今や仮想通貨の認知度は世界中で高まっています。

実際に購入をするためには取引所に登録する必要があります、初心者はどこに登録するか悩みがちでしょう。

また、適当に選んでしまうと失敗してしまうことがあるので、自分に合った場所を選ぶことが大切です。

では、どのように選べば良いのか、選び方のポイントをご紹介します。

取引所とは売買をマッチングする場所

そもそも仮想通貨取引所とは、通貨を買いたい人と売りたい人が取引する場所です。

銀行などの金融機関のような店舗は存在せず、取引はネット上で行われます。

中には販売所がありますが、これはユーザー同士のやりとりで通貨を手に入れるのではなく、運営会社から購入する方法です。

取引所とは異なり確実に購入できる反面、価格が固定されているので取引よりも割高になりやすい欠点があります。

取引所は手に入るまで時間がかかるものの、販売所以上の価値で売買できるメリットが大きいです。

国内取引所を選ぶポイントとは?

国内にはビットフライヤー(bitFlyer)とザイフ(Zaif)などの複数の仮想通貨取引所があるため、どこに登録すればいいのか悩む方は多いでしょう。

それぞれ特徴があるので、それを知らないと損をしてしまう可能性があります。

具体的にどんなことに注意して選べば失敗を回避できるのか、さっそく見ていきましょう。

使い勝手

ネットでの取引となりますが、使い勝手の良さは場所によって異なります。

画面の情報量が多くプロトレーダー向けのつくりで初心者には把握しにくい場所もあれば、シンプルで取引画面や購入画面が見やすい場所もあります。

使い勝手が悪いとストレスとなるので、自分が使いやすいと思った場所を選びましょう。

登録前は判断が難しいので、実際に複数登録して操作性を比較すると良いです。

取り扱い通貨の種類

仮想通貨と言えばビットコインが有名ですが、それ以外にもたくさんのアルトコイン(草コイン)が存在します。

↓あるとコイン(草コイン)についての記事はこちら↓

日本は海外よりも取り扱う銘柄は少ないものの、ビットコイン以外の通貨も人気なので複数の通貨で取引したい場合は種類や数に注目しましょう。

中には国内で取り扱いが少ない銘柄に対応していることもあります。

手数料を比較

取引や入金、出金には手数料が発生します。

わずかな金額でしかありませんが、場所によって割合が大幅に違うため、取引量に応じては損を招くでしょう。

自分が求める通貨を安く取引できる場所を選ぶと良いです。

セキュリティの確認

日本を含め世界中でハッキング行為が確認されており、実際に不正流出の被害にあった取引所もあります。

日本でも被害を受けているので、セキュリティが万全な場所を選びましょう。

どのようなセキュリティ対策を行っているか提示している場所は信頼性があります。

また、セキュリティ対策の方法によってはメリット・デメリットがあるので、本当に安心かどうかを確認し、どう管理したいか考えて選んでください。

おすすめ取引所と登録方法

国内主要取引所
国内で仮想通貨の取引を始めるなら、ビットフライヤー(bitFlyer)とザイフ(Zaif)がおすすめです。

口座開設は本人確認の書類が必要ですが、難しくはないので初心者も気軽に登録できます。

それでは、それぞれの登録方法を簡単にご紹介しましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー


ビットフライヤー(bitFlyer)は取引量とユーザー数が国内トップレベルなので、盛んに取引が行われています。

セキュリティが強固と評判です。

さらに不正ログインで通貨が紛失した場合は、補償サービスを受けられるので初心者も安心でしょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

    1. アカウント作成
      公式ホームページでメールアドレス、もしくはfacebook、Yahoo ID、Googleでアカウントを作成しましょう。
      利用規約や確認事項を確認したら4項目にチェックを入れて次に移動し、取引の流れを確認したら個人情報の登録画面に移動しましょう。
    2. 個人情報の登録
      名前や生年月日、国、住所、電話番号などの個人情報を入力してください。
      全ての機能を使うためには本人確認の書類提出が必要なので、書類と間違えがないように入力しましょう。
    3. 本人確認書類を提出
      本人確認には次の書類が有効です。

      • 運転免許証
      • 健康保険証
      • 住民票の写し
      • マイナンバーカード
      • パスポート
      • 特別永住者証明

文字や写真が確認できない画像だと再度提出を求められるので、はっきりと映った写真を送りましょう。

↓ビットフライヤー(bitFlyer)についての特徴・評判など詳しい記事はこちら↓

ザイフ(Zaif)

ザイフ


ザイフ(Zaif)は国内では取り扱いが少ないモナコイントークンに対応しており、通貨を積立購入できます。

↓モナコインについての記事はこちら↓

こちらもセキュリティが万全なので安心して取引できるでしょう。

登録方法はビットフライヤー(bitFlyer)とほとんど変わりありませんが、手順をご紹介します。

ザイフ(Zaif)の登録方法

  1. ユーザー登録
    公式ホームページでメールアドレスを登録したら、確認メールからURLにアクセスし、パスワードを設定しましょう。
  2. 個人情報の登録
    ログイン後に「アカウント」をクリックし、名前や生年月日、住所などの個人情報を登録してください。
    「アカウント」の本人確認で「電話番号認証」をクリックし、送信ボタンをクリックすると6桁のコードが発行されるので、認証しましょう。
  3. 本人確認書類の提出
    顔写真や住所が分かる書類の写真を撮り、「ファイルを選択」で選んでアップロードしてください。

↓ザイフ(Zaif)についての特徴・評判など詳しい記事はこちら↓

仮想通貨取引所は使いやすさや銘柄の種類、手数料、セキュリティの強度から選ぶことが大切です。

他にも特徴やサービスにも違いがあるので、総合的に比較して選ぶことを心がけてください。

長期的に見た場合はこれからも仮想通貨市場は活発化すると予想されているので、期待している方は口座を開設して購入してみましょう。