アメリカは日本と比べても圧倒的にビットコインの普及率が高いです。
実用的であることが理由の一つとして挙げられますが、仮想通貨市場はどうなっているのでしょうか?
そこで、アメリカの市場の状況や規制について解説していきましょう。

アメリカの仮想通貨市場について

自由の女神
アメリカのビットコインの普及率は3~4%と言われています。
一見少ないと感じる人も多いでしょうが、日本は0.3%となっているので大きな差があることがわかります。
人口が約3億2000万人なので、約960万~1280万もの人が利用している計算となります。
なぜ、こんなにも普及しているのかその理由を解説しましょう。

決算可能なショップが多い

日本でも有名な大手カフェチェーンのスターバックスでビットコインの決済ができます。
そのほかにも、街にある小さなレストランなど、飲食店でも決済できるところが増えてきたので実用性が高いと言えます。
また、海外旅行でビットコインを使用すると為替手数料が掛からないので旅行者の間でも注目されています。
今後も増え続けていくことが予想されるので、さらに普及率がアップする可能性があるでしょう。

ビットコインATMが多い

日本では聞き慣れない人も多いでしょうが、ビットコインを直接購入してウォレットに入金することができる銀行のATMと同じような仕組みを持っているビットコインATMがアメリカ国内には20~30台ほど存在しています。
ウォレットはスマホアプリでも提供されているので、持ち運びに手軽さがあることから普及が高まっているのでしょう。

ルールがあるから安心できる

仮想通貨の取引を始めようとしている人の中でも安全性について心配している人は多いでしょう。
ですが、アメリカは安心して取引が行えるように州によってルールが定められているので安心感が高いのです。
例えば、ワシントン州では送金でトラブルが起こった際に取引所が損害を補償することや利用者を保護するための準備資金の確保などが義務として定められています。

規制について

アメリカでは仮想通貨の取引は認められているのですが、州ごとに定められた規制があります。

ニューヨーク州

ニューヨーク
ニューヨーク州で管理や発行、送金などの取引事業をするためにはビットライセンスの取得が必要です。
ニューヨークの金融サービス局が発行し、未取得の場合は取引所を開設することができないのです。

ワシントン州

ワシントン
ワシントン州ではビットコイン取引に関する法案5013「暗号通貨の定義」によってしっかりと定められています。
トラブルがあった際には利用者の個人情報を州に提出することが定められ、損害の補償も行ってくれます。

ハワイ州

ハワイ
ハワイ州の取引所は、利用者が預けているコインと同等の準備資金を用意することが必要です。
ビットコインが高騰すれば資金を準備することも難しくなるので、取引所にとっては厳しい規制内容となっています。

アメリカにある取引所について

同国には取引所が複数あり、日本でも登録をしている人は多いのではないでしょうか?
人気の理由としては、取り扱っているコインの種類が豊富なことでしょう。
日本では主要コインのビットコインやイーサリアムなど、多くても10種類前後となりますが、海外では珍しいコインも取り扱っているので取引できる銘柄が非常に多いのです。
そこで、どういった取引所が存在しているのか確認していきましょう。

Poloniex(ポロニエックス)

2014年の1月に設立され世界でも最大級の取引所となっています。
取引量は世界でもトップクラスで取り扱いのあるコインも約70種類存在します。
手数料も安いのでメリットが多い取引所なのです。

Kraken(クラーケン)

2011年に設立された取引所で17種類のコインを取引できます。
取引画面が見やすく使いやすいだけではなく、日本語に対応している点も魅力でしょう。
海外の取引所は日本語対応していない場合が多く、トラブルがあった際には十分なサポートを受けることができない可能性もあります。
ですが、Krakenは日本に子会社があるため、海外の取引所では珍しく日本語でのサポートが可能です。

bittrex(ビットトレックス)

2014年に設立された取引所で、取扱いのあるコインが250種類以上もあるのでマイナ―コインの取引をしたい人にオススメできる取引所です。
これから高騰する可能性のあるコインを保有して一攫千金を狙うこともできます。

Kraken(クラーケン)の登録方法

日本語に対応している安心のKrakenの登録方法を解説していきましょう。

  1. 「新規登録」をクリック
    • メールアドレス
    • ユーザー名
    • パスワード

    を入力しサービス規約とセキュリティポリシーを確認しチェックを入れて新規登録をクリック

    • 居住国
    • 地域設定
    • マスターキー(任意)
    • PGP公開鍵(任意)

    を入力し、新規登録をクリック

  2. メールで届いた確認コードを入力し、アカウントを確認

その後、アカウントの認証申請をする必要があるので管理画面のメッセージ内にある「認証」をクリックして申請を行います。
認証レベルによって取引できる内容に違いがあるので、確認して登録していきましょう。
その際には、レベルによって身分証明書のアップロードやカスタマーサポートへの連絡が必要となります。

州によって違った取引ルールが定められているので安心感があり、実用性も高いので普及が更に進んでいくことが予想できます。
取引所も多いので、海外の取引所に興味のある方は登録を考えてみてはいかがでしょうか?