電子マネーとは異なる仮想通貨は世界中でブームを巻き起こしていますが、同じ通貨でも様々な種類が存在します。
銘柄によってそれぞれ通貨の役割や機能は異なり、カテゴリ分けすることが可能です。
どのようなカテゴリに分けられるのか、特徴や違いをまとめたのでご紹介します。

仮想通貨をカテゴリ分け!特徴や違いは?

仮想通貨が登場したのは2008年、サトシ・ナカモトと呼ばれる人物がブロックチェーン技術を用いてビットコインを考案したことが始まりです。
ビットコインは通貨の中でもシンプルなもので、ネットを通じて価値を転送できる、新しい決済手段として誕生しました。
今でもトップの人気を誇りビットコインですが、ブロックチェーン技術を応用して様々な通貨が登場しており、それらの通貨はビットコイン0.2や次世代暗号通貨、アルトコインと呼ばれ人気を集めています。
通貨によってはビットコインと同じく決済手段の役割や機能を持つものもあれば、ブロックチェーンを進化させて異なる役割と機能を持つ通貨が次々に登場しているのです。

カテゴリ別の特徴

ビットコイン以外の通貨がアルトコインと分類されていますが、役割や機能に応じて大まかに9つのカテゴリに分けることができます。
カテゴリの特徴と代表的な仮想通貨の種類をご紹介しましょう。

決済系

決済
電子的に決済する手段に特化した機能が備わる通貨です。
代表的な通貨はビットコインですが、ハードフォークによって誕生したビットコインキャッシュや、ビットコインがベースのライトコイン、実用性が高いと評価されている日本発のモナコインなどがこのカテゴリに該当します。
電子マネーやクレジットカードは中央集権的に管理されていますが、非中央集権的な管理が可能な仮想通貨は人的な作業がないため、システム上で取引確認ができるようになりました。
従来の海外送金は時間がかかりますが、送金や決算スピードが以前より早くなり、手数料も大幅に抑えることが可能です。

スマートコントラクト系

コーディング
スマートコントラクトは事前に設定していた契約に関するプログラムを自動化し、人的な契約作業の手間を省くことができる技術です。
このカテゴリでは、初めて技術を実装したイーサリアムや中国のイーサリアムと言われるNEO、サイドチェーンとして技術を利用しているリスクなどが該当します。

国際送金系

決済手段ではなく国際送金に特化した通貨を指します。
法定通貨を仮想通貨に変換し、ネットワーク経由での送金により、海外送金の手数料を押さえ、高速送金が実現可能です。
主に世界の銀行やクレジットカード会社といった金融機関や企業と連携して利用されることを思想としており、ビットコインの思想とは異なります。
通貨は送金速度が速いと評判のリップルや、互換性のない通貨の交換に便利なステラが代表的です。

取引所トークン系

通貨の購入や取引を行う取引所でも独自の通貨(トークン)が発行されています。
発行さえたトークンは取引所に上場されているので売買が可能であり、さらにトークンの利用で手数料が安くなるといった特典がつくことが多いです。
代表的な取引所は中国発で世界的にも利用者が多いバイナンスや、銘柄が豊富なクーコインなどがあります。


分散型取引所(DEX)トークン系

通常の取引所は運営者がいますが、分散型取引所では取引を管理する運営者はおらず、個人同士で取引ができる場所です。
資産管理や取引の記録はブロックチェーン上で行われており、誰でも内容をみることができます。
この分散型取引所でも独自トークンが発行されるところがあり、中には法定通貨に両替ができる取引所もあります。
代表的な取引所はUSドルとユーロの両替も可能なウェーブスです。

匿名系

ビットコインは名前が暗号アドレス化しているので匿名性があるとされていますが、実際はブロックチェーン上で確認することが可能です。
しかし、匿名性をより強化した通貨を匿名系と分類し、秘密裏の取引に適しています。
その性質から犯罪組織のマネーロンダリングやダークサイトの運営に利用されることもあるようです。
代表的な通貨は、高い匿名性と高速取引、一般的なパソコンでもマイニングができるといった特徴を持つモネロになります。

市場予測系

市場予測
市場のトレンドの分析やイベントや勝負の勝敗、ビジネスでの判断や決定などの投票を予測できるシステムが発行する通貨です。
例えば、オーガーは大衆が予測票を投票することで、専門家の予想を上回る高度な予測ができ、予測結果に応じて通貨が配布される仕組みとなっています。
ギャンブル的な性質もあり、幅広い場面で応用できると注目されています。
他にもSNSで手軽に集計や分析ができることを目的にしているノーシスや、プロジェクト管理や傾向決定を予測するウィングスなどが当てはまります。

ペグ通貨系

法定通貨と連動している通貨で、価値が裏付けされているので価格変動のリスクが低いとされています。
代表的な通貨はドルと連動しているテザーで、通常は法定通貨への出金は手数料が高くつきますが、仮想通貨と同等の扱いなのでテナーへ低コストで交換可能です。

DAG系

ブロックチェーンとは異なる技術により、非中央集権的な管理ができる分散型ネットワークで、マイナーが存在しない特徴があります。
持ち主自身が取引の正当性を認証するのでマイナーが不要であり、送金時間が早く手数料も安いです。
代表的なのはByteballで、スマートコントラクトも採用しているので、イーサリアムのような要素も持ちます。


仮想通貨は1000種類以上あるとされており、様々なカテゴリに分けることが可能です。
同じ通貨でも役割や機能が異なるので、カテゴリを把握することで通貨の特徴を理解して利用することができます。
注目度の高さから通貨の数はますます増えると予想されるので、カテゴリに分類されるのか把握してから選んでみてはいかがでしょうか?