世界中には多くの仮想通貨が存在していますが、ビットコインやリップルが高騰したように、新たに高騰するコインがないか気になっている人も多いでしょう。

多くあるコインの中でも最近は「ファクトム(FCT)」と呼ばれるコインに注目が集まっているので、どういった内容であるのか特徴や取り扱いのある取引所についてご紹介していきましょう。

ファクトム(FCT)の特徴とは?

2015年に公開されたファクトムは、アメリカのテキサスにあるFactom.Inkと呼ばれる企業が運営しているプラットフォームの名称となります。

プラットフォームを利用するためには仮想通貨が必要となるのですが、そのコインの名称は「Factoid(ファクトイド)」と呼ばれ、利用料として支払われます。

ファクトムが作られた目的としては、保険や証券、貸付記録などの書類やデータをビットコインなどで使用されているブロックチェーンを用いて管理することで、名称の由来でもある英語のFact(事実)が示すように、第三者の管理がなくとも事実を証明することが可能なのです。

そのため、印鑑証明や登記簿、住民票などの公的な書類もWEB上で記録や証明ができ、書類の取り寄せ時にも手間を省くことができるとあり大変注目を集めています。

↓ファクトム(FCT)のについての詳しい記事はこちら↓

ファクトム(FCT)のメリットとは?

最大のメリットとしては、安心安全にデータを管理できる点でしょう。

現在、様々な文書やデータは書類によって管理されていたり、電子データを用いて保存や保護されていますが、保護していくためには多大なコストが必要になります。

セキュリティ対策もきちんと行われなければ、情報が第三者に渡ってしまうことも考えられます。

しかし、ハッカーによる攻撃やウイルスの感染によって、多くの情報が漏えいされることも多く、ニュースで話題になることも多いです。

すると、企業にとっては信用が失われることで存続が危ぶまれることにもつながってしまいます。

ですが、ファクトムを利用することでデータを分散して管理することができ、ブロックチェーンの強みでもあるデータの改ざんや消失のリスクをなくすことができるので、高い安全性のある管理が行えるのです。

また、ブロックチェーン上ではデータは暗号化されて記録されるので、個人情報などの大切な情報が漏えいすることもないとされています。

ファクトムハーモニーとは?

ファクトム(FCT)は独自のプロジェクトを行っているのですが、その名称が「ファクトムハーモニー」と言います。

アメリカの住宅ローン市場向けのプロジェクトで、2017年3月に発表されました。

アメリカの住宅ローン市場は様々な書類の管理や保存を行うだけで年間で約5兆円ものコストが掛かるとされています。

住宅ローンの契約には不動産屋や金融機関などの第三者を交えて契約が行われますが、その分セキュリティや中間マージンに不安を覚える人も多いでしょう。

ですが、ファクトムハーモニーを活用することで、ブロックチェーン上で管理がされるので改ざんや不正を防げるだけでなく、膨大なデータも安全に管理がされます。

第三者を挟む必要もなくコストも削減できるので、企業だけでなく顧客としても安心して住宅ローンの契約ができるということになります。

DLOC by SMARTRACプロジェクトとは?

もう一つ注目されているプロジェクトが「DLOC by SMARTRAC」です。

SMARTRAC社と連携して開発・運営されているプロジェクトで、オフラインで管理されているデータをオンラインで保管・管理を行うシステムとなっています。

出生証明書や医療記録などの個人情報をDLOCというステッカーで管理し、バーコードを読み取ることで中身を確認することができるのです。

セキュリティに不安を感じる人もいるでしょうが、ブロックチェーン上で記録されていくので、不正や改ざんは困難とされます。

医療機関で使用されれば、過去の医療履歴やアレルギーについてなど様々な情報が管理されることとなるので、様々な病院を受診したとしても、毎回的確な診療が行えることになります。

購入するための登録方法とは?

独自のプロジェクトを展開しているファクトム(FCT)を利用するためには、どの取引所がおすすめなのでしょうか。

FTCは欧米を中心に注目されている仮想通貨となっているので、購入するためには海外の取引所を利用しても良いでしょう。

中でも海外の大手でもあるPoloniex(ポロニエックス)は日本でも利用している人が多いです。

そこで、Poloniex(ポロニエックス)の登録方法についてご紹介していきましょう。

  1. 公式ホームページにアクセスし、「Create Your Account」をクリックします。
  2. アカウントの作成画面に移動するので、
    • Fist Name:名前
    • Last Name:苗字
    • Country:国籍
    • Phone Number:電話番号
    • Email:メールアドレス
    • Password:半角英数字8文字以上

    を入力し、ロボットではありませんにチェックを入れて「Create Account」をクリックしましょう。

  3. 登録したアドレスにメールが届くので確認し、メール本文にあるURLをクリックすると、サインインの画面が表示されるので、アドレスとパスワードを入力します。

以上でアカウントの作成は完了です。

次に送金制限を解除するためにも本人確認を行い、セキュリティ対策として2段階認証も忘れずに行いましょう。

ファクトム(FCT)は、企業や政府にとってもメリットが多いので、今後さらに発展する可能性を秘めているコインとなっています。

今後の動向に注目し、購入を考えているのであれば様々な取引所を比較してから登録を考えてみましょう。