世界にはあらゆる場所に仮想通貨取引所が存在しています。
日本でもビットフライヤーやザイフなど様々なところがありますが、日本人であれば日本語で取引ができるところに登録をする人も多いでしょう。
ですが、1度海外にある取引所にも目を向けてみてはいかがでしょうか?
今回は選び方のポイントとおすすめする点についてご紹介します。

国内のデメリットとは

国内は、なによりも日本語に対応しているので安心です。
取引でも円を利用でき、資金決済法が改正されたことでセキュリティ体制が整っているなどのメリットもあります。
取引方法も簡単な場所が多いので、初心者にとっても始めやすいことが特徴ですが、取り扱っているコインの種類が少ないことや開設の手続きが面倒などのデメリットがあるので、時間や手間がかかってしまうのです。

海外の魅力とは?

近年はバイナンスやビットレックスなど、海外にある仮想通貨取引所を利用する日本人も増えてきています。
なぜ、日本以外の場所を利用するのか、その魅力について考えていきましょう。

仮想通貨の種類が多い

各銘柄
最大の魅力は取り扱いのあるコインの種類が多いことです。
日本国内であれば数種類、多くて数十種類までとなりますが、世界中で人気のビットレックスであれば200種類以上もの仮想通貨を取引することができます。
今後発展が予想されるXPやbitZenyなどの草コインと呼ばれる仮想通貨の取引もできるので、一攫千金を狙っている人には最適と言えます。
日本では取り扱いのないコインも取引できる魅力を秘めているのです。

取引にかかる手数料が安い

コインを取引する際には誰もが費用を抑えて取引をしたいと思うでしょう。
国内に比べると、比較的安いので取引を行いやすいメリットがあるのです。
特に、人気のBinance(バイナンス)では取引手数料が通常0.1%となっているので、世界でもトップクラスの手数料の安さとなっています。

このように、多くの魅力があるので日本以外の場所を利用する日本人が増えてきたのでしょう。
ただし、日本円で取引ができなかったり、サポート体制が整っていないことも考えられるので選ぶ際は慎重に行うことが大切です。

それぞれの魅力とは?

日本人でも使いやすいところも海外にはたくさんあります。
どういったところが魅力的なのでしょうか?

BINANCE(バイナンス)

バイナンス


近年もっとも勢いがあると言われているのがバイナンスです。
2017年に中国で設立され、世界でもトップクラスの取引量を誇るので信頼性も高いと言えます。
上記にも記載したように、バイナンスの魅力は手数料の安さです。
手数料は0.1%となりますがバイナンスが発行しているBNBと呼ばれるトークンを利用することで手数料を0.05%に抑えることができます。
また、アフィリエイトプログラムも行っており、紹介者の取引手数料の50%を報酬としてもらえる仕組みとなっている点が魅力となっています。

Bittrex(ビットトレックス)

BITTREX


2014年にアメリカのネバタ州で設立され、アメリカでもトップクラスと言われています。
マイナーなコインも多く取り扱っているので、日本では取り扱いのないコインを取引して一攫千金を狙いたいと思っている人は登録を考えてみてはいかがでしょうか?
また、本人確認が徹底しておりハッキングの被害もこれまで経験がなくセキュリティ対策が十分に行われていることが分かります。
安心して取引ができるでしょう。

PLONIEX

2014年にアメリカで設立され世界でも利用者数が多く、最大規模と言われており、仮想通貨同士で取引ができる魅力があります。
2段階認証やコールドウォレット、マルチシグネチャにも対応しているのでセキュリティにも信頼性があり、手数料も低いので安心して取引ができると考えられます。

Binance(バイナンス)の登録方法

バイナンス


今回は国内外問わず人気の高い、バイナンスの登録方法について解説していきます。

  1. アカウント作成
    バイナンスの公式ホームページにいき、Create Accountをクリックします。
    すると、アカウントを作成するために必要な項目が表示されるので、入力していきましょう。

    • Email:メールアドレス
    • Password:パスワード
    • Confirm Password:再度パスワードを入力
    • Referral ID:ID(任意)

    最後にTerms Of Useを確認し、チェックを入れます。
    Registerをクリックすると、パズルのような画面が表示されるので右に移動させピースをはめましょう。
    すると認証が成功し、登録したアドレス宛にメールが届くので確認し、Verify Emailをクリックすれば登録完了です。

  2. 2段階認証を設定

登録が完了してログインを行った後には、セキュリティを高めるためにも必ず2段階認証を行いましょう。
右上にあるAccountをクリックし、Google認証から設定を行います。
QRコードをスキャンして登録時に入力したパスワードを入力し、表示された6桁の番号を入力し、Submitをクリックすれば終了です。


日本以外にも魅力の多い取引所は世界にたくさんあります。
日本での取引が慣れてから、世界にも目を向けて併用することもオススメなので、より多くのコインを扱いたいと考えている人はメリットやデメリットを把握して登録してみましょう。