イーサリアム
仮想通貨はインターネット上で決済と送金ができ、利便性の高さから日本国内でも普及しはじめています。

イーサリアムはビットコインと並んで世界中で使われている仮想通貨で、同じブロックチェーン技術でもビットコインよりも機能が拡張している点が特徴です。

仮想通貨を取り扱う取引所や販売所から購入が可能ですが、どこで取り扱われているのでしょうか?

イーサリアムを買うことができる取引所を比較します。






イーサリアムを取扱う取引所・販売所はどこ?

仮想通貨は1000以上あり、日本国内でも複数の仮想通貨はインターネットを通じて買うことが可能です。

日本国内でイーサリアム(ETH)を取り扱うところは増えていますが、どこで買うことができるのか、特徴と合わせておすすめの取引所をご紹介します。

ビットフライヤー

ビットフライヤー


2014年に開業したビットフライヤーは、大手企業が複数出資やテレビCMの放送などで日本国内でも知名度が高いです。

そのため、取引量やユーザー数はトップレベルを誇り、安心や安全性が認められています。EHTの取り扱いは販売所の類になりますが、ビットコイン建てで取引することが可能です。

ザイフ

ザイフ


ザイフは日本国内でも大きな規模を誇り、二段階認証を導入しているのでセキュリティが良いと評判です。

決まった金額で毎月仮想通貨を積み立てられる積立て投資にも対応しており、トレード初心者にも利用しやすいでしょう。

日本発祥の仮想通貨「モナコイン」をはじめとした5種類の銘柄、独自コインのトークンも買うことができます。

GMOコイン

GMOコイン
大手IT企業の「GMOインターネット」が運営しており、証券会社としての実績金融庁の認可を得ていることから信頼度の高い会社です。

こちらもETHは販売所の扱いになりますが、シンプルな形式なので初心者も使いやすいでしょう。

DMMビットコイン

DMMビットコイン
ビットコインではETHも現物取引ができ、他にも全7種類の銘柄に対応しています。5倍のレバレッジ取引ができ、パソコンとスマホ・タブレットから豊富なチャートを確認できるツールも提供されています。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXコインエクスチェンジ


もともとはシンガポールの会社ですが、日本にも拠点があり、公式ホームページは日本語に対応しているので安心して購入や取引が可能です。

海外企業なので仮想通貨だけではなく、10ヵ国の法定通貨も取り扱っています。レバレッジは最大25倍かけることができ、スマホからの取引にも対応しています。

この他にもミスターエクスチェンジ、ビットバンク(ビットコイン建て)、ビットトレード(ビットコイン建て)、ビットコインボックスでイーサリアムの購入が可能です。

最低取引単位の比較

仮想通貨は1ポイント=1円のような単純な価格設定ではなく、需要と供給に応じて価格が変動します。
少額からイーサリアムを買いたい方も多いと思うので、最低取引単位を確認しましょう。

【 ETH 取引所別最低取引単位】2018/02/05時点

ビットフライヤー 0.00000001 ETH
GMOコイン 0.01 ETH
DMMビットコイン 0.01ETH
コインエクスチェンジ 0.01ETH
ミスターエクスチェンジ 0.001ETH
ビットトレード 0.0001 ETH

このように、売っている場所によって最低取引単価は大きく異なります。平均で0.01ETHから取引対象になっていますが、ビットフライヤーの場合はより細かい単位から買うことが可能です。

慣れないうちに高額投資で始めると、損失が出た時に元金割れを起こす可能性があるので、初心者の場合は少額で買える場所を選ぶと安心でしょう。

ご紹介した最低取引単価はごく一部であり、随時変更になる可能性もあるので、公式ホームページで最新の情報を確認してください。

手数料の比較も大事

仮想通貨も株や証券と同じく、買う時や取引に手数料が発生し、それが売買に大きく影響する恐れがあります。

ごく少額な手数料であっても、イーサリアムの買う時や取引が頻繁に行われると、年間を通じてなかなかの金額となってしまうのです。

買う場所によって手数料が異なるので、手数料も比較しましょう。

  • ビットフライヤー(販売所)・・・無料
  • ザイフ・・・メイカー・無料、テイカー・0.1%
  • GMOコイン・・・現物売買・無料、仮想通貨FX・無料
  • DMMビットコイン・・・無料
  • コインエクスチェンジ・・・無料
  • ミスターエクスチェンジ・・・0.15%
  • ビットバンク・・・無料
  • ビットトレード・・・メイカー・0.20%、テイカー・0.25%
  • ビットコインボックス・・・0.2%

各所の手数料はこのようになっており、無料で買う事ができる場所もあれば、わずかに手数料がかかる場所もあります。現在は無料でも手数料が変更になることもあるので、最低取引単価と合わせて確認してください。

取引会社によってはキャンペーンで手数料が少ない、もしくは無料となっていることがありますが、その場合は変動の可能性が高いので注意しましょう。

なお、取引所では買う時以外に入金や出金などの手数料もあり、それも仮想通貨を買う時の影響することがあります。

仮想通貨を購入する前に各手数料の確認をして、自分に合った会社でイーサリアムや他の仮想通貨を買いましょう。

トークン名 ETH
上場時期 2015年8月7日
上場価格 306,900円
発行上限 未定
承認方法 PoW→PoS