2018年に入り、仮想通貨取引所も続々とオープン予定のところが増えてきています。
中でも大手企業が運営し仮想通貨業界に参入してきており、より一層仮想通貨業界が注目されてくると言えるでしょう。

今回はそんな中で大手企業「サイバーエージェント」が立ち上げたサイバーエージェントビットコインについてご紹介していきます。

サイバーエージェントビットコインとは?

サイバーエージェントビットコインとは、ブログホームページとして有名なAmebaやネットテレビとして知られるAbemaTV、その他アプリゲームやネット広告事業などを手がけているIT企業・株式会社サイバーエージェントが仮想通貨業界に参入するとして設立した会社です。

株式会社サイバーエージェントの100%子会社として運営を行い、2018年初めの時点では、同年春に取引所が開設される見通しでした。

既に金融庁への登録は済ませており、近い内に何らかの情報が入るのではないかと期待されていましたが、コインチェックのNEM盗難事件以来、金融庁の仮想通貨取引業者への取り締まりが強化されたことを受けて、仮想通貨取引所開設は断念

半熟女子半熟女子

メガベンチャーの参入で一気に仮想通貨市場が盛り上がると思ったよねこの時は!!コインチェックめ!!!

現在サイバーエージェントビットコインは、2019年を目途に独自仮想通貨の発行、そしてAbemaTVや各種ゲームでの仮想通貨活用の路線にシフトするとコメントしています。

親会社であるサイバーエージェントは、仮想通貨やブロックチェーン関連の事業を展開する株式会社セレスに出資しており、サイバーエージェントビットコインはそのセレスの関連会社である仮想通貨交換業者のビットバンクと連携を深めています

サイバーエージェントビットコイン率いる卜部宏樹氏とは?

そんなサイバーエージェントビットコインの社長に選ばれたのは、史上最年少でサイバーエージェントの取締役に就任したことで知られる卜部宏樹氏です。

卜部宏樹
卜部氏は新卒3ヶ月でゲーム開発子会社のアプリボットの取締役を務め、さらにAbemaTVの取締役を務めた経験もあります。

サイバーエージェント内でも期待値の高い人材を新たなサービスを運営するための取締役として任命したことは間違いありません。

卜部氏が目指しているものは「エンタメ金融」と呼ばれているもので、仮想通貨を投資商品として見るのではなく、エンターテインメントとのつながり、互換性を高めるためのツールとしての普及に注目しています。

そのため、かつてない特徴をもった新しいサービスが生み出されるのではないかと期待されているのです。

例えば、「グランブルーファンタジー」や「シャドウバース」などのアプリゲームで知られるCygamesは、サイバーエージェントの子会社でもあります。

そんなCygames内のアプリゲームで仮想通貨を使ったアイテム購入などができるようになったり、AbemaTV内で仮想通貨と連動したエンタメ番組が作られたりするなど、様々なサービス展開につながるかもしれません。

まだ予測に過ぎませんが、仮想通貨の活用に関して大いに期待できる部分はあります。

サイバーエージェントビットコインは今後も注目できる?

サイバーエージェントビットコインはまだ独自通貨の発行には至っていませんが、気になっている方も多いかと思います。

ネット関連会社の中ではメガベンチャーとも言えるサイバーエージェントが発行する通貨ということもあり、前評判も高いと言えるでしょう。

もし独自通貨が上場するとなれば、上場する取引所はビットバンクとなる可能性が高いため、ビットバンクの動きも併せて注視していきたいところです。

また、サイバーエージェントビットコインについては取引所開設は断念しましたが、2018年5月以降エイベックスLINEマネーフォワードなど、仮想通貨界には続々と大手企業が取引所開設に乗り出そうとしてきています。


ぜひ注目してみてはいかがでしょうか。
仮想通貨レンジャーRED仮想通貨レンジャーRED

おれ、マネーフォワードの家計簿アプリ使ってるけど超絶便利!将来的にマネーフォワードで仮想通貨の税金申告とかできるようになったりして・・・?