ネム
仮想通貨ネム(XEM)は、あらゆる仮想通貨の中でも日本人の取引量が非常に多いのが特徴です。そのため日本においてはファンが多く、コミュニティも活発となっています。今回は、そのネムを購入できる取引所比較して紹介していきます。




日本で取り扱いがあるのは?

ネムは今後、2018年中にくると予想される「カタパルト実装」までは購入者が増えることが予想されています。カタパルト実装とは、仮想通貨の性能を大幅に向上させるアップデートのことを言います。

これが今後実装されて大幅なパワーアップを遂げれば、あらゆる仮想通貨の中でもトップクラスのスペックへと変貌することが予想されているのです。処理スピードも上がり、セキュリティ機能も大幅に向上されるでしょう。

カタパルト実装の詳細な日時は未定ですが、2018年中には実装されると公式ホームページでも発表されているので、購入は早めに検討しましょう。

ザイフ

ザイフ


日本国内の大手取引所の1つで、まず挙げられるのはザイフです。ザイフでは、ユーザー同士で板取引が可能なので手数料がほぼかかりません。ザイフを運営しているテックビューロ社は、開発チームと業務提携しており、売買するなら非常に適していると言えます。

取引手数料はマイナス0.01%で、初心者の方でも手数料がかからず、低リスクで始められるというメリットがあります。ザイフは、国内の仮想通貨取り扱いでは2番目に長い歴史を持っています。

ビットコインやイーサリアムの取り扱いもありますが、業務提携しているという面から見てもおすすめ度は高いです。

【取引所別の取引手数料】2018年1月18日時点

ビットコイン アルトコイン
Binance 0.1% 0.1%
bitFlyer 0.01% 0.20%
Zaif -0.05%~-0.01% 0%~-0.3%
bittrex 0.25% 0.25%
Poloniex 0.15%~0.25% 0.15%~0.25%

中国での取扱いは?

では、中国での仮想通貨取り扱い取引所において、ネムの取り扱いがあるのはどこなのでしょうか?

OKEx

OKEx


OKExは、世界的に見ても出来高が多い大手として知られています。中国の北京に本社を構え、香港に拠点を持つ中国の3大取引所の1つでもあります。昨年12月には、ビットコインキャッシュを基軸通貨に採用しました。

最近では、ダッシュとジーキャッシュがOKExに上場しており、大きく価格上昇しています。取引高としては14億USDを超え、世界でも上位にランクインするほどの規模を誇っています。

また中国では、WechatIDとの紐付けで送金できるサードパーティーアプリがローンチされ、中国国内でも認知度が高まっています。それに伴い、ビットコインが弱い現在でもネムの価格は上昇しているメリットもあるのです。

仮想通貨の市場が大きい中国では、今後の価格の変化にも期待が高まっているのが特徴です。

Huobi

huobi


中国最大級とも言える仮想通貨を扱うHuobiでは、今年1月から取り扱いを開始しました。現在も急成長しているHuobiは、2017年11月にはユーザー数が20倍に増加しています。

日本語にもしっかり対応しており、現在では50種類以上もの仮想通貨を取り扱っているのが特徴です。中国国内ではこちらも話題もとなり、今後はさらなる価格上昇が見込まれています。

少ないながらも上場する可能性が高い

ネムは中国のOKEx、Huobiに上場していますが、今後の予想はどうなのでしょうか?

まず上場する可能性が高いのはビットフライヤーです。仮想通貨取り扱いがあるビットフライヤーは日本でも最大で、ここでの取り扱いが開始されれば、モナコインがビットフライヤーに上場した際と同様に価格が急騰する可能性が非常に高いです。

また、DMMにも上場予定と言われています。DMMビットコイン上場予定通貨は、そのほかにビットコインやビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシックなどが挙げられます。

中国の大手であるHuobiがSBIと提携スタートしたことで、今後はSBIにも上場するのではないかとの予想もされています。今後、さらなる期待が高まると予想されており、取引を検討しているのであれば早めに行動したほうが良さそうです。

購入のおすすめはザイフ!

ザイフ


様々な仮想通貨取引所がある中で、やはり買うならザイフが筆頭にあがると思います。注目が集まっている仮想通貨だけに、価格の急騰は今後十分に予想されます。また、カタパルト実装が行われれば、これまで以上の価格高騰となるでしょう。

以前、ビットフライヤーに上場するといった情報が拡散された際には、価格チャートが一気に跳ね上がっています。これほどまで強烈な上げ材料になることは、日本での人気を改めて感じさせられます。ネムは時価総額でも上位に入る仮想通貨です。

その一方で、今後次々に上場していく可能性が高い仮想通貨でもあります。ザイフであれば、初心者・経験者問わず、低リスクで資産運用ができます。

資産運用のために、仮想通貨は日本でも飛躍的に進化を遂げており、その分認知度も高まり、取引きを開始する人が増加傾向にあります。今後スタートしようと思っている方は、時価総額はもちろん、上場の可能性も視野に入れながら早めに比較・検討することをおすすめします。

トークン名 XEM
上場時期 2015年4月1日
上場価格 0.027円
発行上限 約90億
承認方法 Pol