どこが安全な取引所なのか

セキュリティ
2017年から2018年にかけて仮想通貨を始めた人たちはコインチェックのネム流出の件は驚いたことでしょう。
そして多くの方がセキュリティについて意識が強くなったはずです。
またそれ以前に始めた人はマウントゴックスの件で仮想通貨にかかわるリスクを感じたはずです。
それでも投機、投資としてかかわりたい場合、取引所はどこを選べばいいのか、どう選べばいいのかということになります。
代表の経歴やSNSを調べたり、出資元を調べたりなど人によって色々あります。
今回は取引所選びの指標になるセキュリティについてを調べるツールを紹介します。

MozillaのObservatory

Mozilla
そこでインターネット初心者でも簡単にチェックできるのがObservatoryというツールです。
ブラウザのFirefoxやメールソフトのThunderbirdを提供しているMozillaのWebサイトセキュリティ分析ツールです。
このツールはMozillaがセキュリティ設定向上の支援を目指して提供されているものです。
サーバーのレスポンスやSSL/TLS設定のセキュリティ状況をチェックしてくれます。
ランクはFからA+までで評価されます。

bitFlyer

ビットフライヤー


スコアはBでした。
国内の取引所ではもっともセキュリティスコアが高かったです。
国内の取引所の中では比較的問題の少ない取引所です。
大手金融機関が出資してることからも会社として健全なイメージがあります。
金融庁の仮想通貨交換業の登録はされています。
また上場(IPO)も検討しているという噂もあり、これが実現すれば数兆円規模にもなり世界トップの企業に躍り出る可能性があります。
運営会社 株式会社bitFlyer
代表取締役 加納裕三
設立年月日 2014年1月9日
加入協会 日本仮想通貨事業者協会など
金融庁登録番号 関東財務局長 第00003号


ゆうだむゆうだむ

ちなみに俺はbitFlyer一筋や!
始めたのが2017年春ごろでちょうどCMやってたからってもあるけどな

Zaif

ザイフ


スコアはFでした。
ここはサーバーが弱いということが多くのユーザーからもあがっています。
金融庁の仮想通貨交換業の登録はされています。
2018年3月に金融庁から業務改善命令がでています。
運営会社 テックビューロ株式会社
代表取締役 朝山貴生
設立年月日 2014年6月16日
加入協会 日本仮想通貨事業者協会など
金融庁登録番号 近畿財務局長 第00002号


部長部長

私はbitflyerとzaifですね。
zaifは手数料が安いのでメインで使っています。
0円売買などトラブルが多発するので心臓には悪いですね。

コインチェック

コインチェック


スコアはFでした。
2018年1月のネム流出で国内の取引所ではもっともセキュリティが疑われる取引所です。
2018年3月に記者会見で全ネットワーク再構築等でセキュリティ強化とのことですが、Observatoryでは低いスコアのままでした。
失った信用を取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうです。
運営会社 コインチェック株式会社
代表取締役 和田晃一良
設立年月日 2012年8月28日
加入協会 一般社団法人日本ブロックチェーン協会など
金融庁登録番号

あきみやあきみや

私は2018年1月にコインチェック始めました…
はやく再開してほしい

GMOコイン

GMOコイン


スコアはFでした。
金融庁の仮想通貨交換業の登録はされています。
ここの魅力はなんといっても日本円の入出金手数料が無料ということでしょう。
GMOはマイニング事業などもはじめており、2018年2月の月次報告ではスタートして2か月で2億円近く稼いでおり、今後も仮想通貨には強くかかわっていくでしょう。
2018年3月にシステム障害事案が頻発してることなどから金融庁から業務改善命令がでています。
仮想通貨ではないですが、過去にGMOインターネットで顧客情報1万4600件が流出ということもありました。
運営会社 GMOコイン株式会社
代表取締役会長 高島秀行
代表取締役社長 石村富隆
設立年月日 2016年10月
加入協会 日本資金決済業協会など
金融庁登録番号 関東財務局長第00006号


えなこ

マイニングに参加したかったけど、事前申し込みをみたら1契約500万ドル…
それでマイニングは諦めたわ

ビットトレード

ビットトレード


スコアはFでした。
金融庁の仮想通貨交換業の登録はされています。
運営会社 ビットトレード株式会社
取締役会長 ロバート・ルーク・コリック
代表取締役社長 閏間亮
設立年月日 2016年9月12日
顧問弁護士 アンダーソン・毛利・友常法律事務所 河合健
金融庁登録番号 関東財務局長第00007号

BitMEX

ビットメックス


番外として海外の方も含めるとBitMEXのスコアはA+で調べた中では最高スコアでした。
日本語対応しており、手数料が低いのが特徴です。
そして何より海外だからこそともいえるレバレッジが最大100倍までかけることができるところでしょう。

binance

バイナンス


海外の取引所で最も知名度が高いbinanceのスコアはCでした。
世界最大の取引所ということで狙われるリスクも高いかもしれません。
日本語対応もしており、取引高世界一で取扱い銘柄も非常に多いのが特徴です。

あくまで目安として

今回調べた中では国内の取引所がセキュリティスコアがFが多かったです。

bitFlyer B
Zaif F
コインチェック F
GMOコイン F
ビットトレード F

その原因のひとつとしては技術者不足ということもあるかもしれません。

部長部長

ブロックチェーン技術者はこれからどんどん需要が増えますし、年収1千万円、2千万円なんて当たり前になるでしょう。
若い人たちは今のうちに勉強しておくといいでしょうね。


えなこ

たしかにbitFlyerやGMOインターネットの求人でも年収が高額でしたね。


またObservatoryはWebサービスのセキュリティチェックです。
決して取引所の良し悪しを決めるものではありません。
スコアがAだからといって絶対安全ということはありません。
ゆうだむゆうだむ

まあFよりかAのがええやろ。
たまにチェックしてスコア落ちたら気を付けなあかんかもな。


Web技術の変化などに応じて評価は日々変わるでしょう。
また取引所に預けるだけでなく、ウォレットを使用することで自己管理するという方法があります。
常ににそのリスクについて考えることが重要です。
スコアはあくまで取引所選びの参考のひとつとして、こういう見方もあるということです。