仮想通貨はICOにより様々な銘柄が登場しており、発行された仮想通貨の多くは新しい投資先として人気があります。

しかし、なぜICOで仮想通貨を発行しているのかよく分からない方も少なくないでしょう。

そこで、ICO投資とは何なのか、投資するメリットや投資先を選ぶポイント・メリット・注意点・やり方・情報収集方法について解説します。

ICO(initial coin offering)投資とは?

ICO(initial coin offering)とは、特定のプロジェクト開発や実行を目的に、仮想通貨を通じて資金を調達する方法を指します。

つまりICO投資とは、そのプロジェクトに資金を投資する代わりに、独自の仮想通貨が上場して市場に出回る前に手に入れることです。

ICOは「クラウドセール(Crowd Sale)」「トークンセール(Token Sale)」「トークンオークション(Token Auction)」とも呼ばれます。
ICO

どんなメリットがあるのか?

市場に出回る前の仮想通貨を得るということは、以下のようなメリットがあります。

  • 世界中の案件に少額から投資ができる
  • 大きなリターンを狙えるチャンスがある

ひとつずつ解説していきます。

世界中の案件に少額から投資ができる

従来の資金調達では証券会社や銀行などが仲介しますが、ICOの場合は投資家が直接投資することができます。
なので、従来の資金調達よりも手数料を抑えることができるのです。

しかも、インターネットを経由して世界中のICO案件へ気軽に投資ができ、少額から投資して仮想通貨を手に入れることができます。

中には小さなベンチャー企業や個人案件も多く、大小問わず将来性やビジネス性、公益性のある案件に投資することが可能です。

セールのタイミングによっては仮想通貨を通常より安く、どこよりも早く購入できるというメリットもあります。

大きなリターンを狙えるチャンスがある

ICOで発行された仮想通貨は株などと比べ元々の値段が低い傾向があります。

そのため、上場後は短期間で価格が大きく値上がることがあります。

プロジェクトに将来性が高く、需要が増えれば、価格が高騰して大きなリターンを得る可能性があるでしょう。

半熟女子半熟女子

大きなリターンかぁ~。過去にはどのくらい高騰した銘柄があったの??

仮想通貨レンジャーRED仮想通貨レンジャーRED

例えば、「銀行口座を持たずに決済を可能にすること」を目的としたOmise Go(OMG)は、2017年にICOを行い、トークンセールの価格は1OMGあたり22.48円でしたが、2018年1月には3,000円近くまで高騰しました。

半熟女子半熟女子

ひゃー!実施から100倍以上も値上がってるじゃん!

参加のやり方・流れ

ICOの流れ
  1. 準備
    独自トークンの発行、ICO用webサイトの作成、ホワイトペーパーの作成など
  2. アナウンス
    情報サイトでの告知
  3. オファー
    プロジェクトの期限や発行枚数など具体的な契約・投資条件が設定されます。
  4. 販売開始

販売開始の直前に「プレICO」や「プレセール(Pre Sale)」を行うプロジェクトもあります。

ICO情報サイトでの告知については、大規模なサイトがありますので後述します。

ICO投資参加の流れ
  1. 参加に必要な仮想通貨を用意
  2. ウォレットを用意
  3. ICOに参加
  4. 専用の送金先アドレスに入金
  5. 独自トークン受取

多くのプロジェクトでは、交換用の通貨としてイーサリアム(ETH)ビットコイン(BTC)を用意しておけば問題ないですが、時々認知度の低いアルトコインが指定されることもあるので注意が必要です。

ウォレットをまだ作っていない場合、本人確認などで新しくつくるのに時間がかかってしまうこともありますので余裕をもって作成しておいた方がおすすめです。

ICOに参加し、設定されたICO専用の送金先アドレスに交換用通貨を入金すれば、追って独自トークンが配布されます。配布されたかどうかは必ず確認しましょう。

投資先はどう選べばいい?注意点

参加する方法は、イーサリアムなどの仮想通貨を購入し、My Ether Walletなどのウォレットを用意し、トークンセール中に投資したいプロジェクトの公式サイトで公開されている送金アドレスに仮想通貨を送金することで、発行された仮想通貨を入手することができます。

まずはどこに投資するのかICO案件を決める必要がありますが、中には詐欺まがいのプロジェクトもあるので、慎重に選ばなければなりません。

では、投資先はどう選べばいいのかご紹介しましょう。

仮想通貨の本質を見極める

ICOは様々な目的のために行われているので、どんな目的で、どのような計画で準備しているのか見極めることが大切です。

仮想通貨の性能が素晴らしい案件が2つあった場合、将来のビジョンが明確にしている案件と今後の計画などが曖昧な案件ではどちらに投資したいと感じるでしょうか?

前者は明確な目的を持ってプロジェクトを行っていますが、後者は金儲けが目的と考えられるので、後者への投資はリスクがあると言えます。

ICO投資は大きなリターンに期待できますが、目先の利益に惑わされず、仮想通貨の本質に目を向けましょう。

開発メンバーとアドバイザーを確認

公式サイトで開発メンバーやアドバイザーに誰がいるのか、知名度はどのくらいなのか確認しましょう。

仮想通貨の場合、通貨や技術の信用度によって価格が変わってきます。

株でいれば有名企業であるほど株の信用度が高いのと同じく、仮想通貨も開発チームやアドバイザーの知名度の大きさで信用に差が出てくるのです。

無名の人物や企業が仮想通貨をつくるよりも、実績を持つ人物やICOを経験している人物が参加している仮想通貨の方が安心できるでしょう。

ホワイトペーパーの細かさを見る

ほとんどの案件でホワイトペーパーが用意されています。

これは仮想通貨に関する説明書のようなもので、仮想通貨の性能をはじめ、設計システム構築メンバーレートなどの情報などが全て網羅されているので、投資家はこれを見て投資の判断を行っているのです。

基本情報の収集はもちろんですが、どれくらいのレートで取引予定なのか、どのくらいの還元率なのか細かく見ましょう。

最近は適当なホワイトペーパーを用意してICOを行う詐欺案件もあるので、じっくり読んでプロジェクトの実態を把握することが大切です。

ICO割れのリスクもある

最近では「ICO割れ」と呼ばれる状態のプロジェクトも数多く見られます。

これは上場した後に当初のICO価格よりも安く市場で取引される状態のことです。

これは株式投資におけるIPOの「公募割れ」をなぞった表現です。

過去スピンドル(SPD)やノアコイン(NOAH)が「ICO割れ」を起こしたことがあります。

入念に情報収集して信用できる案件に投資しましょう。

ICO専門情報サイト

アナウンスがされる専用サイトは主に以下が有名です。

日本の規制は?

中国でICOが禁止されたように、国によって規制内容は異なります。

現在日本では金融庁から価格の下落詐欺被害についての注意喚起はされていますが、ICO自体を禁止するものではありません。※2018年7月時点

金融庁が取引所に仮想通貨交換事業者の登録を課したように、今後ICOについても適切な規制が整備される可能性は十分あります。

税金はどうなる?

利益が出た場合、利確した時点で雑所得として税金を納める必要があります。

↓仮想通貨の税金についての記事はこちら↓

初心者はプレセールよりもクラウドセール

ICOには様々な案件があり、中には投資が行われる前から注目されている案件も多いです。

しかし、資金を騙し取ろうとする詐欺被害も少なくないため、公式サイトや進行度など情報収集に徹底し、信用できる案件に投資しなければなりません。

また、ICOにははプレセール(プレICO)とクラウドセール(ICO)の2つの期間が設けられているものもあります。

最初に行われるプレセールは仮想通貨を安く購入できますが、情報が少ないのでリスクが上がるでしょう。

そうなると、少し価格は高くなりますが情報が確立してリスクが軽減されたクラウドセールの方が初心者には安全と言えます。

販売のタイミングによってメリットとデメリットがあるので、その点も理解して投資をしましょう。

ICO投資は上手くいけば短期間で販売よりも100倍や1000倍の価格まで上がるので、大きなリターンを期待する人は未来ある案件に投資してみてください。