2018年狙い目仮想通貨
近年、様々な形の投資方法が増えてきていますが、中でも注目を集めているのがビットコインなどの仮想通貨を使った投資方法です。

ニュースでも取り上げられることが多くなってきたため、注目しているという方も少なくないでしょう。

しかし、初めての方には少し分かりづらい部分もあり、「始めてみたいけどどれを購入していいのか分からない」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、国内の主要通貨となっているものの特徴将来性、さらに初心者の方が2018年に購入するならどれがいいのかなどを比較おすすめの通貨もご紹介していきましょう。

国内主要通貨銘柄リストをチェックしてみよう

国内では各取引所によって購入できる通貨の種類が異なります。しかし、主要な通貨に関してはどの取引所でも扱っていることが多く、購入しやすいという点が挙げられるでしょう。

また、購入しやすいということは利用者も多いため、高騰するチャンスがあることも考えられます。

まずはどんな銘柄があるのか、リストをチェックしてみましょう。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • リップル

ビットコインを筆頭に、アルトコインを含めた上記が国内の主要銘柄と言えるでしょう。

もちろん、この他にも多くのアルトコインが存在していますが、基本的にはこれらの仮想通貨はチェックしておくべきです。

各仮想通貨の特徴・将来性について

上記で紹介した仮想通貨の中でも、特に人気の高いビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・リップルについて、特徴将来性についてご紹介していきましょう。

ビットコイン

ビットコイン
まずは世界的に知られている通貨、ビットコインをご紹介します。仮想通貨についてあまり知らない方でも、ビットコインの名前なら聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか?

ビットコインはネット上で利用することができる通貨で、通貨単位は「BTC」となります。ビットコインにはブロックチェーン技術によって信頼性が高いことから世界規模の仮想通貨となっていきました。

普及率も他の仮想通貨に比べて圧倒的に高く、リアルでの支払いに関してもビットコイン決済ができるようになってきています。

使う場面が徐々に増えていけばその分需要も高まっていき、取引量も増えていきます。取引量が増えれば高騰も十分に考えられるため、初めての方も手が出しやすい通貨と言えるでしょう。

ビットコインキャッシュ

ビットコイン キャッシュ
ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂してできた新しい通貨です。ビットコインには取引量が増えたことで取引スピードが下がってしまったことなど、問題点も挙がっていました。

こうした問題を解消するためにビットコインマイナーの手で作られたのが、このビットコインキャッシュなのです。

ビットコインという名前が入っているため、同じものと勘違いされてしまうかもしれませんが、通貨自体は全くの別物なので気を付けましょう。

ビットコインキャッシュの将来性としては、マイニングを行っている人(マイナー)が中国に偏っているという問題点はありますが、徐々に他の国でもマイナーが増えていけば問題点も解消される可能性が高いので、ビットコイン同様に価格が上がっていくかもしれません。

イーサリアム

イーサリアム
イーサリアムは現在ビットコインに次ぐ時価総額となっている注目の通貨です。

なぜ、ビットコインに次ぐ時価総額を稼いでいるのかというと、イーサリアム最大の魅力とも言える「スマートコントラクト」という技術があるためです。

この技術は取引の際に交わされる契約を自動的に行なったり保存したりする機能が備わっています。

例えば保険の自動更新のような形で契約が実行され、ネット上に保存されていくのです。この契約内容は半永久的に保存されていきます。

このシステムはブロックチェーンに書き込まれていき、誰でも監査できる状態になっているため、偽造や改ざんが非常に難しく、信頼性の高いシステムとなっています。

現在、マイクロソフトJPモルガンなど、欧米の大手企業がイーサリアム連合に加盟しており、さらに国内企業でもトヨタ三菱東京UFJ銀行などが参加しています。

世界の大手企業も参加するイーサリアムは将来性のある通貨だと言えるでしょう。

リップル

リップル
リップルは現在、様々な種類があるアルトコインの中でもかなり注目度の高い通貨です。リップルはあくまでも会社名であり、実際に取引されている通貨は「XRP」となります。

こちらの最大の特徴は、世界各地の金融機関が抱える送金システムの課題を解消できるシステムであるということです。

基本的に海外の銀行へ送金するためには、様々な手続きを通さなくてはいけないため、かなり時間と手間がかかってしまいます。

しかし、中間地点としてXRPを配置することで、送金があっという間に完了できるようになります。

そのため、現在日本を含めて多くの金融機関がリップルに参加しており、国内でも国際送金における実験が行われています。

コイン上限が非常に多いため、ビットコインよりも価値がまだまだ低いですが、今後世界の金融機関で本格的に使われるようになれば需要が一気に上る可能性が高いでしょう。

2018年、初心者が最初に買うならどれ?

上記で紹介した通貨は、比較的どれも信用性が高いのですが、やはり初めての方であれば取引量の多いビットコイン、もしくはイーサリアムあたりから始めてみると良いでしょう。

仮想通貨取引に徐々に慣れてきたら、他の種類の通貨であったり、手数料の安い海外取引所を利用してみたりするという流れの方が安心です。

2018年も市場は大きく拡大していく可能性が高いです。ぜひ、投資の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?