2017年10月にビットコインから分裂した仮想通貨として知られる「ビットコインゴールド(BTG)」は、マイニングの分散化を実現させるために誕生した仮想通貨です。

ビットコインとは派生した銘柄ではあるものの、ビットコインにはない魅力を持ち合わせています。

では、どのような特徴を持っていて、どの取引所で取り扱っているのでしょうか?

歴史・特徴から取り扱う取引所の比較、さらにおすすめまでご紹介します。

ビットコインゴールド(BTG)の歴史・特徴

ビットコインゴールド
そもそもなぜこの銘柄が誕生したのかというと、寡占状態にあったビットコインマイニングを分散させることが目的でビットコインゴールド(BTG)が誕生しました。

マイニングしやすい環境を作るための通貨

今までもビットコインキャッシュなど、ビットコインから派生したアルトコインはいくつもありますが、今までは開発者側とマイナー側同士が対立したことが原因で分裂することが多く見られました。

しかし、ビットコインゴールド(BTG)は決して対立構造があったわけではなく、単純に分裂によってマイニングしやすい環境を作ることが目的となっています。

そもそもなぜマイニングは寡占状態になったのか?

元々ビットコインマイニングは「ASIC」と呼ばれる専用マイニングマシンを利用して行っていました。

現在の環境だとこのASICを何台所有しているか、そして電気コストをいかに抑えるかによって利益が得られるようになっています。

つまり、ビットコインのマイニングは設備投資が十分にできている規模の大きいマイニング組織でないと利益を得ることが難しいのです。

結果的にビットコインマイニングは現在中国にあるいくつかの企業が寡占的に行われている状態となってしまっています。

「GPU」マイニングシステムの導入

香港のマイニンググループである「LightningASIC」が主導となり、マイニングをより公平的に行える仮想通貨を作ろうとした結果、生み出されたのがビットコインゴールド(BTG)です。

こちらはビットコインマイニングには欠かせないASICの仕様を禁止し、「GPU」と呼ばれている一般の人でも利用できるマイニングシステムを導入しました。

マイニングの公平性を高める技術

さらに「UAHF」と呼ばれる、マイナー側が自由にブロックサイズを選ぶことができる技術も導入しており、マイニングの公平性を高めた仮想通貨として注目されました。

ビットコインゴールド(BTG)の将来性

マイニングしやすい環境を作ることが目的でつくられたコインだということもあり、一部では開発者自身がマイニングでお金を得るためにつくられたコインだとも言われています。

そのため、ビットコインゴールド(BTG)の将来性については正直まだまだリスキーであり、長期保有よりもデイトレード目的で期待する方がおすすめです。

ビットコインゴールド(BTG)を取り扱う国内取引所

2018年6月現在、ビットコインゴールドを国内で取り扱っているところはありません。

国内取引所のザイフ(Zaif)は今後取り扱わない方針を表明しました。

しかし一方でビットフライヤー(bitfliyer)はビットコインゴールドの公式HPに近日公開予定の取引所として記載されています。

今後国内取引所で取り扱う可能性が最も高いのはビットフライヤー(bitfliyer)でしょう。

もし急ぎじゃない場合はビットフライヤー(bitfliyer)での公開を待つ方がベターかもしれません。

急ぎでビットコインゴールドを入手したい場合は、海外の仮想通貨取引所を利用するようにしましょう。

ビットコインゴールド(BTG)を取り扱う海外取引所

購入するためには海外取引所を利用する必要があります。

取り扱っているところは以下の通りです。

  • Binance(日本での営業は停止していないが、過去金融庁からの警告あり)
  • Bitfinex
  • Bithumb
  • Bittrex
  • HitBTC(日本居住者向けサービス停止中)
  • Huobi(日本居住者向けサービス停止中)
  • OKEx
  • Upbit

8ヶ所で取り扱われていることが分かりました。

香港の企業が主導となって立ち上がった仮想通貨であるためか、主に香港の取引所で取り扱われているようです。

しかし、金融庁の動きを受けて日本居住者向けのサービスを停止している海外取引所もあります。

↓日本居住者向けサービス停止中の海外取引所についてはこちら↓

今回は日本居住者でも登録可能な取引所からおすすめを紹介します。

おすすめ取引所はBitfinex

BITFINEX
ビットコインゴールド(BTG)を取り扱う海外取引所の中でもおすすめはBitfinexです。

Bitfinexは取引高は世界で5位にランクインする大規模取引所の1つです。

また、レバレッジやレンディング(ファンディング)のサービスがあり、これにビットコインゴールド(BTG)も利用できるのです。

そのため、少ないビットコインゴールド(BTG)の元手でも利益を出せる見込みが最も高い取引所だと言えます。

以下ではレバレッジやレンディング(ファンディング)のサービスについて詳しく解説します。

ビットコインゴールド(BTG)のレバレッジ取引

Bitfinexのレバレッジ倍率に関しては、他のビットコインゴールド(BTG)を扱う海外取引所よりも高い、最大3.3倍という設定です。

ビットコインゴールド(BTG)を取り扱う取引所に限らなければ、もっとレバレッジの設定値が高いところはありますが、設定値が高ければ高いほど損失時のリスクも大きくなります。

ビットコインゴールドの将来性が未だ不透明であることからも、3.3倍はちょうど良い設定と言えます。

ビットコインゴールド(BTG)のファンディング(レンディング)ができる

BITFINEXでは「Margin Funding」というレンディングサービスを提供しています。

これはユーザーが信用取引を行う人にお金を貸し出すことができるサービスであり、ビットコインゴールド(BTG)をはじめ、米ドルやビットコイン、イーサリアムなどを一定期間まで他のユーザーに貸すことが可能です。

金利を指定して貸すことができ、その金利を報酬として受け取ることができます。

BITFINEXのメリット・デメリットまとめ

BITFINEXでビットコインゴールド(BTG)の取引をする場合のメリット・デメリットをまとめていきます。

Bitfinexのメリット
  • Margin Fundingで仮想通貨の貸し出しを行い、利益が得られる。
  • 3.3倍のレバレッジ取引ができる。
Bitfinexのデメリット
  • 日本語表記がない
  • 取り扱い通貨数が少ない
  • 過去に2度のハッキング被害

Bitfinexでビットコインゴールド(BTG)を購入する場合、その手数料はメイカーが0~0.1%、テイカーが0.1~0.2%となります。

デメリットとして紹介した「日本語表記がない」については、他の日本語対応していない海外取引所と比較して取引画面などがシンプルなので、少し英語がわかれば使い勝手は悪くないという口コミも多くあります。

また、「過去に2度のハッキング被害」は、逆にハッキング被害を経験したことによってセキュリティが強化されているとも考えられるのではないでしょうか。

もし海外取引所を利用する場合は国内取引所で一度ビットコインなどを日本円で購入してから、そのビットコインを海外取引所へ送金する必要がありますのでご注意ください。

↓Bitfinexの登録・入金方法などについての記事はこちら↓