草コインは時価総額が非常に低い仮想通貨ですが、短期的に右肩上がりになる可能性があるとして注目されている投機対象です。

ここでは、今後ブレイクし価格高騰が見込めるかもしれない投資通貨の銘柄や取引所を紹介していきます。

注目の草コイン、2018年おすすめ銘柄は?

「仮想通貨元年」と言われるくらい2017年は仮想通貨が成長した年でした。2018年もこのまま急激な発展により仮想通貨を所有することが主流になってくるのではないかと言われています。

2017年末の仮想通貨時価総額は、ビットコインが圧倒的に飛び抜けていましたが、2018年に注目される草コインの銘柄は何なのでしょうか?

XP(eXperience Points)

eXperiencePoints
XPは、経験値を仮想通貨にしていくという独自のビジョンを持った銘柄です。

ゲームやSNS、教育などのアクションに報酬を裏付けていくというユースケースが想定されています。

XPを使ったアプリケーションはまだ開発途上でほとんどありませんが、今後の焦点としてどのくらい大手取引所に上場するか、PoSとburnの設計にどう機能を果たすかが期待されています。

技術的な新規性はないので、XPを導入したアプリがどれだけ増えていくかが重要になってくるでしょう。

BitZeny(ビットゼニー)

国産銘柄であるBitZenyの特徴は、マイニングが手軽でWindowsのPCがあれば誰でもBitZenyの特性を活かすことができるということです。

マイニング人口がどのくらい増えるか今後さらに期待されていますが、これによってコミュニティが強くなり大手取引所に上場する可能性が出てきます。

うまくいけば、一般的な通貨として使用されていくのではないか期待が高りつつあります。

ALIS(アリス)

ALIS
ALISは、日本のプロジェクトによってブロックチェーン上に展開されるSNSの一種を開発している銘柄です。

登録を行えば誰でもALISに記事を投稿することができます。

投稿記事は、読者がトークンで報酬を送る仕組みになっていて、トークンを大量に得た記事は訪問者からわかりやすい形で公開され高報酬の獲得者を見つけることで報酬がもらえるようになっています。

非常に画期的なサービスで、利用者も増えてきているのが現状です。

MANA(Decentraland)

Decentraland
MANAは、DecentralandというVRゲームの中で利用するためのトークンです。ゲームの世界に登場する電車や街などをMANAをお金のように利用して集めていきます。

トークンが最初に配布された当時は、2円前後でしたが一時期は13円程度まで上昇したこともあります。

Decentralandの開発がさらに進められれば、コミュニティが活発になったりメディアに取り上げられ、高騰が見込めるでしょう。

まだまだある!草コイン一覧

少額投資が狙い目の仮想通貨は、他にもたくさんあります。将来有望な仮想通貨を一覧の中から見つけてみましょう。

TRON(トロン)

TRON
TRONは、日本でもビットコインを利用しているユーザーから注目されているアルトコインです。
中国の仮想通貨取引所「BINANCE(バイナンス)」でICOが行われた際、30秒で完売したという人気ぶりです。

APPC(アップコインズ)

アップコインズ
APPCも、中国の仮想通貨取引所「Binance」で話題になっている仮想通貨です。
2018年1月には、高騰率が90%を超え、新規上場として注目されつつあります。

NEBL(ネブリオ)

2017年7月27日に公開されたNEBLは、Binanceでの上場後すぐに高騰した仮想通貨です。
2018年に入ってからは高騰率が50%超えとなり、その価値や特性に将来性が期待できると言われています。

EOS(イオス)

イオス
2017年にICOで公開されたEOSは、分散型アプリケーションを構築するためのプラットホームです。
将来的には企業間で取引されることを目的としています。トランザクションでは手数料が無料となっている点が魅力です。

QTUM(クアンタム)

Quantum
QTUMは、アリババグループ共同創業者であるXiaolai Li氏が保有していることで将来性に良い見通しが立っています。

草コイン取引におすすめの取引所

残念ながら日本では、まだ草コインを購入できる取引所があまり存在しません。ですから1ドルにも満たない無名の仮想通貨を買うためには、海外の取引所を活用することになります。

ここで、草コイン取引におすすめできる、管理人御用達の海外取引所を紹介します。

Binance(バイナンス)

バイナンス


日本人ユーザーも多いBinanceは、仮想通貨を最も手軽に購入できる仮想通貨取引所です。

銘柄の種類は、100種類以上にも及びその中から価格が安い仮想通貨を探すことも可能です。

BinanceオリジナルのBNBトークンを使用すれば、手数料が0.05%になるので国内取引所と比較してもかなり手数料が安くなります。

Kucoin(クーコイン)

クーコイン


中国の取引所として存在するクーコインは、Binanceと同様にオリジナルトークンで支払うことによって、手数料の割引が適用されるサービスを提供しています。

取り扱い通貨も、日本とは比べものにならないくらい豊富です。トークンを保有していることで配当がもらえるのも魅力です。

草コインは見極める力が必要となりますが、もし成功すれば「億り人」になるのも夢ではありません。
今後どの銘柄が上がるか、それぞれを比較して選んでみましょう。