円建てビットコイン建て
今は、仮想通貨の基軸通貨ビットコインが高騰を見せていますが、多くの方が円建てで取引を始めていることでしょう。

仮想通貨は、世界共通通貨なので日本だけでなく海外の取引所で投資するチャンスがあります。

では、円建てビットコイン建て、それぞれのアルトコイン売買を比較してみた時、どちらの方が成功しやすいのでしょうか?

今回は、自身に合った投資方法を見つけるための活用術について解説していきたいと思います。

「円建て」のメリット・デメリット

始めて仮想通貨で投資をする場合、国内の取引所で円表示による取引をスタートすることが多いのですが、これは最終的に「円を増やすこと」を目標に投資するからです。

円建ては、ビットコインを円に換算して取引を行います。ビットコインの価格を見る時は、円換算された金額を見ることになるでしょう。

では、メリット・デメリットについて紹介します。

メリット

  • 円(自国通貨)なのでシンプルでわかりやすい
  • 売買の判断が簡単で「円」投資中の感覚がつかみやすい

デメリット

  • 取引できる仮想通貨の種類が限定される
  • 国内取引所にある仮想通貨でのやり取りができない
  • ビットコインに換算してから円換算するのでアルトの値動きがわかりにくい

「ビットコイン建て」のメリット・デメリット

ビットコイン建ては、ビットコインが売買の基軸となりビットコインまたはアルトコインで取引を行うことです。

仮想通貨の取引を熟知している方や海外取引所をメインにしている方は、ビットコインで取引しているのではないでしょうか。

ビットコイン建ての目的は「ビットコインを増やすこと」です。

それでは、メリット・デメリットについて紹介していきます。

メリット

  • 世界中の投資市場を知ることができる
  • 海外取引所でしか扱っていない仮想通貨を購入することができる
  • コイン間のやりとりの際、円を換算する必要がなくアービトラージをシンプルに活用することができる
  • 円&ビットコインによるペア投資だけでなく、ドル&ビットコインまたは円&ドルの為替の差を利用することで投資幅が広げられる
  • 仮想通貨の価格相場がダイレクトに把握できる

デメリット

  • ビットコインで利益が出ても、対円相場で下落した場合は利益が減る
  • 円換算に慣れている人は取引の要領がつかみにくい

円建てとビットコイン建てを目的で使い分ける

円で取引するのかビットコインで取引するのか比較してみると、どちらの方が正解ということはありません。

人によって見方も違っていますし、ビットコインを持ち続けて将来的に上がるのを待つ人もいれば、法定通貨が基本となるので円にする人もいます。

大切なのは、片方だけを見るのではなくどちらにも目を向けることです。最初に軸を決めて投資し、もう片方の動きを観察しながら比較して進めていくのがおすすめです。

自分の資産残高の増減を測る時は「円建て」

円での通貨表示で生活している場合は、円価格の資産が増加することが重要になってきます。ビットコインでアルトが大幅にマイナスになると、日本円資産が激減してしまうのを避けるためです。

円表示での価格を見る時に注意することは、取引の際は当然円表示で見ていきますが、1日の終わりにビットコイン建ての価格をチェックしておくことです。

ビットコインの価格を確認しておくことで、動いた理由や状況を把握・分析、そして急激な動きがあった時にすぐに対応できるようにするためです。

ビットコインとアルトコインの価格変動は連動しています。ビットコインが暴落すれば、それと一緒に暴落するという傾向を頭に入れておきましょう。

ビットコイン以外のアルトに投資した時は「ビットコイン建て」

ビットコインは仮想投資の基軸と言われていますが、ビットコイン以外のアルトに投資した場合の動きを考える時は、やはりアルトへの投資でどれだけ利益を得られるかが重要になってきます。

基軸がビットコインである以上は、トレードの成否をビットコインで測るのが賢明であるという考え方です。

また、将来ビットコインで生計を立てていこうと考えている人は、最初からビットコインを集めていくことをおすすめします。

日本円がなくなることはありませんが、ビットコインは価値の保存に特化した通貨であることは間違いありません。

円建て価格がビットコインに左右される理由

アルトコインである円表示による価格は、ビットコインの価格に左右される傾向にあります。これは、アルトコインの価格がビットコインの価格を基に計算されているからです。

では、どうしてビットコインを基軸に考えられているのかというと、ビットコインによる取引量が最も多いからです。そのため、ビットコインが基軸通貨になっているということになります。

この基軸通貨とは、取引を行う際に使用される通貨のことで、国内・国外問わず送金をする際はビットコインで支払われる仕組みになっています。