BTCとBCH
世界中で利用が増えているビットコインですが、2017年8月にブロックサイズが限界に到達した問題などから規格の変更が問われました。

その規格変更の意見が分かれてしまったことでハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュが誕生したのです。

2018年はどちらを購入した方が良いのか、各仮想通貨の特徴将来性から比較してまとめたのでご紹介しましょう。

各通貨それぞれの特徴

ビットコイン(BTC)の普及により未処理のトランザクションが増加し、取引承認の遅れ手数料の高騰などの問題が表面化し、その問題解消を目的にハードフォークしてビットコインキャッシュ(BCH)は生まれました。

一つの仮想通貨が分岐したため、インターネット上で決済・送金ができる仮想通貨という違いや、基本的な特徴に大きな比較点はありません。

各通貨の違いをあげるとするなら、ブロック容量に違いがあることです。BTCのブロックサイズは1MBの制限があり、これが処理の遅れや手数料の高騰を発生させていた要因でした。

一方、BCHはブロックサイズの問題解消のため、上限を8MBに上昇させることで、取引データ量の増加に対応できるようになり、本来の手数料が安く安定した速度の送金ができる通貨の実現に至ったのです。

BTCにはセグウィットがありますが、BCHにはセグウィットがない点も異なる違いです。セグウィットとはブロックへ収納する取引データのサイズを圧縮することで、処理速度をアップさせる手法になります。

BTC側はブロックサイズの問題解消としてセグウィットを導入したことで、10分以上かかった取引時間が1秒以下となったため、実用性がさらに増しました。

BCHの場合は8MBと大容量なので、現在のところはセグウィットを導入する必要性がないと言えます。

各仮想通貨の将来性を比較

仮想通貨を生み出したサトシ・ナカモトを自称?のグレイグ・ライト氏によると、2018年はビットコインキャッシュに期待できる年と述べています。

さらにBTCウォレットの「bitcoin.com」共同創業者であるエミル・オルデンバーグ氏もビットコインからビットコインキャッシュに切り替えたことを発表しており、市場でもスケーラビリティに関する問題から移行傾向にあるのです。

ビットコイン自体は長期的に最も使われる仮想通貨として予想されており、時価総額、流動性、ユーザー層はトップを維持すると評価を受けています。

長期的に利用される見込みがあるため、持続の解決策としてブロックサイズ拡張は有効なのです。現状、ブロックサイズが固定されている状態が、ビットコインキャッシュの優位性につながっていると考えられます。

しかし、移行が増えれば将来的にブロックサイズが足りなくなる可能性もあるため、BCHでも長期的な持続は難しい意見もあります。

それでもBCHを支持する声は増えており、将来的には「本物のビットコイン」になるとも言われており、統合の希望も見えてくるかもしれません。

ただ、BCHを利用できる場所がまだ少ないため、シェア率は低いです。今後、使える場所は増えると予想されますが、実用性を考えるとBTCの方が有利になり、まだまだ需要は絶えないと言えるでしょう。

ビットコインとビットコインキャッシュを扱うおすすめ取引所

仮想通貨は仮想通貨取引所で購入できますが、各取引所で特徴や手数料は異なります。

ビットコインとビットコインキャッシュを購入したい場合、どこがおすすめの取引所なのかご紹介します。

ザイフ

ザイフ


ザイフは豊富な仮想通貨を取り扱っているので、いろいろな種類の仮想通貨に興味がある方に最適です。

ホリエモンこと堀江貴文氏が技術アドバイザーとして関わっており、大手企業との連携実績があり、信用性が高い取引所と言えます。

ザイフは取引をおこなうとボーナスがもらえ、手数料がお得になる点も特徴的です。手数料の安さや仮想通貨の積み立て投資が可能なので、初心者も安心してトレードを始められるでしょう。

運営会社 テックビューロ株式会社
代表取締役 朝山貴生
設立年月日 2014年6月16日
加入協会 日本仮想通貨事業者協会など
金融庁登録番号 近畿財務局長 第00002号

ビットフライヤー

ビットフライヤー


こちらも複数の仮想通貨を取り扱う取引所で、取引量は日本国内トップレベルを誇ります。

日本政府の認可が実施されており、出資している企業も日本を代表する大手企業ばかりで信用性が高く、多くのユーザーが購入・取引を行っているのです。

取引所選びに悩んだ際は候補に入れておくと良いかもしれません。仮想通貨をもらえるサービスも用意しているので、購入以外でも手に入れやすい点も魅力でしょう。

運営会社 株式会社bitFlyer
代表取締役 加納裕三
設立年月日 2014年1月9日
加入協会 日本仮想通貨事業者協会など
金融庁登録番号 関東財務局長 第00003号

ビットバンク

ビットバンク
BCT・BCHをはじめ、7種類の銘柄を取り扱っている取引所で、初心者から上級者向けのツールを豊富に提供しています。

二段階認証とSMS認証があるのでセキュリティ面にも配慮され、安心してトレード可能です。

レバレッジ取引ができ、さらに1万円から取引が行え、ロスカット制度も導入しているので投資金額以上の損失は発生しません。

取引所選びでは手数料の安さや取引量の数、セキュリティなど様々な観点から選びことが大切です。

ビットコインとビットコインキャッシュを取り扱う取引所は他にもあるので、それぞれの取引所の特徴やサービスなどを比較した上で、自分にあった取引所を選びましょう。

運営会社 ビットバンク株式会社
代表取締役 廣末紀之
設立年月日 2014年5月
加入協会 日本仮想通貨事業者協会など
金融庁登録番号 関東財務局長 第00004号