確定申告
仮想通貨は大きな利益を出し利確できても、それに対し税金がかかってしまいます。全てを自分の資産にすることはできないので、仮想通貨で利益を得た分も自分で確定申告しなければなりません。取引所の中には複数のウォレットで管理している場合もあるので、税金を計算するのに苦労することも多いようです。ここでは、仮想通貨で得た収益に必要な確定申告方法について解説していきます。

仮想通貨は雑所得として申告・書類提出を行う

仮想通貨を個人で運用して利益を得たものは基本的に「雑所得」として申告します。昨年中に行った取引が以下にあてはまる場合は申告不要になります。

20万円以下の利益(会社員)

会社から給与が出ている人は、副業などをしていない場合に限り仮想通貨の利益が20万円以下であれば確定申告する必要がありません。

副業をして給与を2箇所以上受け取っている場合は、もともと確定申告する義務があるので、例え仮想通貨で20万円以下の利益であっても申告することになります。

年金が400万円未満の収入で、利益が20万円以下(年金所得者)

年金収入が1年間で400万円未満の年金所得者は、確定申告は不要です。仮想通貨でマイナスになった場合は、年金所得から差し引いて税金を払い戻しすることができます。

上記の条件に当てはまらない人は、必ず確定申告をする必要があります。確定申告に必要な書類を準備し、きちんと提出するようにしましょう。

所得税速算表

課税所得
累計税額
税引後金額
¥1,950,000
¥294,645
¥1,655,355
¥3,300,000
¥666,930
¥2,633,070
¥6,950,000
¥2,114,190
¥4,835,810
¥9,000,000
¥3,013,200
¥5,986,800
¥18,000,000
¥7,864,200
¥10,135,800
¥40,000,000
¥20,336,000
¥19,664,000
¥50,000,000
¥27,975,000
¥22,025,000
¥100,000,000
¥55,950,000
¥44,050,000
¥250,000,000
¥139,875,000
¥110,125,000

仮想通貨が譲渡所得になる場合もある

譲渡所得にあてはまる場合は、特別控除枠が設けられており50万円以下の利益では課税されません。しかし、譲渡所得全体で50万円となっているので、仮想通貨以外に所得がある場合には、すべてトータルした金額が50万円以下の場合だけ非課税対象となります。

譲渡所得=収入-(購入金額+手数料などの経費)-特別控除額(50万円)

という算出方法になります。

収入が20万円以上になった場合は、確定申告をしなければなりませんし、税率については総合課税になるので他の給与所得等とのトータル額で計算することになります。

仮想通貨を購入した分の計算方法

仮想通貨を購入した取得価額は、「単価×数量+手数料」で計算します。

例えば、1BTCが100万円の時に、0.5BTC購入し1,000円の手数料を支払った場合は、

取得価額=1,000,000×0.5+1,000=501,000円

 

なお、追加購入した場合は、移動平均法によって算出します。

1BTCが200万円の時に、1.5BTCを購入し1,000円の手数料を支払ったとします。

取得価額=2,000,000×1.5+1,000=3,001,000円

前者の取得価額と併せて2BTCを3,502,000円購入したことになります。
平均して1BTCあたり1,751,000円です。

ビットコインで利確した場合の確定申告

次に、ビットコインで利確した場合の確定申告をする際には必要な書類を準備してください。

  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 医療費の明細書(医療費控除を受ける場合のみ)
  • 生命保険料や損害保険料の控除証明
  • 他の所得や所得控除を受けるための書類
  • 仮想通貨の入金・出金明細書
  • ウォレット残高のモニタ表示画面
  • 取引履歴のモニタ表示画面

申告する際の必要な書類は以上になります。自宅近くの税務署に書類を提出してください。

確定申告の手続きの流れ

確定申告の際の手続きの流れは以下の通りです。

  1. 申告用紙を用意する
    確定申告するための申告用紙は、税務署に行き入手します。
    この他所得の内訳や、医療費控除明細書、青色申告決済書など必要な書類をまとめてもらってください。
  2. 申告書の作成
    記載ルールに沿って申告書を作成します。
    控用も忘れず記入してください。
  3. 申告書の提出
    提出期限までに添付書類もあわせて提出します。
  4. 所得税の納付還付
    還付される税金をどこで受け取るのか希望の場所を記載します。
    金融機関等に自分で納付するか、指定金融機関より振替納税で引き落としするかを選択してください。

便利なe-taxで申告してみよう

自分で手続き申請するのが面倒であれば、国税庁ホームページからパソコンを使って簡単に申告書を作成できますが、e-taxを活用すれば資料などを提出する必要もなく自宅で確定申告の手続きが完了します。

e-taxは、マイナンバーカードカードリーダーが必要になるので、まだマイナンバーカードを取得していない方は、この機会に役所で発行してみてはいかがでしょうか。

また、確定申告を自分で手続きすることに自信がない人は、申告会場に直接行った方が確実です。確定申告の会場は、時期になると様々な場所に設けられています。

申告会場には、税務署職員や税理士が同席しているので、申告方法をその場で教えてくれるので安心です。自分の取引内容を把握できる資料を持って行けば、正しい申告を行うことができます。

せっかく仮想通貨で利益を出しても、その分の多くは税金として出ていってしまうことに納得できない人もいるかもしれません。しかし、納税は国民の重要な義務!住みやすい日本を維持していくためにしっかり申告しましょう。

取引回数が多くなれば申告手続きもそれほど難しくありませんが、多きな利益が出た場合は、自分で申告せずに税理士に依頼してみるのも一つの手です。

取得価額を出すのに苦労することもあるので、できれば年内のうちから準備しておくのがおすすめです。