ビットコインに次いで急成長している仮想通貨のイーサリアムクラシックは、購入する際には取引所で購入する必要があります。どこで手に入れるのが良いのでしょうか?

イーサリアムクラシックとは

イーサリアムクラシック
THE DAOの通貨流出事件で爆誕

このイーサリアムクラシックは、2016年7月にイーサリアムから分裂してできた仮想通貨となります。イーサリアムのハードフォークから生まれましたが、基本的な性能などはイーサリアムと同じであり、それよりもさらに優れた機能を持っていることから注目を集めました。

この分裂が起こったきっかけは、2016年のTHE DAOの通貨流出事件です。これはクラウドファンディングによって注目を集めた、イーサリアムのスマートコントラクトプラットフォームによって誕生した通貨でしたが、このリリース後にシステムのバグがあり、THE DAO経由で不正取得されてしまいました。

これがきっかけで修正作業となるハードフォークを行い、不正取得されたものは使用できなくなりましたが、この行為に反対する人たちからブロックチェーンで誰からも干渉されない通貨となるように、イーサリアムクラシックは作られました

マイニングはできる?

マイニングとは、ブロックチェーンを継続させていくために必要な計算をこなしていくことで、その見返りに仮想通貨をもらうことを言いますが、この仕組みはイーサリアムクラシックでも可能になります。

マイニング専用のアプリケーションをインストールし、送金先のアドレス指定後に起動させれるとマイニングが可能です。専用のパソコンを使用すると効率よく行うことができます。

メリットは?

この仮想通貨の一番のメリットは、安全性に優れていることです。そもそもこの通貨ができたきっかけが、イーサリアムのセキュリティ面の不安点だったため、新たにこのセキュリティ面を強化して作られているため、イーサリアムと比較すると安全性が高くなっているのが特徴です

そのため、イーサリアムは優れた柔軟性があって応用して使用できる仮想通貨であるのに対して、この仮想通貨はセキュリティ面に対して優れている仮想通貨であることがわかります。

また、イーサリアムの方が仮想通貨の規模が大きく、時価総額も高くなっていますが、それと比べると規模は控えめで、時価総額も低くなっています。

これだけ聞くと、まるで価値が少ないかのように感じてしまいますが、今後価格高騰の伸びがある可能性を秘めているため、投資として考えたときにはメリットとなる可能性が高くなります。

イーサリアムクラシックの将来性については以下記事でも解説しています。

このようなメリットがありつつ、まだ取り扱っている取引所が少ないため、どこで取り扱っているのかを調べ、各取引所の特徴などを比較したうえで取引しやすい所を選ぶのが重要です。

イーサリアムクラシックを購入するならどの取引所がおすすめ?

イーサリアムクラシックを買うならどの取引所が利用しやすいのでしょうか?この仮想通貨を取り扱っているところは、国内では2ヶ所ありました。

その中でもビットフライヤーは、クレジットカードでも仮想通貨の購入が可能であり、おすすめしたいところです。

ビットフライヤーの登録方法とは

ビットフライヤー


ビットフライヤーの登録方法は簡単で、手順に沿って行うとすぐに登録完了となります。
まず、登録の手順はこのようになっています。

  1. メールアドレスの入力
  2. メール受信
  3. キーワード入力
  4. 登録完了

必要な物は以下の通りです。

  • メールアドレス
  • ビットフライヤー用パスワード
  • 免許証やパスポートなど写真入り証明書

ビットフライヤーの画面に行き、受信できるメールアドレス、または「Facebookでアカウント作成」「Yahoo!IDで作成」「Googleで作成」を選んでクリックします。

メール受信後ログイン用のキーワードが記入されているので、それを入力してアカウントを作成します。キーワード入力後、ログインをすることで登録が完了します。

次回からメールアドレスとパスワードの入力でログインができます。パスワードは使いまわすことがなく、また生年月日などわかりやすいものは避けておくようにしましょう。


ビットフライヤーの登録後には「アカウントクラス」というものがあり、これはレベルを上げることで使える内容が異なってきます。

ウォレットクラスは、仮想通貨の財布としての機能のみであり、仮想通貨のトレードなどの機能を使用することができません。

機能を使用する場合には、トレードクラスになる必要があり、本人情報提出や銀行口座情報確認、電話番号認証やIDセルフィー提出、確認ハガキの受け取りを済ませる必要があります。

イーサリアムクラシック(ETC)が買いやすい場所として、ビットフライヤーをご紹介しましたが、いかがですか?

イーサリアムクラシック(ETC)まだまだ仮想通貨として浸透していないため、取り扱いも少ないのが現状です。しかし、マイニングができることや安全性の高さから今後さらに発展していく可能性を秘めた仮想通貨になります。取引なら簡単にできるビットフライヤーで行ってみましょう。