仮想通貨として代表的なリップルビットコインは、利便性や資産的な価値から世界で普及が拡大しています。

始めて仮想通貨の購入を検討する時、おすすめの仮想通貨はどちらか悩む方もいらっしゃるでしょう。

各仮想通貨の特徴や将来性について比較してみました。

各仮想通貨の特徴

初めて登場した仮想通貨はコインビットで、仮想通貨の中でもトップの知名度を誇ります。

一方、リップルは後から登場しましたが、Googleが出資したことで知られており、次世代の注目株とされている仮想通貨です。

同じ仮想通貨でもそれぞれ特徴が異なるので、まずは各仮想通貨の特徴を比較して紹介します。

ビットコイン

ビットコイン
2009年から運用がスタートし、ブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術を利用し、取引データを管理している仮想通貨です。

銀行や政府といった管理を行う中央機関が存在しなくても、紙幣や通貨としての価値を持ち、決済やデジタル通貨として活用できます。

国家が発行している通貨ではないのでどこの国にも属さず、日本円やドルなど様々な国際通貨として使用することが可能です。

決済システムはオンラインをはじめ、現物でも使用できる店舗は日本でも拡大しており、手続きに手間がかかり手数料も高い海外送金を素早く、安い手数料で行える点も魅力でしょう。

ただ、取引には承認が必要であり、送金まで最短で10分かかりますが、状況によっては数日かかるので高速性が課題です。

リップル

リップル
正式に言うと仮想通貨ではなく、金融商品の送金システムとして開発されており、時間がかかる海外送金もわずか数十秒で送金可能です。

手持ちの通貨を送りたい国の通貨の代わりに「XRP」というブリッジ通貨に両替し、スムーズに送金するシステムとなっています。

同じ分散型台帳でもブロックチェーンではなく、「XRP Ledger」と呼ばれる独自の台帳を使用し、不特定多数ではなく選出された代表者により取引管理が行われているのです。

他の仮想通貨と違い、企業が発行と管理を行っているので、安定性の高さを評価されています。

各仮想通貨は決済手段か送金システムの違いがありますが、ビットコインもリップルも購入により保有することが可能であり、資産運用としても注目されています。

各仮想通貨にはどんな将来性がある?

仮想通貨は今後ますます世界に進出すると予想されていますが、リップルとビットコインはそれぞれどんな将来性があると予想されているのでしょうか?

各仮想通貨の将来性を比較してみました。

仮想通貨も現物の通貨と同じく価値は変動しており、送金中に価格の乱高下が心配されますが、リップルの場合はほとんど心配ないと考えます。

その理由は、送金を数秒までに高速化を現実化させたシステムなので、乱高下が生じても影響を受けるリスクは少ないと言えるでしょう。

価格は上がりにくいと予想されていましたが、2017年の年末に10倍近くも価格が高騰し、1XRPあたり250円になり、ますます世界からも注目されました。

今後も上昇すると予想される理由は、世界中でブリッジ通貨として使われば、資産価値がより高まるからです。

では、高騰と大暴落を繰り返すビットコインの将来性はどうなのかというと、安全資産としては今後も優位な立ち位置にいると考えられます。

ブロックチェーンは世界のネットワークに分散されており管理拠点が存在しないため、拠点が襲撃されて盗まれるリスクは少ないのです。

通貨と信用は深い関わりがあり、信用できる通貨は買われやすい性質から安定性に期待できます。

しかし、絶対に盗まれないという保証はないため、ウォレットや取引所はセキュリティを重視しないと信用を下げる要因につながるでしょう。

技術面でも常に進化の努力を続けており、現在は一部先進国の中で限られた人が保有していますが、今後は発展途上国でも使用でき、保有ユーザーが増加する可能性にも期待されています。

それぞれの将来性を比較してみましたが、どちらも注目株なのでユーザーの増加で資産価値が上がると予想され、どちらが良い、悪いということはないと言えるでしょう。

分散投資するメリットはある?

リップルとビットコインで悩むのなら、分散投資で運用する手段があります。

現在は1000種類以上の銘柄がある仮想通貨は全てのものに価値があるのではなく、中には価値が今後下がる銘柄もあり、分散投資にはリスクを軽減できるメリットがあるのです。

価値が大きな通貨の運用は大きな利益を得られると同時に、大きな損失のリスクを抱えることとなるので、仮想通貨を分散投資することで価格変動のリスクを最低限に抑えることができます。

各仮想通貨はどちらも将来性を期待されているので、両方の価格が上がれば1つの仮想通貨で運用するよりも、効率良く利益を確保できるチャンスにも恵まれやすいでしょう。

ここまでリップルとビットコインを比べてみましたが、それぞれ特徴があるので正確な優劣はなく、資産としての価値は安定して上昇する見込みがあります。

どちらを購入するか迷った時や安定した利益を出したいのであれば、リップルとビットコインの分散投資がおすすめなので検討してみましょう。