仮想通貨バブルは終わっていない?

ビットコインバブル

2017年12月に1BTCの価格が2,400,000円を付けたビットコインをはじめとしたほとんどの仮想通貨の価格が、軒並みピークアウトし下落を続けています。

値ごろ感で安いところを買い拾おうという動きも随所で見られます。

しかし、米国の先物市場であるCBOE、CMEへのビットコインの上場から、中国本土の取引所での仮想通貨取引停止や新規仮想通貨公開(ICO)の禁止、そして日本の交換所であるコインチェックのネム流出といった懸念材料が続き、仮想通貨全体の売り圧力は未だ止まっていません。

このような状況となっても、一部のメディア等ではビットコインをはじめとした仮想通貨の多くが、今後相場が反発しさらに最高値を更新していくと述べています。

根拠としては、「将来的な仮想通貨の世の中への影響度とその需要の拡大が見込めるから・・・」というものです。

たしかに需要が拡大すると相場が上昇するという事は、株式でも商品でも通貨にでも当てはまる市場の摂理です。

ただ昨年までのビットコインの価格上昇は、あからさまに実需の見込みを超過した投機によるものです。

それなのに、その相場をまるで実需の象徴のように世間が嘯いている事には懸念を感じざるを得ません。

たしかに「億り人」というワードが流行した事からも分かるとおり、仮想通貨により多くの利益を享受した人は実在します。

しかしその人達は、タイミング良くバブルに乗れたからに他なりません。

バブル相場というものは特殊な状態であり、通常時のそれとは明らかに異なります。

特殊な状態なので、当然起こる頻度は非常に稀なものです。

にも拘わらず、当時の強烈なイン上に憑りつかれて「仮想通貨にこういうもの・・・」といった無茶な見解も横行しています。

むしろ見解というよりは、願望でしょう。

しかし相場というものは、一度バブルのような上昇が起これば、その上昇が大きいほど長い時間を掛けて調整するものです。

これは、過去の株式市場で起きた平成バブルやITバブル後の相場を見れば一目瞭然です。

2018年に入ってからのビットコインの相場も、まさにそれが当てはまっており、バブルは取り合えずは終了したと考えてはそうでしょうか。

むしろ昨今の相場は、通常の状態に戻ろうとしていると見る方が自然な気もします。

需要が多ければ必ずしも価値が上昇するわけではない?

例えばICOで仮想通貨を購入する場合、ほとんどの人がホワートペーパーという目論見書を確認するでしょう。

このホワイトペーパーが、対象の仮想通貨に対する将来性を見込む上で重要な情報となります。

「社会的にどれほどの影響を及ぼすのか、それによりどれほどの需要が見込まれるのか」等を予測し、購入するに値するかどうかを判断するわけですね。

ICOに限らず、仮想通貨を取引する事で利益を得たいと考える人は、見込める需要が大きいからその価値は値上がりすると考えているでしょう。

それは間違いではありませんし、これを否定したら市場原理は滅茶苦茶になってしまいます。

しかし現実には、その原理がまかり通らない事も多々あります。

株式に例えるなら、社会的必須業務を担っている企業より、存在しなくても支障の少ない娯楽関連企業等の株価の方が、期間あたりの上昇率が高い傾向も見られます。

この要因は取引量やその時の注目度など様々ありますが、必ずしも将来性や需要の強さばかりが価値を上昇させるわけではないという事です。

そうでなければ為替相場での米ドルの価値は、天文学的数字となっているのではないでしょう。

性質は違えど、これは仮想通貨の相場にも当てはまっています。

ビットコイン以降、開発される仮想通貨の性能は日進月歩で向上しています。

しかし現実には、優れた仮想通貨ばかりの価値が高まっているとは言えません。

にも拘わらず、ICOブローカー等は「このコインは需要の多い事の決済手段として用いられるので購入しておけば大きな利益が得られます」という常套文句を用いています。

もちろんそれは間違いではないでしょうが、先述のような要因や、仮想通貨全体の市場動向も影響してきますので、このような文句一辺倒でプレゼンテーションをする事は、いささか乱暴な印象を受けてしまいます。

仮想通貨の価格が上昇する事による弊害とは?

仮想通貨実用の利点の一つとしてコストパフォーマンスが挙げられます。

例えやすいところで言えば送金においてですね。

主にリップルは決済手段として、既に世界中の大手企業で採用されていますが、送金に仮想通貨の根幹であるブロックチェーンシステムを用いる事で、送金速度の向上、そして送金コストの大幅な圧縮が見込まれています。

しかし普及する程に仲介通貨となるリップルの価値は向上し、決済者のポジションによっては調達コストが上昇の負担を被る可能性があります。

そもそも仮想通貨とは、発行された時点で特定の決済手段としての目的が課せられていますので、価値の過剰な高騰は実用にあたり弊害となるケースもあります。

したがって取引量が増える程、価値を適正化しようとするための売りも多くなってくると考えるのが市場のセオリーです。

これは仮想通貨に限らず、相場のあるもの全てに起こり得る事象です。

バブルが終焉しても仮想通貨で利益を得るための取引方法とは?

ここまでの事を見ていくと、仮想通貨のバブルは終わっているという事も視野に入れなければならないという事がお解り頂けると思います。

仮想通貨の取り扱い業者や関連業者は、将来の仮想通貨の実用における将来性を出汁に、再度バブルにより過剰な利益が得られると錯覚させるような触れ込みを世間に広めています。

しかしバブルとは継続しないものです。

それは今までの相場の歴史を見れば誰でも解るはずですが、それを認めたくない気持ちもあるでしょう。

バブルに乗り遅れた人であれば尚更です。

しかしバブルが終わったとしても、仮想通貨の相場は常に動いていますので、利益を得る事は今でも可能です。

今回は、そのチャンスをさらに増やす取引方法を紹介したいと思います。

その取引方法とは「証拠金取引」です。

これはFXや日経225先物などが該当します。

いわゆる証拠金を利用した取引で、実際に株式や仮想通貨を資産として持つわけではなく、価格の上下動により発生した損益のみを受け取るというものです。

これを「差金決済」と呼びます。

具体的な証拠金取引のメリットは

1.空売りが出来る

証拠金取引は、実際にその物(現物)を持っているわけではないので、空売りが出来ます。

いわゆる価格が下がると利益が発生するという取引で、2018年に入ってからの下げ相場などは大きなチャンスとなります。

つまり、上昇相場と下降相場の両方で利益を得る事が出来るので、チャンスが増大するという事です。

2.レバレッジが掛けられる

レバレッジを掛ける事で、実際に資金以上の取引が出来ます。

いわゆる低コストで、大きい利益を得る事が可能となります。

※発生し得る損失も同等の倍率となります。

レバレッジは以前より「FXの危険要因」というイメージが世間にはあります。

これは一部の間違ったレバレッジの使い方で、取引数量を適度に調整する事により非常に有効な武器となります。

例えば・・・

BTC/JPY=100,000の時に10BTC購入しようとする場合の必要資金は下記となります。

レバレッジ1倍(無し)=1,000,000円

レバレッジ10倍=100,000円

つまり、レバレッジの分を割り引いたコストで同じ数量の取引が出来るという事です。

レバレッジは基本的に高く設定出来るほど良く、危険だと言われるのは、例えば1,000,000円の資金しか無いのに、10倍のレバレッジを掛けて10,000,000万円の取引をする(この場合に発生する損益は10倍となります)といった場合です。

これは欲をかいた非常に無茶な取引であり、相場が自身の思惑と少し逆に向かっただけで資金を大きく目減りさせてしまうという事象が多発している事によります。

3.クラッキングによる盗難の回避

コインチェックにてネム流出事件があったように、仮想通貨は外部からの干渉に非常に弱いという難点があります。

コインチェックの件は明るみに出て大きな騒動となりましたが、現実には多くの交換所が日常的にクラッカーの攻撃を受けていると言われています。

しかし証拠金取引は先述の通り、実際に仮想通貨を持っているわけではないのでその心配がありません。

※これは円やドルといった法定通貨を証拠金と出来るためですが、仮想通貨(現物)を証拠金として充当する場合はその限りではありません。

一時期は「ガチホ」というワードが流行りましたが、「仮想通貨を持っていれば利益が発生する」という神話は2018年からの下降相場により当てはまらなくなってきました。

このような局面だからこそ、証拠金取引が優位性を発揮すると言えるのではないでしょうか。

仮想通貨の証拠金取引を取り扱っている業者は?

当初少なかった仮想通貨の証拠金取引を扱う業者も、昨今は徐々に増えてきました。

タイプとしては概ね2種類存在し、仮想通貨の交換所がその一貫として証拠金取引を提供しているケース、もう一つはFXや先物、CFDを取り扱っていた証拠金取引専門の業者が提供しているケースです。

前者は有名処ではビットフライヤーなどがありますが、やはりそれを主軸業務としていないためか、取引システムの重さ等、使い勝手に難点が見られます。

一方、証拠金取引専門業者はそれ自体が主軸業務であるため、取引システムの精度は高いという傾向があります。

その中でも特に優位性が高いと感じたのは「クリプトエックス」という業者です。

クリプトエックスの公式サイトはこちら↓

クリプトエックスは、FXを取引している人の多くが知っているであろう「アヴァトレード・ジャパン株式会社」の100%子会社です。

クリプトエックスに優位性を感じた点は以下の通りです。

1.大元は以前よりビットコインの証拠金取引を取り扱っていた

クリプトエックスの親会社は、アヴァトレード・ジャパン株式会社ですが、同社はAva Trade Ltd.(英国領ヴァージン諸島)の日本法人です。

したがって、大元はAva Trade Ltd.であり、同社は日本では禁止されていたビットコインの証拠金取引をずっと以前から取り扱っていました。

Ava Trade Ltd.が持っているノウハウは間違いなくクリプトエックスに引き継がれていると思われるため、その対応力や今後のサービスの向上についても期待が出来ます。

2.メタトレーダー4での取引が可能

メタトレーダー4はロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が開発した取引プラットフォームです。

元々、FX専用に開発されたものですが、今やあらゆる媒体に対応しています。

既に開発されてから2005年ですが、その広い汎用性は未だ他のプラットフォームの追随を許さず、その高速性や使い勝手も買われ多くのFXをはじめとしたトレーダーに利用されています。

3.Ava Trade Ltdの証拠金取引業者としての信頼性

1に不随しますが、Ava Trade LtdはイスラエルのClal Financeにより設立されました。

Clal Financebは、170億米ドル超の管理士さんを有し、S&Pにより「A+」と格付けられている大手の金融機関です。

Avaグループは、金融取引ブローカーとして提供しているサービスが非常に高水準で、数々の賞を獲得しています。

クリプトエックスはAvaグループの日本の業者なので、日本の業者では持ち得なかった仮想通貨証拠金取引のノウハウを持ちながら、日本語対応、そして日本人に合ったサービスが提供されていく事が期待されます。

まとめ

先述のとおり、仮想通貨の相場は2017年のピークと比べたら落ち着いています。

しかし当時ほどでなくとも、仮想通貨のボラティリティ「騰落率」は他の投資媒体と比べても、まだまだ大きいです。

したがって通常時でも、仮想通貨の他に比べ優位性が高いという事です。

証拠金取引は、そのチャンスを拡大出来る取引方法であるため、これからの仮想通貨取引を担う存在になっていくのではないでしょうか。