リップルとネム
仮想通貨の中ではビットコインが最も取引量が多くなっていますが、しかし2018年2月2日現在で1BTC=約94万円と、かなり高額です。

「ビットコインは価格が高すぎて手が出せない…」という方には、アルトコインおすすめです。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨を指しています。

今回はその中でも話題を集めている「リップル」と「ネム」についてご紹介していきましょう。それぞれの特徴などを比較していきます。

各通貨、それぞれの特徴を知っておこう

まずはそれぞれの通貨の特徴を知っておきましょう。

リップル(XRP)

現在、世界中の金融機関が参加し始めている仮想通貨で、国際送金システムの時間短縮に役立つと言われています。

国際送金システムは日本でもまだ本格的に始動されているわけではありませんが、三井住友銀行では既に送金の検証実験を開始していたり、三菱東京UFJ銀行でも2018年からXRPを活用した海外送金がスタートする方針を打ち出しています。

そのため日本でも注目を集める仮想通貨です。また、海外では既に中央銀行とも提携・送金テストなどが実施されているほど、信用性の高い仮想通貨と言えます。

送金システムとして活用されるXRPなので、送金時間は約3秒と驚異的に早く、手数料も安いという特徴を持っています。

ネム(XEM)

ビットコインよりもコストが掛からないということから注目され始めた仮想通貨で、現在では日本の取引所の多くが取り扱う銘柄です。

こちらは同じく仮想通貨のイーサリアムと同じ技術を採用していて、独自のトークンを発行することもできます。

独自のトークンが発行できるということは、仮想通貨を使って企業は資金調達を行うこともできる「ICO」という方法が実施可能です。

韓国や中国では禁止されている方法ではあるものの、今のところ日本では規制される動きはないため、銘柄の価値も今後上がっていく可能性は十分にあります。

開発されたのは2015年と比較的新しい仮想通貨なのですが、ビットコインが持つブロックチェーン技術のデメリットを補うために開発されたものであり、現在仮想通貨時価総額ランキングではTOP10に入るほどの実力を持っています。

各仮想通貨の将来性について

特徴が分かったところで、それぞれの将来性について考えてみましょう。まず、リップルに関してですが、こちらは現在の価格が1XRP=約100円と仮想通貨の価格としては単価の安いものになっています。

上記でも述べたように銀行の送金実験が成功し、世界中で活用されるとなると大幅な値上がりが期待できる仮想通貨です。今でこそ価格自体は大きいものではありませんが、今後さらに上がる可能性は十分に考えられます。

すぐに何倍にも膨らむということはなくても、じっくりと数年単位で考えられる人はXRPを購入してみても良いでしょう。

一方、ネムの場合国内取引所の一つ、Zaifを運営しているテックビューロ社が開発したのですが、そんなテックビューロ社では現在機能をさらにアップデートさせる「カタパルト」というプロジェクトが進んでいます。

カタパルトが導入されることによって処理速度が早くなり、データ容量の影響で決済が遅くなってしまうという問題も解消されることが期待されています。

カタパルトの導入は具体的に決まっているわけではありませんが、ユーザーからは期待の声も上がってきているのです。さらに韓国の取引所ではXEMの上場を発表するなど、海外での動きも見られるためさらなる市場拡大が進む可能性もあると考えられます。

リップルとネム、どんな違いがある?

リップルとネムには大きな違いが、3点挙げられます。まず、開発用途・目的が異なるという点です。

XRPは現在の金融ネットワークの手数料や遅延といった様々な問題を解決するために開発されました。XEMの場合、ビットコインのブロックチェーン技術の欠点が改善された仮想通貨の開発が目的となっていました。

次に挙げられるのは、新規発行があるかないかという点です。

XRPの場合は1000億XRPが発行上限と決まっており、既に全て発行されているため新規で作られることはありません。XEMの場合、発行上限は決まっているものの、ブロックチェーンにブロックが追加されていくことでXEMが新規発行される形となっています。

そのため、新規発行されることになります。XEMの新規発行がない場合でも報酬はマイニングではなくハーベスティングで得られるので問題ありません。

3つ目に挙げられるのは、トランザクション処理のスピードが違うという点です。

トランザクションの処理は取引の承認速度を表しており、現在XRPは3~4秒程度とかなり早いスピードで処理されます。
XEMはそれよりも遅くなってしまいますが、今後カタパルトが導入されればXRPの倍以上処理能力が高くなると言われているのです。

このような違いがあることを知り、それぞれを比較してみましょう。

リップルとネム、それぞれに特徴や違いを持っていますが、手数料や処理速度、将来性などを比較してみるとどちらを選べばいいのか見えてくるはずです。
ぜひ今回の記事を参考に、どちらを購入するか選んでみてはいかがでしょうか。