紹介します。

ウェーブス(WAVES)とは

ウェーブス(WAVES)とはロシア生まれの仮想通貨で、ネクスト(NXT)から派生した通貨となります。

元々ネクストはビットコインからの派生であるため、この仮想通貨も元はビットコインの派生となっていますが、今までのネクストの多機能性をそのまま引き継ぎ、さらに新機能を備えている独自のトークンプラットフォームという特徴を持っています。

主な特徴は、独自のトークンを簡単に発行することができるカスタムアプリケーショントークン(CAT)が可能で、プラットフォーム上に自分だけの仮想通貨を発行することができたり、他の仮想通貨との送金など取引にも利用することができます。

トークンの発行も5分程度の時間でできて、安全性も高くなっています。

またアセットエクスチェンジを利用すると、発行したカスタムトークン同士の交換ができますが、ウェーブス(WAVES)のサーバー上でマッチングを行ってくれるため、相手を自分で探すこともありません。

さらに「Waves NG」と呼ばれているアルゴリズムを採用しているため、超高速送金が可能となります。

その速さは秒間約100トランザクションであり、これが限界数ではないため、今後のアップデートでさらに秒間1,000トランザクションの承認を目標にしています。

法定通貨との交換も可能なので、柔軟性の高い仮想通貨となります。

特徴まとめ
  • カスタムアプリケーショントークン(CAT)が可能
  • 超高速送金が可能
  • 分散型取引所ではCAT同士で通貨を交換可能

↓そのほかの詳しい特徴は以下の記事でも解説しています↓

ウェーブス(WAVES)が購入できる取引所

ウェーブス(WAVES)は日本では取り扱いがないため、海外の取引所で購入することになります。

取引所別取引高ランキング

WAVES取引所別取引高ランキング
WAVES取引所別取引高ランキング

なかでもウェーブス(WAVES)購入におすすめの取引所は以下です。

バイナンス(Binance)

中国で生まれたバイナンス(Binance)は、取引高が世界1位という実績のある場所で、今後仮想通貨で資産構築していきたい方に注目されています。

取扱通貨も豊富で、多くのアルトコインを取り揃えていて、知名度の低い草コインも積極的に取り扱っていることで知られています。

このバイナンス(Binance)の主なメリットは、世界トップクラスの手数料の安さで、全ての仮想通貨の取引手数料がどこよりも安くなっているのです。

また、独自のトークンであるバイナンスコインを使用することで、手数料がさらに50%オフになるのも魅力的です。

最近まで日本語対応が可能だったのですが、現在は金融庁の規制などの関係により翻訳ボタンから日本語の選択が必要になりました。

グーグルの翻訳ボタンから日本語の選択で日本語でも取引が行えますが、これが手間に感じる場合はデメリットになるでしょう。

ビットレックス(BITTREX)

アメリカで生まれたビットレックス(BITTREX)は、アルトコインを多く取り扱っているだけでなく、新規上場の仮想通貨も豊富に取り揃えています。

その取扱い通貨は約200種類で、ビットコイン建てやイーサリアム建てでも100種類近い通貨の取引が可能です。

バイナンス(Binance)と同じように取引手数料が安く、また取引量も世界トップクラスとなりますが、日本円での仮想通貨取引ができないため、基本的にビットコインを買ってから他のアルトコインを買うという流れになります。

基本的に英語表記になっているため、登録が大変だと感じてしまうこともあるでしょう。

各取引所の登録方法

ウェーブス(WAVES)を手に入れるために、それぞれの登録方法をご紹介します。
どちらも似ていますが、比較してみてやりやすい方に登録してみましょう。

バイナンス(Binance)

  1. 公式サイトからアカウント作成、もしくは登録をクリック。
  2. メールアドレスやパスワードを入力して利用規約に同意のチェックして登録します。
  3. 登録したアドレスにメールが届き、記載されているリンクをクリックして完了です。
  4. 口座開設後に2段階認証設定を行います。
    右上からユーザーセンターをクリックします。
  5. Google Authentificatorをダウンロードしますが、既にダウンロードしている場合は省略します。
  6. Google Authentificatorダウンロード後、バーコードスキャンからQRコードを読み込みます。
  7. バックアップコードをメモします。
  8. 6桁のコードを記入してGoogle認証の有効化をクリックして、2段階認証が有効になります。

ビットレックス(BITTREX)

  1. 公式サイトからLOGINをクリック。
  2. Sign Upをクリックして、アカウント作成画面にメールアドレスやパスワードを入力して利用規約にチェックして登録します。
  3. 登録したアドレスにメールが届き、メールからログインして完了です。
  4. 次に本人認証を行います。
    ログイン後に左上のSettingsをクリックします。
  5. Upgrade to Basicをクリックし、名前や誕生日、住所などの登録をします。
  6. 本人認証後に、電話番号認証を設定します。
    Phone Verificationから日本を選択し、自分の携帯番号の最初の0を取った数字を入力してSubmitをクリックします。
  7. SMSで送られてきた6桁の番号を画面に入力すると完了です。

※バイナンスと同じようにGoogle Authentificatorで2段階認証設定をすると、さらに安全性を高めることができます。

それぞれの登録方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?
今後の発展が注目されるウェーブス(WAVES)を、この機会に手に入れてみましょう。